2010年01月15日

三国志大戦3の話 三十九戦目



バージョンアップしてから暫く経ったけど、全国に挑戦してみたよ。


結果、




×○×○××××××



ないわー。

6連敗とかないわー。これはないわー。
そりゃもう一品維持とかそういうレベルじゃないから。
一気に二品ゾーンの最下層までボッシュートですよ。

何故こんな事になったのか。
その答えは勿論ワタクシのスキル不足ってのが大前提ですが、やはりVer.UPの影響も少なからずござんして。
一番痛いのは何と言っても『低コスト武将の攻城力低下』これに尽きますな。
自分の攻め方はSR快進撃孫策で場を乱しつつ隙を突いてUC小喬等で壁を殴るってヤツでして。
以前はコスト1でも騎兵以外であれば壁でも結構ダメージを稼げたんスよ。もちろん歩兵でもね。
それがまー3.51Bになってから低コストの攻城力がとんでもねぇくらい下がりましてね。
1コスト武将の攻城なんて無視してもOKみたいな流れが出来てしまっとるんですわ。
そして相対的に高コスト武将での攻城が重要になってくると。2.5コスト以上の武将が城門攻撃なんてした日にゃあもう。
特に前のVer.と威力は変わっていないはずなのに、低コストの攻城力低下と比較しちゃうからとんでもねぇダメージに見えてしまうという。

そこで螺旋さんのデッキの復習。


SR快進撃孫策 R丁奉 R孫権 UC小喬 UC張昭


2.5コストが自爆計略&騎馬、2コストが弓。

誰で攻城しろと。


もうね、前と同じ動かし方でやってもラチがあかんのですよ。
序盤から中盤までになんとか揺さぶってUC小喬やR孫権で攻城を取ってもダメダメくん。
終盤、万全の状態で強化された2.5コスト槍兵とかがのしのしとこちらの城門に来る時の絶望感といったらもう。
今回特に手を焼いたのは漢軍の新R文醜。『憂国の大襲撃』ね。
国力を消費すれば士気5で武力+7・車輪・兵力3割回復とかもうね。
コッチが快進撃で追い返そうとしても車輪状態じゃあどうにもならんと。乱戦したってこっちが先にお陀仏だし。
そして高コスト&高武力の槍兵の攻城が城門に決まり、1発で逆転。こっち攻城回数5回、あっち1回。これはひどい。

要するに、新Ver.になってから三国志大戦は

【いかにして高コスト武将で相手の城門を叩くか】

というゲームになったって事スな。

そしてそういう流れになると、高コストを複数枚揃えたデッキが『基本的に』強くなってくると。
つまりデッキの枚数が減る。2.5コストを2枚揃えた4枚デッキとかが増えてくる訳ですな。実際そういうデッキに何度も当たったし。
そりゃ低コストで攻城しても微々たるダメージしか入らないんだもん、高コスト&高武力でのパワーゲームが流行りますわ。
そしてそういうデッキが増えてくると、今度は対策としてダメージ計略持ちが増えてくると。
武力の差に関わらず、知力判定のみでサクッと武将を撤退させる事が可能なダメ計。そりゃ赤壁だって流行りますわ。
だって入れないと相手の強化された高コスト武将に勝てないんだもん。ゴリ押しへの対抗手段ってヤツでね。


で、そういう風に理解した螺旋さんはデッキの一部をチェィィィンジ。
今まで入れている意味が柵と魅力以外全くと言っていいほど無かったR孫権を外し外し。
手腕? そんなん使う士気が有ったら遠弓麻痺矢に使うとるわ!(←号令デッキを使うのが苦手な人)
空いた1.5枠に僕らのハゲキャノンことC朱桓さんをお迎えしました。火計持ちの騎馬ktkr。
柵と魅力は減るけれど、高知力の騎馬は何かと使い勝手が良いと。
伏兵処理が出来るからSR孫策を早めに前線に送り出せるし、自身も武力4の騎馬で最低限のドンパチは出来るし。
何より騎馬で火計持ちってのが最高に偉い。ストライダー周瑜の魂が今ここに!
そして知力8の火計って結構威力有るのね。知力3まで確殺だって。これはかなりの武器ですよ。
今はR周瑜の赤壁の大火が目立ってるけど、C朱桓も使用率100位以内に入ってるのよね。ダメ計って大事。


そして新しいデッキで後日再度全国に挑戦。結果

×○○○○○△○×



ぅゎ火計マジ強ぃ。


正直こまでダメ計が重要になってくるとは思いもしませなんだ。
最初は超絶強化された敵武将をなんとかする為に『一応』入れておいたって感覚だったんスけどね。
これがまー戦術の中核になるとは。
脳筋武将を採用しているデッキと多く当たったって事もありますが、火計を撃つ前の駆け引きの時点で優位に立てるって素晴らしい。
こちらのライン上げがメチャ楽になるんスよね。撃つぞー、撃つぞーっていう火計の抑止力のみで。
C朱桓で相手の槍兵をおびき寄せつつR丁奉の後方射撃&SR孫策の突撃で確実に落としていく。あ、だからC朱桓は槍消しにもなるです。
勿論武力4だからそこまで無理はさせられませんがね。

ただ、朱桓さんマジ喧嘩っ早い。これはホンマに勘弁してくれませんかねぇ。
多分1試合に1回は必ず一騎打ち起こしてんじゃないかしら。絶対マスクデータ有るって。ダメ計持ち一騎打ち頻発の法則。

まあね、とりあえずはこの形でやっていきたいと思いますわ。正直このVer.じゃあダメ計がないとやっていけんと思うし。
しかし大尉までの道のりってのは果てしないもんですなぁ。










































武将紹介のコォ〜ナァ〜。




こうげつえいさん。

黄月英さん。

諸葛亮孔明の奥様として有名なこの方。
伝承ではあまり器量がよろしくなかったと伝わっております。気を使った表現。
ぶっちゃけ不細工だったと。だけどとても頭が良かったとも伝わっており、孔明さんはそこに惚れて結婚したんだとか。
「人間顔より中身やでー」という教訓にされたりする人でもありますな。
あ、月英ってのは後世の創作で付けられた名前です。本来は黄夫人ですな。

しかしそこは妄想が得意な我々歴史好き諸子は、色々と考えてしまう訳ですよ。ロマンが有る方に。
歴史書には『赤毛で色黒の娘』と表記されておりまして。イコール不細工だと。当時の中華の民からはそう見えたんでしょう。
だがしかし、我々の妄想力に限りはないぞ、と。

「赤毛で色黒って事は、中国大陸よりも西の方から来た渡来人なんじゃね? だったら美人でもいんじゃね?」

浪漫って大事よね、ロマン。
という訳で、今ではインド系の美人として描かれる事が多々御座います。このカードも西方のかほりが致します。
他にも発明マニアだったりと色々と創作が御座いますが、そこらへんを詳しく知りたい方はぐーぐる先生に聞くが吉。


で、カードのお話。
イラストは三国志大戦ではおなじみ、陸原一樹氏。「りくはらかずき」じゃなくて「くがわらかづき」ね。女性です。
氏のイラストでは初めてのSRカードになります。なんだか不思議。Rは結構描いておられるのにね。
そんな陸原さん入魂の逸品。情緒溢るる西域の美女と相成りまして御座候。
ていうかもう色々とスゴい事になってるし。テカりとか。グラビアポーズとか。褐色マニア大勝利。

新カード追加の際に登場した女性SR軍師枠の一人で、やはり前回のSR周姫と同様に兵種依存の攻略持ち。
『車輪閃攻』は範囲内に居る味方武将の武力を上げ、その武将が槍兵ならば更に武力が上がり車輪状態になるというシロモノ。
簡単に言えば車輪の号令が使えるという事。1回限りですが。    ……なんかむこうの方でUC法正が泣いてますが。
大戦1・2とプレイしてきた方には『車輪の大攻勢』の方が通じますかね。

槍兵独自のアクションである車輪状態になれる奥義ですが、正直性圧力はそこまで高くありません。
武力が上がるとは言っても、最大で+2。いくら車輪状態になっても号令がかかった相手の軍団に乱戦されたら押し負けちまいます。
どちらかといえば、この奥義で大事なのは『車輪状態になる』という事。
車輪状態になれば相手の騎馬の突撃を受けなくて済むんスね。槍にグサーッ! と刺さってしまうから。
なので、相手が騎馬兵メインのデッキだった場合はこの奥義をチョイスする価値は有るでしょう。
そして重要なのが、車輪閃攻だけでは簡単に押し返されてしまうという事。
この奥義は他の計略と合わせて使う事で、その威力を何倍にも増加させるんス。
一番簡単かつ強力なのが号令との合わせ技。
大徳なんかと一緒に使えば、武力+7の車輪軍団が完成。桃園なんかと一緒に使ったら武力+12の車輪……ヒィッ! 怖ッ!
この奥義を使う場合、戦略の一つにしっかりと組み込んで使う事が重要ですな。再起や連環みたく「とりあえずー」ではイカンという事です。

そしてもう一つの奥義、兵略は今話にも出た『再起興軍』
これはもう言わずもがなですな。迷ったらとりあえず再起安定。
自軍の他の再起持ち軍師カードと異なり、属性が人なので住み分けが出来ている点が良い感じスね。
いやまぁ、属性が揃わなくても再起はゲージの溜まりが速いのでなんとかなるっちゃあそうなんですが。
おさる顔のオッサンか、V系のイケメンか、インド系の美女か。好きなカードで再起したらいいじゃない。


posted by 螺旋 at 01:50| Comment(0) | 三国志大戦3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月29日

三国志大戦3の話 三十八戦目


一品になったら案の定シーソーゲーム。そうだね、これが実力だね。


やー、アタシの使ってるデッキは所謂『快進撃デッキ』なんですがね。
世間じゃあ快進撃デッキにはR周瑜と組ませるのが定石らしいんスね。
赤壁を警戒させてバラけた所を武力9の騎馬で各個撃破。
ここに1コスにSR小虎を入れてバラけたら春眠撃って乙ってな事も出来るみたいスけどね。

こちとら2コスはR丁奉じゃ! 1コスはUC張昭じゃ! 小虎なんて高レートは持っとりゃせんわ!

違うんスよ、アタシは赤壁を上手く使えないんスよ。どうにも撃つのに迷っちまってね。
そしてそれ以上に『遠弓麻痺矢戦法』が大好きなんスよ。射程も伸びて麻痺矢効果も有り。ぶっ壊れ計略ktkr!
使い方は本当にキーカード潰し。相手のキーカードを射程外からサーチして潰す! まさに気分はスナイパー!
そして逆サイドからSR孫策がオーバーラップ。素武力9の騎馬は偉大だって話ですよ。
相手が士気5以上の計略を使ってくれたら儲けもの。士気差は大事よね。
知力7の遠弓麻痺矢はかなりの長さ、突出したSR孫策を追ってくる敵武将にサーチを変えれば返り討ちが可能。
SR孫策の兵力が減っていればそのまま帰る事も出来るしね。

そしてこのデッキで2番目に重要な計略、それが防柵小再建。
なんとこワタクシのデッキ、柵が4枚有ります。麻痺矢でもねえのに。相手にしてみたらかなりのイライラ度数でしょう。
そして柵が4枚有るという事は、必ず1枚以上は柵を壊さなければ思った通りの攻め方が出来ないという事で。
そこで小再建ですよ。士気3で相手の出鼻を挫くステキ極まりねえ計略。
ステージによってはまさに鉄壁ともいえる守りを敷く事が出来ます。なんというカテナチオ。

要するに自分のデッキはドロ試合向きと。そういう訳ですな。
1.5コストに手腕を取っているのは柵と攻めの選択肢を増やす為。
快進撃と相性の良い英魂系の計略持ちだと、1.5の弓でC呂岱が居るんスけどね。
でも1コスにUC小喬を採用しているから、SR孫策を死なせない戦術がメインになるもんでね。ここは手腕で。


勿論相性が悪いデッキも有りますえ。
騎馬単なんか苦手も苦手、天敵ですわ。そりゃまあ呉単だからそうなるのも仕方ないんスけどね。
こっち槍が1枚しかないっちゅうねん。しかも武力2。おじいちゃんがんばって!


まぁまぁ、まだまだデッキの練度が足りんちゅう事ですな。
今回は自分自身の見直しも含め、基本的な事を書いてみました。書いてて分かる事も有る、と。勉強ベンキョウ。


あ、ちなみに龍玉キャンペーンは今のところ取りこぼし無しで来ております。陳到兵は最高ネ! コンプまで4戦という点も含めて!
だが董卓兵、テメーはダメだ。コンプまで20戦という点を含めて。
集める玉が多い董白兵の方が18戦と少なかったんだぞ! どういう事だお爺様!





そして24日に真逆のVer.Up。クリスマスにSEGAからの修正プレゼント!

ほぼ下方修正だけどな!!

そらもう吃驚する程の下方修正の嵐。
システム面でも結構な変化が。コスト1〜1.5武将の攻城力低下ってのが非常に戦略の変化をもたらしそうスね。
それこそ1コス騎馬の端攻城での釣りとかガン無視してもOKになるんじゃなかろうか。そりゃゼロではないけどさ。
騎兵の乱戦能力低下も結構響きそうスね。ローテでの守りよりも城内突撃をメインにすべきって事ですね、分かります。

計略面で個人的に気になる修正は防柵小再建の下方修正スかね。
防柵の強度が4で復活するらしいス。黄色い状態ですな。
まあ今までが士気3の計略としては破格だった訳ですが、やっぱり結構響くですな。この修正は。
アタシのデッキはUC張昭が重要な位置にいるしなぁ。1コス槍のチョイス……むむむ、難しい。
まあでもデッキ的には修正入ったのはこれくらいかね。危惧してた快進撃もスルーみたいだし。
何より遠弓麻痺矢に修正が入らなかったのがデカい。ウチのデッキのエースなんですよ、R丁奉は! 快進撃は囮さ!










































武将紹介のコォ〜ナァ〜。








しゅうきさん。

周姫さん。

新カード追加で軍師となって帰ってきた美周郎の娘。
各国に女性軍師が追加になった訳ですな。その枠での登場。
武将カードでは既に出ておりますが、1コス&キーカードではないので選択し易いスね。
どんな人物かはうぃき先生に聞いて頂ければ。というか正直そんな逸話残って無いっちゅうねん。
SEGAお得意の歴史書ひっくり返したら丁度良い女性のが居たから出した、反省はしていない方式で。
一応孫権の息子、孫登の妻なので皇太子妃殿下という重要な地位な人なんスけどね。
ここらへんを調べていくと物凄い鬱な気分になるぞ! いいか、絶対に『二宮の変』で検索するなよ! 絶対だぞ!


能力は軍師カードという事で、奥義の紹介をば。
兵略は基本的な『再起興軍』 ただし属性が他の呉の再起持ちの軍師と異なり地属性なので、住み分けが出来ている点に注意。
もう一方は新軍師に導入された攻略というカテゴリで『徒弓撃攻』というシロモノ。
これは大戦2からのプレイヤーなら懐かしく感じるもので、効果発動時に範囲内に居る弓兵が徒弓状態になるというもの。
厳密には範囲内にいなくても武力は+1されるし、弓兵じゃなくても武力は上がるんだけどね。弓兵なら更にドンという事で。

これを上手く使えば、大戦2後期でブイブイいわせてた徒弓の大号令と同じ運用が出来る訳ですよ。
まあ今回のはそこまで効果時間が長い訳ではないのでそこまで強力ではないんスけどね。
しかしながら、動きながら弓を撃てるというのはかなりのアドバンテージ。
爆発力は無いものの、ラインを上げる際にはかなり有用な奥義で有る事は間違いないでしょう。
勿論相手が攻めてきた際には逃げながら撃つ事も出来ると。工夫次第で可能性はいくらでも広がりますな。

誰もが考え付く浪漫な組み合わせは麻痺矢の大号令とのコンボ。
騎馬単が相手でも逃げながら撃つ事が出来て、しかも逃げる敵を追いかけつつ撃つ事も可能。これは素晴らしい事ですよ。
弓中心だと相手武将を逃がしてしまう事が多いけど、その穴を上手く埋める運用が出来れば強いスね。
……しかし新Verになり麻痺矢号令の速度低下率が弱体化。どうしてこうなった!

ちなみに台詞が可愛らしいので、女性武将を愛でたい人にも大人気。
特に再起使用時の台詞「私、がんばっちゃいます!」にK.O.される人多数。可愛いは正義。
攻略の台詞は兵書有りだと「私の全てを授けます!」になり紳士達に大人気。エロスは正義。


イラストについてはシルエットにすると頭に付いている両方の飾りが某ネズミの国のあのキャラクターの耳に見えてエフンエフン

posted by 螺旋 at 01:28| Comment(0) | 三国志大戦3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月27日

三国志大戦3の話 三十七戦目




なんか一品になりました。             ええっ!?(自分の言葉に驚愕)






いやぁ、なんかこの日は物凄い調子が良くてさぁ。全国6戦で5勝1分けだったスよ。ひゃー、珍しい事も有るもんだ。
何より運が良かったね。いやホント。
昇格戦では城ゲージの差が0.3%での勝利だったもんね。いやもう、運が良いとかそういうレベルじゃないね。有り難い有り難い。
ちなみにデッキは SR快進撃孫策 R丁奉 R孫権 UC張昭 UC小喬 の手腕快進撃。
時代のトレンドは2コスに赤壁を入れる形らしいスけどね、自分は赤壁使うの上手くないんでね。
というかR丁奉が好きなもんでね、やっぱ遠弓麻痺矢戦法はガチですよ。ガチ。

そんじゃ以下にチョイチョイと戦績、その他一言をば。


【1戦目】SR全突馬超 R高順 UCホウ徳 UC成公英 軍師C陳宮・再起 ○80.6<>72.9×
VS全突デッキ。高コストで纏めたタイプですな。槍入りってのが地味に厄介であります。
いやー、全軍突撃よりも人馬一体の方がきつかった。こっちは低武力の槍1枚スからね、どうしてもね。
遠弓麻痺矢で封じる事は出来るんスけど、そうなるとフリーになる馬超と高順がキチーキチー。
一番役に立った計略は防柵小再建。やはり柵は偉大だな!

【2戦目】SR求心曹操 R司馬師 Rホウ徳 C郭皇后 UC丁夫人 軍師C陳グン・再起 ○100.0<>61.5×
VS求心デッキ。しかもダブル反計タイプ。苦手だわー。
相手さんは号令からの攻めが基本だけど、こっちが号令で対抗しようとすると反計される可能性が大なのよね。
だから範囲外から快進撃を使おうとしても、弱体化が有るから撤退までの時間がすぐに来ちまう。C郭皇后はガチ。
なもんでここでも遠弓麻痺矢大活躍。キーカード潰しにはうってつけなんスよね。相手に槍が1枚のみってのも助かりましたわ。
ちなみにSR孫策とC郭皇后で一騎打ちが発生した時、無双を2回と激を2回出したにも関わらず引き分けになりました。これがリアル勇猛……!

【3戦目】SR蛮勇孫策 R周瑜 R孫権 UC黄蓋 UC張紘 軍師C張昭・転進再起 ○70.6<>70.3×
VS手腕赤壁デッキ。これが例の昇格戦で御座います。1.5コストにUC黄蓋を採る手腕ってのも久々に当たりましたわ。
そしたらその黄蓋さんに揺さぶられる事火の如し。決死の攻城を2回も決められてアワアワ。一人でのしのし歩いてくる黄蓋さんマジ恐怖。
あと赤壁も怖いねー。快進撃先打ちで突っ込んでもいいんだけど、軍師が諸葛瑾だった場合はそれだけで終了のお知らせだからね。
とりあえず決死の攻城×2と快進撃発動中のSR孫策の城門攻城×2で0.3差で辛くも勝利。この時は思わず天を仰いだね。リアルラックに感謝。

【4戦目】R孫策 R周瑜 C朱治 C潘璋 C太史享 軍師C魯粛・再起 ○100.0<>0.0×
VS雄飛赤壁デッキ。いやむしろ断金デッキと呼ぶべきスかね。ロマンですよ、ロマン。
まぁこれはデッキ相性でさぁね。ワントップ型には遠弓麻痺矢がベストマッチ。
相手さんのコンセプトが雄飛→孫呉の祈りでガン攻めだったもんで、そこも快進撃と相性が良かったと。
雄飛孫策を城門にセットしちゃったら突撃し放題だもんね。武力が高くても突撃ボーナスが有るって素敵。

【5戦目】SR蛮勇孫策 SR小虎 R周瑜 R丁奉 UC張紘 軍師SR周姫・再起 ○100.0<>76.8×
VS蛮勇赤壁デッキ。又孫呉ですよ! しかもR丁奉入りとか、分かっているじゃあないか!
蓋を開ければ案の定遠弓麻痺矢合戦。シューティングゲームだったっけか、コレ。
こちらはSR小虎が居るので快進撃は簡単に打てず、相手さんはUC小喬が居るので春眠が打てず。ならスナイプ合戦になるのも仕方なしですな。
結局上手い事隙を縫ってR孫権とSR孫策の壁が合計3発入って勝利。UC小喬は倒される訳にはいかんかったもんでね。

【6戦目】SR曹皇后 R文醜 R貂蝉 UC王子服 UCカイ越 軍師R蔡文姫・再起 △100.0<>100.0△
VS漢単デッキ。どうしろと。
R貂蝉の誘惑が有る時点で快進撃は使えないという事でパニックパニック。もー、メンタル弱過ぎ。
メインの計略を遠弓麻痺矢に切り替えたはいいけど、どうにも動揺が収まらず。
結局UCカイ越の決起の弱体化を5回使われて大慌て。あれ強いのな! 国力2の状態だと武力−5。
士気5で英傑号令を相殺ですよ。範囲広いし。侮ってたわー。国力MAXだと武力−7。おお、恐ろしい……!
全員スッポリだったのに何故引き分けに出来たのかは謎です。うーん、勉強不足。


結局ここで集中力が切れたので全国は切り上げ。いやぁ、対人戦は神経使うぜオイ。
まだまだこのデッキの運用も練度が足らず。このまま使い続けていかなあきませんな。
手腕をメインに使って攻めるか、遠弓麻痺矢か、快進撃か。的確な判断が出来る様になるまで、精進精進ですな。

あ、結局この後2回英傑やって龍玉第二弾の兵士は取得出来ました。真逆の朱治兵。羊コ・朱治と続くとは……おのれSEGA、そっちの路線か!
5個の龍玉を集めるのに今回は全部で8戦。おいおい、これはどうした事だい。前回がウソの様に早いじゃないか。
なんというか、バランスってヤツですかねぇ。となると、次回の3個集めで地獄を見……いやいやいや。フラグを立てる必要性などナッシング。












































武将紹介のコォ〜ナァ〜。




りくそんさん。

陸遜さん。

孫呉の大都督りっくんが青年期の『りっさん』になって帰ってきた! ナイスヒゲ! ナイスダンディ!
詳しい人物説明はぐーぐる先生に聞いてみた方が早いスね。かなりのHIT数が見込めるでしょう。
簡単にこの人物を表すキーワードを言うと『名家・上司に恵まれない・放火魔』です。とりあえず燃やす。流石です。

ゲームでの能力は

コスト2 騎馬 武力6 知力8 伏兵 大軍 士気6『英魂の大号令』

というもの。同じ2コストでSR陸遜っつう号令持ちカードが有りますが、あっちは弓兵。こっちは騎馬兵。特技が2個も有るって素晴らしい。
スペックも号令持ちとしては及第点でしょう。武力も6有るし、大軍が有るおかげで同じ武力とぶつかっても勝てるし。
なにより騎馬って所が偉いよね。騎馬で号令持ち。大事よね。

その計略、号令はクセのない使いやすい物……だったら良かったんスけどねぇ。
そこはSEGA、孫呉にそうそうノーマルな計略をくれる事はござんせん。
『英魂の大号令』は新計略の英魂系の号令版。簡単に言えば『撤退している呉の武将のコストが高い程武力上昇値が高くなる号令』って事で。
つまり誰も撤退していなければ全く仕事をしてくれないと。そういう訳ですな。
武力上昇の計算式は『撤退している呉の武将の最高コスト×2+2』というもの。
1コストが撤退していれば1×2+2で4。1.5コストなら1.5×2+2で5。最高で3コスト撤退の場合は3×2+2で8。士気6で+8の号令です。
数字の上では強いんスけどね、要するに『誰かが撤退していないと十分な効果が得られない』という事です。
そして何人撤退していても、計算の対象となるのは撤退している『最高コスト』のみ。2コストと1コストが1枚ずつ撤退していても、対象になるのは2コストのみ。
なので賢い運用法としては『2コスト以上の武将のみを的確に撤退させ、残りの武将に万全の状態で号令がかかる』という動かし方。
そういう点でも自爆計略持ちとの相性が非常によろしい訳で。自分のタイミングで撤退させる事が出来るってのは非常に強い武器になりますな。
その使い方で現在流行っているのが、SR孫堅の『我が屍を越えよ』と組み合わせるデッキ。
士気を11使うけれど、屍からの英魂の大号令で武力上昇値はオドロキの+17。桃園? ナニソレ?
中途半端な超絶強化ならば轢き潰す事も可能。単純な力押しながら、非常に強力なデッキとなっております。
ただまぁ、弱点も有ります。士気を11使う、2.5コストが落ちている等々。
最低限の被害でスルーされると、その後のカウンターが怖い怖い。ここは考えて使わないといけませんな。
勿論号令を使わない時でも抑止力としての強さが有ります。
「ここでこの2コス武将を士気を使って倒すと、カウンターで武力+6の号令軍団が殺到しまっせー」みたいな。
そういった虚実を戦術の中に組み込めると、グッと世界が広がるかと思います。

しかしまぁ、癖の強いカードだという事は確か。
こういうカードをどういうデッキに組み込むかという点でその人の個性が出ますなぁ。
デッキを考えている時間も又楽し。クセの強いカード、貴方も如何?







posted by 螺旋 at 02:14| Comment(0) | 三国志大戦3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月14日

三国志大戦3の話 三十六戦目


龍玉コンプまで26戦かかった件について。



そいつぁ、そいつぁねぇぜSEGAさんよォ……!
今月はまだあと2回キャンペーンが残っているというに、こりゃああんまりじゃあござんせんか!

……まあジョースター卿の教え風に言えば

「逆に考えるんだ 『26戦で済んじゃった』 と考えるんだ」

になる訳ですが。相変わらず意味がわかりません、先代。


でもまあ無事になんとか新しい兵士モデルは入手できまして。今回は羊コモデルですな。
漢字が表示出来ない文字なんで『コ』はカタカナで失礼。だから大体ヨーコって書かれるのね。
むしろヨーコちゃんと呼ぶ人が多いというか、イラストがどう考えてもカワイイ系というか、こんな可愛い子が女の子の訳ないだろうというか。

気になる人は『陸抗 羊コ』で検索するといいと思うよ。
間違っても名前の間に『×』を入れるなよ! 『陸抗×羊コ』で検索するなよ!



そうそう、久々に全国に挑戦したんスけどね。
メイン武将の快進撃孫策の動きが反映されないなーと思ってたらスリーブの裏が垢やら汚れやらでキチャない状態でした。
そのお陰でウチの快進撃さんが制御不能な動きをかましてくれやがりました。
「槍には吸い寄せられるもの」テーレッテー
みんなも定期的なメンテは欠かさずにいこうな! 螺旋さんとの約束だ!












































武将紹介のコォ〜ナァ〜。



だいこさん。

大虎さん。

孫呉の初代皇帝、孫権の娘の一人。
三国志の中で『悪女』と言えばこの人というくらいの苛烈な人物。
大虎は字で姓名は『孫魯班』となります。だから『孫魯班 大虎』という表記が正しいスかね。
何で悪女なのかというと、そこらへんの詳しい事は『二宮の変』とかでぐーぐる先生に聞いてみるとよろしおす。
簡単に書けば

「自分の息子を孫権の後継者にしようと色々な人を傷付け、葬ってきた。実の妹さえも」

という感じですかね。
結果としてこのゴタゴタが原因で孫呉という国が滅亡へと向かいました。お家騒動ってのはどこの世界もツラいもんスね。

イラストは漫画家の日本橋ヨヲコ氏。
氏のブログによればSEGAからの注文が「少女ファイトの練っぽいデザイン(狂犬Ver)で」だったらしく、実に練っぽいイラストに仕上がっております。
チャイナ服ですね、チャイナ服。あと眼力(めぢから)がパネェ。


ゲームでの能力は舞い計略持ちで1コスト騎馬という最低限な仕事は出来る能力。

1コスト 騎馬 騎兵 武力1 知力4 魅・乱 『封印の舞い』士気12

まぁまぁ、高いとは言えないパラメータですが1コス騎兵なので伏兵処理や端攻め可能なのが良い感じスね。
しかし一番の見どころは計略でしょう。
士気12消費計略の復活に伴い、大戦1でロマンの極みと言われた『封印の舞い』の復活!
大戦1でこの計略を持っていたのはSR大喬でしたが、兵種が弓兵だったんスね。
それが今回は同スペックで騎兵になって復活と。強化と言えば強化……か?

その名の通り、計略の内容は

「舞っている最中、相手が一切計略を使えなくなる」

というもの。常に封印状態になる訳ですな。
注意しておきたいのは、使用が禁じられるだけで士気自体が減る訳ではないという事。
つまり舞いを途中で潰されても、その間相手の士気は見えないまま溜まり続けているっちゅうこってすな。

3.5稼働初期は発動まで溜め時間が7cもかかるという実にアレな性能だったので非常にツラい立場だったんスけど、
3.51になり溜め時間が1cにまで短縮。計略ボタン押されてから号令使用余裕でした的な残念な結果にはならずに済み申した。

ぶっちゃけロマンなカードですが、1コス騎馬の魅力持ちという事で最低限の仕事は可能なカード。
絵師が好きだから使うって人も居るんじゃないかな。



僕とか。


posted by 螺旋 at 00:52| Comment(0) | 三国志大戦3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月08日

三国志大戦3の話 三十五戦目


二品は地獄じゃけえのぅ……!!





斬新な出で始まりましたが、チョイチョイ全国に挑戦しております。
つっても本当にチョイチョイですがね。週一で4〜5戦くらいですが。
12日からまたもや龍玉キャンペーンが始まるってんで、ちょいとセーブしとるっちゅうのもありますが。

じゃ、この前の戦績をば。全5戦ですな。



【1戦目】SR甘寧 SR小虎 R周瑜 R呉国太 C祖茂  ×95.0<>95.6○
VS呉単粘り赤壁とでもいいますか。
序盤にC太史享で壁を一発殴ってからR丁奉の後方射撃有りでSR孫策でゴリゴリ攻めてたんスけど
相手のR呉国太の守城弓戦法が地味にツラく。こっちは弓が1枚だから制圧力がどうにも。
赤壁を誘って太史享の再起の擁護者を狙ってみるも決め手にはならず。
そんなこんなでラスト3cで攻められている状況、右端攻めに来た祖茂を太史享でカバーしにGO。
武力差は有れど、兵力はこっちが6割、相手3割。このまま突撃からの乱戦で時間切れ余裕だろハハハ

ジャキーン 『一騎打ち』
△×××△
「僕も強くなりたい」

ワーワー
「みんなー! 力を貸してくれー!」
パリーン

『敗北』

( ゚д゚)



……人生、だな。



【2戦目】SRトウ艾 R桃園劉備 C羅憲 C郭准 C劉曄  ○100.0<>0.0×
VS魏蜀桃園反計デッキ。……なんというロマンデッキ。
とりあえず伏兵が3枚いるだけでウチのデッキは前に出れんとです。一番頭が良いのが2コスの弓兵ってどうよ。
序盤は柵3枚の陰に隠れてR丁奉の射撃で削る削る。二色相手だから待った方が得策だものね。
士気が6溜まったらC太史享とUC小喬を両端攻め。機動力が低い相手には揺さぶりが肝要。
で、案の定両端にいたC羅憲とC劉曄を踏んで一旦退却。まだ相手にはSRトウ艾がいるから攻められないn

「全てはこの時の為に!」

( ゚д゚)

おおおおお、おちけつ! いやおちつけ!
真逆開幕から即桃園を撃ってくるとは……しかもまだ相手のSRトウ艾踏んで無いんだけど……
あれ? ていうかこれ桃園の範囲に全員入ってね?

……

青ボタンポチッ。
「軍師の神髄、お見せしましょう! 奥義!」
シャキーン
『諸刃劣陣』
武力0のR劉備に突撃ィィィ!!

という訳で運良く相手が全部隊撤退してくれたので久々の落城勝利でござんした。
いやまぁ、快進撃使って城門に飛び込んできた劉備に吶喊しても良かったんだけどね。士気は温存しときたかったもんで。
相手のSRトウ艾がもうちょっと早く出てたら勝負は分からんかったなぁ。



【3戦目】SR快進撃孫策 R周瑜 UC張昭 UC小喬 UC文欽  ○92.6<>92.1×
真逆の快進撃かぶり。相手さんは赤壁だけど。
兎に角この試合は赤壁を撃たれまくった試合。相手さん1試合で赤壁3回撃っとるし。
こっちが快進撃使ってる時にウチのUC小喬をピン焼きされた時は「やるな、ブライト!」とか思っちゃったよモウ!
まあその時の為に太史享がいるんですが。相手からしたらウゼーことこの上ねーデッキだろうな、アタシのデッキ。
この試合もお互い壁を1発ずつ殴ってギリ勝利。相手さんはUC小喬の一発、当方は快進撃中のSR孫策の1発。
ふぃー、コストと武力の差でなんとかもぎ取った勝利ですわ。 
あ、相手快進撃に対しての切り札『城門前諸刃』はコンマ2ミリでスルーされました。クソッ、何て時代だ!



【4戦目】Rホウ統 UC荀攸 UC関平 UC周倉 C牛金 C郭皇后 C姜維(大戦2Ver)  ○88.2<>69.7×
VS魏蜀大水計ワラ。3.5xxで初めて当たったさ、大水計と。あとワラデッキにも。
注意するのは大水系と、何よりも連環。快進撃はダメ系よりも妨害系の方が怖いのよ。
開幕はワラの鉄則で両端布陣でガン攻めモード。ここは丁寧に突撃と乱戦ローテで凌ぐ事に成功。
柵は1枚だけ持っていかれるも、R丁奉の地味ながら重要な弓のおかげでカウンターに成功。SR孫策で壁2発、C董襲で壁1発奪取。
その後の仕切り直しで相手さんはセオリー通りワラワラ迫りつつ後方からUC荀攸がロックオン。
こっちはR丁奉を除き全員が知力5……即死は無い! GO! という考えの元張り付いてきた相手さんのワラワラ部隊に全員出城!
「運が無かったですね」ザパーン
死亡者0イケる! 相手の士気は2! つまり俺のターン! 快進撃発動!
その後は城に張り付いていた槍部隊を蹴散らしつつ残りの相手部隊も殲滅、カウンター……に行こうと思ったけどこっちが買ってるので無理はせず。
城内に戻り残りの面子の兵力を回復しつつ機を待つ。孫策は相手の壁を1発殴って撤退。良い仕事した!
終盤の攻防も同じく大水計を喰らってからの快進撃でブイブイ。部隊数の差でちょっと殴られちゃうのは仕方ないね。アタシの腕も無いし。
結局この試合で使用した計略は快進撃3回と遠弓麻痺矢戦法が1回でした。まさにワラ殺し。
そのSR孫策の撃破数が12。どんだけやねん、と。そんで被迎撃数が0回。相手4枚槍いるのにこれは快挙でしょう!
……まあ突撃数も5回なんですが。いやー、低武力相手には乱戦でも十分意味が有るね、快進撃。



【5戦目】LE曹操 UC夏侯惇 UC曹仁 UC楽進 C劉曄  ×57.1<>95.6○
VS魏騎馬単求心。

\(^o^)/

ただでさえ苦手な騎馬単相手に雲散&看破入り。しかも伏兵2枚。正直自分のスキルではお手上げであります。
後でじっくり考えれば雲散や看破から離れた場所で快進撃を発動すれば結果は違った物になっていたかもしれないスけど、後の祭りですわ。
何より神速戦法に掻き回されたスよ。士気4の計略では遠弓麻痺矢も強いとは思うけれど、万能性で言ったら神速戦法が一番かと。
一品との入れ替え戦ってのも緊張しちまったスね。いやいや、やはりまだまだメンタルが弱い。精進有るのみですわ。





5戦して3勝2敗と勝ち越しはしたものの、一品昇格戦まではあと2回の勝ち星が必要。このまま確実に一歩ずつ近付きたいものです。
デッキの面子もC太史享を1コスの槍にしようだとか、C董襲を号令のR孫権にしようだとか色々考えてはいるんスけどねぇ。
もうちょっとこのデッキでやってみますわ。で、壁に当たったらそん時に考えると。ワーオ、柔軟な発想(逆に頑固です)

一先ずは次の龍玉ですな。また牛狩りの仕事が始まるお……!












































武将紹介のコォ〜ナァ〜。




見比べてみよう。

曹操さん。

新カードにて再度登場、魏国の祖がコスト3かつ新しい号令を引っさげて帰ってきた! どこかで見たポーズで!

参考資料

ちなみにカードの裏に書いてある武将のセリフはこちら。

「天下を我が手に!曹孟徳に不可能などない!!」

(ノ∀`)アチャー


そんな曹操さんについては今さら語るのも野暮というもので。
ここは早速ゲーム中での能力等について書いていきましょか。

コスト3 天属性 騎馬 武力8 知力10 魅力 大軍 『英知の大号令』士気6消費 

求心がコスト2.5に下がったと思ったら新カードでリバウンドしたでござるの巻。
正直コスト3で武力8は残念ではあります。特技も魅力と大軍の2つのみ。大軍は武力1相当とはいえ、コスト比で少々重いのは否めません。
まあ良い方に考えれば開幕から知力10かつ武力8(大軍付き)を暴れさせる事が出来るというのが嬉しいスね。
相手の伏兵を3枚一気に踏んで帰ってきても兵力が8割残ってたとかザラです。知力10と大軍の威力ですな。
無理をさせ過ぎて撤退させてしまうと一気にピンチになってしまうのは要注意。

で、このカードの一番の話題は計略そのものであります。
3.5から導入された、知力によって武力の増加数値が変動する『英知』系の計略。その号令版でございやす。
簡単に言えば「知力が高ければ高いほど武力上昇値が高くなる」というもので、稼働前に情報が出た時は壊れだ壊れだと騒がれたもんです。
そんでいざ蓋を開けてみたら『武力上昇には上限が有る』というオチ。ズコー!

そんな訳で、3.51現在の『英知の大号令』の仕様は

・範囲内の個々の部隊の知力−4だけ武力上昇(最大で+8・最低で+2) ※wikiを参考

というもの。
要するに、号令の最大限に活躍させたければ知力が12必要(12−4=8)という事。
つまりコンボ専用と言っても過言ではない号令なんスね。
計略コンボを考えないならば、素の知力が9の武将に号令をかけてようやっと+5。そんなん求心使っとけや、と。
そして武力上昇の上限が+8と決められている以上、コンボで知力が13以上になっても超過分の意味が無いんスね。
なので、この号令を軸にデッキを組むとしたら

・知力上昇系の計略又は奥義が必須
・素の知力がコンボ使用後に12を超える数値の武将が必要

この2つを念頭に置く事が絶対条件でありましょう。
そして、最初のにに挙げた知力上昇のコンボを決めるには以下の武将カードが必要です。




俺の嫁。

辛憲英さん。

僕らの辛憲ゼミが返ってきた! 以前のカメラ目線から教科書(教科書?)目線になって!
そして黒髪ロングとミニ+黒ニーソ=絶対領域と眼鏡(最重要)はそのままで! 更に女教師っぽくなって! YATTA!!

人物紹介についてはぐーぐる先生に聞いて頂戴。結構重要な位置に居る人物なんスよね。
頭が良い、というか人間観察に長けた才女だった様です。鍾会のクーデターも予見していたと。
これだけでごはんおかわりいけます!(個人的趣向)

カードの能力は

コスト1 天属性 弓 武力1 知力8 防柵 魅力 『賢女の教え』士気4消費

コスト1弓兵の計略要員としては悪くない能力ではないかと。
大戦2時代では特技が魅力のみだったスけど、今回は柵を持ってきてくれたので使い勝手が良くなり申した。
柵を入れ難い魏単デッキで柵持ち弓兵という独自性が有るので、結構活躍場所は有るかも。
というか眼鏡のおねーさんなんだから皆もっと使えと(ry

そして所持している計略が前述の『英知の大号令』とのコンボになる『賢女の教え』であります。
士気4消費で範囲内の武将の知力を+5するというシロモノ。約7c持ちます。
知力を上げるだけなので使い方に工夫は必要ですが、上手く使えばかなりの効果を発揮するんスよ。
知力を上げてから相手の伏兵を踏むとか、逆にこちらの伏兵の知力を上げて伏兵ダメージを増加させるとか。
単純に相手のダメ計や妨害への防御として使っても良いスね。知力+5はそれだけの価値が有ると。

そして『英知の大号令』とのコンボであります。
知力+5という事は、号令時に最も効果を発揮する知力12に到達する為には素の知力が7以上の武将を選ぶ事が重要。
例えば素の知力が4のアタッカー等に知力+5の効果が及んだとしても、合計は知力9。武力上昇は+5。求心で(ry


この計略コンボを使用するには、士気が10必要。これは正直かなりの数値です。
こちらの面子は知力が7以上の武将を選ばないといけない訳ですから、武力は低めになってしまうんスね。
そこに来てコスト3で武力8の曹操様。これは総武力が大変残念な事に。開幕をどう凌ぐかが鍵ですな。


総武力が低い、消費士気が多い、デッキに入れる武将に知力7以上という制限がかかる、超絶強化相手では太刀打ちできない。
この様に弱点も多いデッキです。
問題点を克服するには

・知力7以上で武力がそこそこ有る武将えを選ぶ
・伏兵を多く入れて開幕に攻め込まれ難くする
・雲散や反計を入れて、相手の超絶強化への対抗策を作る

等々、よく考えてデッキを構成する必要が有りますな。
勿論このデッキにも強みは有ります。
まずは『英知の大号令』自体の効果時間が長い事。
3.5になり他の号令の効果時間が軒並み短くされた中、この号令の効果時間は9c。
そして『賢女の教え』からのコンボという事で、号令を撃つ曹操自身の知力も上昇=計略効果時間も上昇。実に11c。
元々高知力で組むのが前提なデッキな上に知力ブーストもかかっている状況なので、ダメ計・妨害も怖くない。

これらの特徴を良く掴んだ上で運用すると良い感じに戦えるかも。
号令同士のガチのぶつかり合いになった時には、こちらはわざと引き気味に戦うとかね。
効果時間の差を上手く活かせば活路は見い出せるでしょう。

もう1つは、士気MAXから発動した場合の残りの士気2の存在。
士気2で発動出来る計略というのは限られてきますが、魏には『看破』というそれはそれは素敵な計略が有るじゃあござんせんか。
しかも看破持ちの2枚、C劉曄とC郭准はどちらも知力7。これはもう使えと言わんばかりのものでしょう。
C劉曄は1コス騎馬にして伏兵持ち、C郭准は魏では珍しい1.5コストの槍兵。武力も5有るから号令効果中は武力13。なんという肉食系看破持ち。
勿論士気2に拘らなくても、賢女の教えから少し待って士気9の状態で号令を撃てば士気3が残る訳です。
となると、看破のみでなく反計や雲散もチョイス可能。なんという完璧な布陣。

デッキを組む場合は3コストと1コストが決定しとるんで、残りの4コスをどうするかが問題ですな。
5枚デッキなら2・1・1か1.5・1.5・1の組み合わせですかね。2コスを入れれば武力的に安定しますかね。SRトウ艾とかがナイスですかねぇ。
4枚にすれば武力面では安定するだろうけど、号令の破壊力は減るねぇ。3・2・2・1の形、もしくは3・3・1・1の形と。
……魏で知力7以上の3コスなんて1枚しかあらへんがな。

猛者になると6枚デッキを扱う方もおられるとか。曹操と辛憲英以外全員女性武将で。魅力分が有るとはいえ、流石ですなぁ!
何にせよ、使用率は微妙な所というのも事実。やっぱりコンボ前提、かつ総武力の低さという点が使われない理由ですかね。
しかし浪漫は有る。そこの浪漫を求める紳士の貴方、どうですかい?

posted by 螺旋 at 02:04| Comment(0) | 三国志大戦3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月19日

三国志大戦3の話 三十四戦目



よーし、3.51にバージョンアップして少し経ったからパパ全国に挑戦しちゃうぞー



とか言ってたら9月18日付で3.51Aって! 何だよAって! エースか! アテンションか!
3.51は10日で終了か……いやぁ、なんというか。まぁ、修正されるの少なかったもんね。
細かい情報はこれから色々と出揃ってくると思うんで、wikiとかでチェックですな。
つってもまぁ、既に出揃った感はありますがね。3.51までで猛威を振るった計略が↓、残念だった計略が↑みたいな。
しかし螺旋さんが使うSR孫策・快進撃は3.51の時点で修正されたんでね。

そう、その快進撃よ。実際使ってみたさ。
そしたらまー確かに武力の低下速度が早くなってましてな。敵を倒さなきゃ約5cで撤退ですわ。
以前みたいに手軽に使える計略ではなくなっていたのは事実。
しかし使い勝手自体はそんなに変わっていないかなぁというのが実際使ってみた感想ですかね。
元々攻めに使う計略ではないし、使う時は大体敵を1枚は落とせる時に使うし。突撃ボーナスで6割持っていけるのは強いよね。
兵力回復も上限超えの100%から80%に減ったけど、正直8割回復してくれるだけでも問題無しさ。100%がやり過ぎっだったっつーね。


んでまぁ、全国ね。やりましたよ。というか大戦自体3週間ぶりのプレイでしたよ。
そんな中で、戦績は3勝2敗。勝ち越した奇跡に乾杯。内訳は××○○○だったんスけどね。2連敗した後は一旦冷却せんとアカンよね。
その負けた試合での相手さんのデッキは決起号令と蜀単臥龍。うーん、強かった。
最初に当たった決起はまあUC張任ですわな。やっぱつえーつえー。麻痺矢3回は基本ですよねー。
しかし一番戸惑ったのがC心配入りだった事。憂国の水計ですわ。まさに予想外。
国力1の状態で撃たれたんだけど、これが結構な威力でして。覚醒前の知力5のSR孫策は結構すぐ流れるというね。仕方ないね。
結局快進撃を撃とうにも決起麻痺矢が怖くてなかなか打てず、完封されて負け。
しかも後でデータを見てみたら相手さん軍師登録してしてなかったし。嗚呼、なんという軍師田中の笑顔! いやはや、参りました。

次に当たったのが最近話題になってる臥龍デッキ。蜀単って事で、R馬超に臥龍をかけての運用って所スな。
相手さんのデッキは上記の騎馬2枚にR関銀屏・C張ギョク・Rホウ統。   ハハハ、無理。
とりあえず快進撃使おうにも城門にC張ギョクが張り付いて大車輪の練兵。突撃しないと強くない快進撃ではキツイのね。
そんで快進撃にとって一番厄介なのが、Rホウ統。連環ですな。士気6交換で効果時間の殆どを動けずに終わる孫策さん。その後即死。キチー。
R丁奉の遠弓で頑張ってみたりC董襲の防護で頑張ってみたりしたけど、臥龍の効果時間の長さに攻めきれず。
壁に一発貰って敗北です。うー、臥龍2度がけの馬って強いなぁ。


その後は運にも恵まれて3連勝出来ましたわ。いやもーホント、相性だよねこのゲーム。
最初に当たったのはC穆皇后と白銀馬超入りの蜀単。この試合で相手の馬超さんに12回突撃を食らうというね。しかも撃破数が7。怖!
相手さんは穆皇后で舞って真っ白にしてから暴れるのがメインの戦術だったんだろうけど(C張ギョクも入ってたし)、こっちにはスナイパーのR丁奉がいるんスよね。
まあ舞った瞬間に遠弓で狙撃ですわ。まあ士気5コスト1を士気4で落とせるってんで、良い感じですな。
ただまー相手にはUC王桃とR馬謖がおりましてですね、こっちの騎馬がグングン呼ばれるという。最初はそれでピンチになったりもしたけど、まあ刺さって撤退しなけりゃ快進撃でなんとか。
でもこの試合は中盤で起きたSR孫策とSR馬超の一騎打ちでこっちが勝手なけりゃ負けてた試合でしたわ。
素武力9同士の一騎打ちでしたが、△△○△△でギリギリセーフ。ちなみに自分の大戦ライフの中で数える程しか出してません、全無双。
いやー、震えたね。相手さんも無双4個に激1個て。これはナイスバウト。
結果はSR孫策が城門1発もぎ取って、こちらは殴られずに勝利。いやぁ、燃えた。

2戦目は飛翔呂布入りの堕落デッキ。虚誘入りの伝統の形ですな。
相手さんに槍がいなかったもんだから快進撃撃ち放題じゃんイヤッホーとか思ってたら飛将降臨で突撃する相手がいなくなったでござるの巻。
効果発動中の呂布の速い事速い事。こっちは槍が1枚しかいないからアカンのよね。武力30超えの化け物が襲ってくる恐怖。そりゃ逃げますわ。
ただ逆を言えば飛将降臨が発動すれば残りの戦場にいる武将は全員撤退しちまうんで、守り易くはなるんスよね。城内潜って乱戦して、時間稼ぎ。
結局こちらは効果的に快進撃を使用出来て、城は殴られずに勝利。

3戦目、赤壁入り孫武デッキ。真逆の呉単対決。
実はアタシのデッキってダメ計相手だとキツいんスよね。R丁奉だけ知力7、それ以外全員知力5だし。赤壁でコンガリコースなのよ。
相手さんは最初陸遜の溜めをやってきたけど、その時こっちには柵が3枚残ってたのよね。
まあ効果時間の長い号令とはいえ、こんだけ柵が残ってたらスルーも可能ですわ。遠弓で溜めた所を狙撃しても良かったんスけどね。
途中の攻防で柵が無くなってから一発R太史慈に城門殴られちゃったけど、今回はUC小喬とC太史享の両端攻めが実にナイスに決まり申した。
相手は槍弓編成だから機動力が無いじゃない。そこで1コス2枚の役目ですよ。小喬の攻城回数3回とか仕事し過ぎだろう常識的に以下略。
赤壁は撃たれたけど軍師陸遜の再起を採用してたんで無問題。
途中で快進撃で自城防衛した後瀕死のりっくんをノリノリで追撃したら諸刃劣陣にホイホウ引っかかってエターナルフォースブリザード。孫策は死ぬ。まあ兵力2割だったしね。仕方ないね。
ラストの攻防で相手さんが纏まって攻めてきたから快進撃を先撃ちしてR周瑜に突っ込んでみたりもしました。やっぱ知力9の180%相手にピン赤壁は使いたくないよね。
そんでまぁ群れの中に突っ込んで乱戦上等な事を。乱戦より突撃とは言われても、武力20超と乱戦すればモリモリ溶けていくのね。
その際迎撃ザクザク喰らったけど気にしない。データ見るとこと試合でSR孫策の被迎撃回数が4回だったけど気にしない。快進撃使いとはそういうものである(駄目ですよ)


いやまあね、久々に体験した全国はドッキドキドン一年生状態でしたわ。いつになっても慣れねぇなぁ。
今後も入れ込まない程度にやっていこうかなと。デッキパーツを色々と考えながらね。



そうそう、噂の龍玉キャンペーンも参加してきたという話ですよ。
前回の牛金兵続き、今回は陸遜兵。勿論取ってきましたよ。ドラゴンボール集めるのに全部で12プレイかな。まあ、悪くない方じゃないかしら。
このりっくん兵士、もう呆れる程に再現率がハンパねー。武将のりっくんの3Dモデルより元イラストに近いんじゃねえかな。
これは取得しておいて損はないですぞ。今回は連休の最期、来週の水曜までキャンペーン期間中らしいんで今からでも遅くはないさ。レッツ・チャレンジ!










































武将紹介のコォ〜ナァ〜。




おういさん。

王異さん。

追加新カードの1枚で、螺旋さん初の新SR軍師。今回の追加でそれぞれの国に女性SR軍師が追加されたスね。
漢は既にR蔡文姫が登場したんで今回のSR軍師枠は沮授でしたが。しかしまさかの男の娘。世界初じゃないの、女声の沮授。
イラストは実にインパクト大な構図。雪降ってる所でなんというヘソ出しルック。 ルックて!(あまりの古さにセルフツッコミ)
しかもミニスカです。寒くないんですか王異さん。息真っ白になってますよ。しかしその意気や良し!

人物についてはぐーぐる先生に聞けば詳しく教えてくれるですよ。それだけ有名な人なんでね。
三国志大戦では結構な枚数がカードになってますな。まあ魏でも西涼でも出せるし、何より女性カード枠って需要高いもんね。

今回登場した『攻略』という新しいシステムを引っさげて登場。
これはまあ、指定範囲内部で更に追加効果が有る兵法みたいな。基本陣略ですけどね。
発動まで溜め時間が必要スけど、効果は特殊な物が多々。新機軸ですな。
所持している『速軍侵攻』は範囲外の味方の武力が+1され、範囲内では更に速度上昇の効果が出るというもの。
他の軍師が持っている攻略はボタンを押してから発動するまでの溜め時間がチョイチョイ有るんですが、これは溜め時間がほぼ無しという規格外。
多分0.5cくらいじゃねえかなぁ。本当にすぐ発動ですよ。

そんで奥義ゲージの貯まりも早く、効果時間も20c超と長ーーーい。
速度上昇の倍率も1.5倍、槍兵が迎撃をとられない速度ですな。あれ、弓兵も走射しなければ刺さらないんだっけか?
まあアレですね、効果時間の長さと速度上昇のマイルドさを上手く使ってデッキを組みたいスね。
やっぱ基本は騎馬中心なんだろうけど、槍兵中心でも有りかもね。高速移動の槍は予想以上に厄介よ。
ただまあ、所属国が群雄という所で考えると相性が良いのは全突が人馬号令なんですかね。
王異と馬超を組ませるってのも何やらモヤモヤしますが。歴史的な意味で。

兵略はお馴染みの『転進再起』
これは群雄では初ですな。こっちは機動力が低いデッキで活躍するですね。騎馬中心だとあまりオイシくないスかね。
ただ群雄は高コストに騎馬が多いから、あまり活躍はしないかもなぁ。
使い道は無理攻め後のカバーや相手に士気を使わせてのカウンター目的ですかね。
まぁ、基本は攻略ですかね。上手く使えば強力な武器。フーム。

posted by 螺旋 at 01:13| Comment(0) | 三国志大戦3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月29日

三国志大戦3の話 三十三戦目





勝ったーーーーーーー! 勝ったぞーーーーーーーーーーー!




等と某地黄八幡の如く始まりましたが。


まあ簡潔に言えば、二品に昇格致しました。どう見てもSR快進撃パワーです、本当にありがとうございました

やっとこさですよ。昇格戦4回目だっつーの。
しかも今回の昇格戦の相手さんは勝率7割の御方。こっちは5割ギリやっちゅうねん! ビビるわぁ!

デッキはこちらが快進撃デッキ、相手さんはR咆哮魏延入りの大徳。
大徳が2のカードだったのが印象的でしたな。R徐庶・R関銀屏・C廖化という組み合わせ。騎馬3枚とか大徳だと珍しいスね。

しかしまーこれは相性の勝利といいますか。
相手さんには速度上昇系が無いし、こっちは遠弓麻痺矢有るし。
何より槍が低武力2枚しかいないから快進撃が最大活用出来るのがデカい。
ハマると怖いR魏延の『寡兵の咆哮』も、相手兵力がミリ状態で使った所で快進撃中の孫策でドーン! すれば大丈夫だし。
一騎打ち? そんなん知らん知らーん。

落雷も兵力ガッツリ回復&知力上昇のおかげで怖く無し。
相手さんの戦略としては咆哮→若き血ですかね。あとは大徳での押し込みスかね。

でもこっちには相手の槍にぶっ刺さってから計略発動・超威力で駆逐するKY快進撃がおりまして。
そして虎視眈眈とスナイプする仕事人、R丁奉がおりまする。ウチのデッキのエースは快進撃ではなくR丁奉です。間違いなく。
超絶の陰に隠れつつ的確に射抜いていく丁奉さんマジ仕事人。

実際にこの試合で撃った計略は快進撃2回と遠弓麻痺矢3回。そんだけ。
もう小華とか意味ねーなー。物凄い勢いで端攻めするアブレッシヴな武力2の歩兵ですわ。柵と魅力は偉大。

兎に角、昇格戦では城を殴られずに凌げました。まあ弓が1枚有るだけで結構頼もしいもんです。やはり各個撃破は大事よね。



そして2戦目に当たった大喝&城内水計デッキにフルボッコにされるという。しかもSR卑弥呼入り。こやつめハハハ。
初めてSR賈南風に当たったけど、城内水計マジ怖い。再起→即城内水計で全てが無駄に。こりゃレートが高い理由も分かるわ。
快進撃を撃ったら大喝で止められて逃亡、夏侯惇が居ない時に快進撃撃ったら卑弥呼で雲散。しかも武力低下し過ぎワロス。

結局動揺がモロにプレイに出て誤爆するわオズマるわで城ゲージ残り8.2%という有様。落城しなかった自分を褒めてあげたい!



なんかもう次Ver.のロケテも始まってるとかでさ。
快進撃にも修正が入ると。wikiによればね。
確か初同時の武力上昇値が+10→+12になって、敵を倒した時の武力上昇値が+3から+4になると。
その代わりに武力が減少するスピードが速くなる。ウワサだと回復する兵力も減るとか。
うーむ、これは要するに今よりもピーキーになるという事ですかね。今までみたいに乱戦上等で使うと痛い目に合いそうですな。








































武将紹介のコォ〜ナァ〜。






とうきじんさん。


董貴人さん。

3.5で初登場の完全新規カード。献帝の嫁さんの一人。
父親の董承が曹操暗殺計画を練っていたがそれがバレてしまい、結局董貴人共々三族皆殺しに。
悲劇の人。


スペックは 漢 コスト1 騎馬 武力2 知力6 魅力 『亡国の舞い』士気4消費

コスト1の計略要員としては十分なスペック。武力が2有る為に相手の武力1に競り勝てるし、知力も6なので伏兵掘りもOK。
漢軍の1コス騎馬軍団は武力要員と計略要員が粒揃いですが、その中でも優秀な1枚。

何が優秀って、計略が優秀。
『亡国の舞い』はその名の通り舞い計略で、踊っている間は味方の武力が国力×2だけ上昇する計略。
そんで6c毎に国力が1ずつ減っていき、最終的には国力が0になると。当然その場合は武力上昇は無いっちゅう事ですな。
しかし国力が3の状態で使えば、士気4で戦場全体の味方武将の武力が+6。舞い効果だから雲散もされないと。
そう考えるとピンで使うには決め手にはなり難いけど、他の国力上昇系の決起計略と組み合わせれば非常にいやらしい事に。

国力3で踊る→6c経って国力1減る→決起計略を使い国力3に戻る

これをループ出来るというのが非常に面白い。
国力3状態で決起計略を使うと国力が0に戻っちまう仕様になりましたが、↑の場合だと常に国力2〜3をキープ出来るという。
そりゃ国力3での決起計略の爆発力は目を見張るものが有りますが、この場合は国力2の効果+舞い効果で6cの間武力+6。これはキチー。

そして更に重要なのが、この計略の効果は勢力に依存しないという事。
つまり漢軍以外の武将カードにも効果が有るという事。
最近では董貴人ワラデッキとかが流行っているよ様子。決起計略持ちを1〜2枚入れて、その他を武力が高めの群雄勢力等で固めると。
高武力依存のこの御時世にワラは厳しいかとも思いましたが、やはり物量は偉大だという事ですな。
ていうかゴリとか国力3で舞ったらコスト1なのに武力11だよ……おそろしい、おそろしい。

無論弱点も御座います。
国力依存の計略の為、決起計略持ち武将が落とされると十分に機能しなくなるという点。
舞い計略なので、ぶつかり合う時はコスト7でぶつかり合わないといけない点。

しかし現状ではそれらの弱点が気にならない程の強さなのも確か。
そりゃ簡単に言えば、タイミングは限られるとはいえ6cの間士気4で武力+6だもんねえ。
しかも落とされてたからといってデメリットにならない点にも注目。踊ってる間中は国力を消費し続ける訳ですが、落とされた時点でそれが止まる訳で。
必死になって国力2くらいで董貴人を落としても、それまでに使用した士気や兵力がその後のカウンターに響く事も多々。

結局このカードを相手にした時は、如何に躍らせる環境を作らせないかに尽きるんスかね。
むしろ『踊っても意味が無い環境を作る』ですか。国力を貯めさせない様にね。相手の決起計略持ちを優先的に落とすとか。
しかしまあ、それが難しいから今現在流行っている訳で。
いやはや、今やっているロケテでも修正は入っていない様で、今後もテンプレデッキとして輝いていくんでしょうかね。
ネックになるのはレートの高さのみと。完全新規カードだから旧カード使えないしね。それだけが救いでしょうか。



posted by 螺旋 at 01:43| Comment(0) | 三国志大戦3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月11日

三国志大戦3の話 三十二戦目


なんだかんだ言うて3.5になってから既に50プレイ以上している自分の阿呆ゥ!

……でもそんな自分が可愛い。ええ、自分大好き螺旋さんです。


そんなワタクシですが、ボチボチ全国も初めております。
デッキは

SR快進撃孫策 R丁奉 UC小喬 C董襲 C太史享 軍師R陸遜・R諸葛瑾

でやっております。3.5で初めて引いたSRが快進撃だったって事も有りで。
これがまー強い強い。超絶強化の天下のこの時代、兵力回復までついてくる小覇王の快進撃の強さといったらもう。
前Ver.でひーこらいいながら3品まで上がったってのに、今はもう2品昇格戦だもの。

まあ昇格戦自体は3回失敗しているんですがね!

なんか昇格戦になった時にだけ勝率8割でイヤに総合戦績が少ない人と当たんねやもん。
SEGAの中の人、堪忍してやぁ。ウチそんなに腕無いっちゅうねん。

しかしこうまで勝利出来ているのはどう考えても快進撃のおかげ。
強カードだと言われている所以を実感しましたわ。
相手の号令に対してブッ込んでも良し、超絶相手は後出しで兵力回復させてからで良し。
なにより守りでの快進撃の強さがマジパネェ。城内突撃で相手の城門部隊に一発突撃したらそのまま乱戦すれば無問題。
適度に速度上昇が有るから逃げ帰る部隊も纏めてゴチ。いやー、これはもうカードパワーだわー。

但しまあ、快進撃対策は結構有るんで絶対的な壊れカードってんじゃないんスけどね。
雲散と反計入りの魏単とかキツいのよね。機略とかも結構ツラい。反計入りの機略とかね。螺旋さんハンドスキル無いからさぁ。


まあデッキパーツをちょいと変えれば動かし方も変わってくるんでしょうけどね。
例えば1コス枠にはUC小喬が居るんだから復活計略持ちのC太史享は無いんちゃうかと。
でも江東の小華が有るから呉の鉄板1コスUC張紘さんはそれこそ浄化で計略かぶってるし。伏兵はオイシイんだけどね。
ただ今の状況だと低武力の槍は武力依存度が高めだから扱いが難しいし。あ、僕にはね。
あと騎馬は2枚有った方が戦場をかく乱出来るからね。知力5だから伏兵処理も出来るし。高機動は素晴らしい。復活計略も保険として十分に機能するし。

1.5コス枠は多分一番コロコロ変わるだろう場所。
アタシは相手の超絶対策&ムリヤリ攻城の為にディフェンスに定評のある董襲さんをチョイスしております。柵もあるでよ。
以前は朱桓さんで火計安定だったけど、ダメージ下がっちゃったしねぇ。
まあ、ここは今後色々と変わっていくと思います。最初は新カードのUC宋憲さんを入れてたけど、ちと計略が使い難かったのが残念。
自分が転進しちゃうからねぇ。舞いデッキとかでの方が活躍できるんじゃないかしら。
召喚系だとC賈華とかも良いかもね。士気増加率が増えた今回はすぐに溢れちゃうし。ディフェンス目的なら良スペックのC賀斉も有りかな。

で、2コス枠ですが。
多分今一番流行っている快進撃デッキが、この枠にR周瑜を入れる形でしょう。赤壁快進撃なんて言葉が出来るくらいだもの。
そりゃこんだけ超絶が流行っているこんな世の中じゃ ポイズン。  いや反町じゃなくて。毒でもなくて。
なんか噂によると赤壁の大火だけ与ダメージが下がってないらしいし。やっぱ範囲ダメ計は便利よねって話。ちょっと短くなったけど。

しかしここで螺旋さんがチョイスしたのは大将軍ことR丁奉さん。張勲じゃあないぞう。
今回は超絶が強いって事でワントップ型のデッキが多いと予想。
そこで士気4という軽さとタイマンだと頼りになり過ぎるという点から遠弓麻痺矢戦法を持った彼に白羽の矢が立った訳です。
今回地味ーに遠弓計略の射的が伸びてるのよね。直線上だと自城門から相手城門まで届きますぜ、弓。
だから舞いデッキとかだと踊った瞬間スナイプ出来て非常にナイスなんスね。弓サーチ万歳。


まあそんな訳で、2コスにR丁奉をチョイスすると1.5コスには有る程度の武力が有って超絶対策が必要なカードって事で董襲さんなんスね。
ダメージソースは快進撃が有るから、城門をカッチリガード出来る董襲さんで。槍だから乱戦上等、迎撃出来れば御の字ってヤツで。

でもぶっちゃけこのデッキのキーカードってR丁奉さんなのよね。
反計されない距離で出せるし、もし反計されたとしても士気4計略だからそんなに痛くないし。
雲散もそんなに怖く無し。遠距離狙撃だもんね。されたとしても以下略。
まあこのデッキだと快進撃以外の全部の計略が士気4なのよね。その点でも安心。いや安心って訳でもないけど。
でも今現在1度きりの反計・雲散が流行ってますからね、相手にしてみたらそんなにホイホイと使いたくはないでしょう。
出来る事ならば快進撃に使いたい。しかし後方から遠距離スナイプ。これはウザい。
そんでSR孫策はキッチリと素武力で連続突撃。丁寧な操作が求められますな。

なんだかんだ言うても、快進撃って使い所が難しい計略なのよね。ぶっぱしても効果薄。
自城を守る時とか、マウントの時とか。要するにキッチリと突撃を入れる事が出来る状況じゃないとあんまり意味がない。
まあ発動直後は兵力回復+超武力によって乱戦でもOKですがね。しかし武力はモリモリ減っていきますからね、乱戦のみではジリ貧ですわ。
武力が15を下回ったあたりからはキッチリと突撃を当てないと勿体無いスわ。突撃ボーナスは減らない訳だし。

戦場中盤でぶつかり合った時もキッチリと突撃を入れないと結構すぐに武力が下がって撤退しちゃうから要注意。
乱戦ローテで凌がれる事も多々ですし。

だから快進撃を相手にした場合は『如何に突撃されない状況を作るか』が重要だと思うスよ。
それこそワンスルーとかね。城門のみを乱戦ローテで守れば結構なんとかなるもんです。
あと自分が攻めてる時こそ要注意スね。安易に敵城に張り付いちゃうとそれこそ快進撃一発で殲滅されちまうし。
だから転身だとか雲散・反計だとか、何か他の手を用意してから攻めるべきでしょうな。
あと快進撃の速度上昇は2倍速ではないんで、連環だと突撃出来ない速度に出来るですよ。これも重要ですな。


まあね、しばらくはこのデッキでやってみますよ。色々とデッキメンバーは代わるかもしれませんが。
一応前は偽装魏単地勢デッキを使ってたんスけどね、頼みの綱だった極滅業炎が「どうしてこうなった!」な威力になっちまったんでね。
一応今考えてるのは軍師も魏にして本来の魏単に戻してからの

R夏侯淵 R荀攸 UC李通 C李典

は変わらずに残りの2コスをどうすべかーって話なんですがね。
新カードのSR張コウとかイイ感じスよね。2コスで武力型の騎馬は他にもおりますがね。
前使っていたUC夏侯惇は雲散の眼光の範囲がとても切ない事になっておりまして。乱戦しないと雲散出来ないってどういうことなの。
ここはもう思い切ってR夏侯惇入れての4枚デッキの方がいいかしらね。

R夏侯惇 R夏侯淵 R荀攸 UC李通

でどないだ。弱体化されたとはいえ、大喝はまだまだ現役でしょう。
そして弓の復権でR夏侯淵がかなりの強さに戻ったというのもナイス。乱れ撃ちはガチでしょう。
地勢は4枚だと微妙ですが、槍柵で士気軽めの号令持ちなんだから良カードでしょう。李通は趣味です(キリッ)


さてさて、まずは次の昇格戦ですな。適当にがんばんべぇ。







































武将紹介のコォ〜ナァ〜。







ソンサクさん。

孫策さん。
大戦2からの復活カードの1枚ですな。人物についてはぐーぐる先生に聞けばいいじゃない。


本ゲームでの能力値は

2.5コスト 騎馬 武力8 知力5 醒・魅・勇

というカンジ。
大戦2の頃の能力は 9/3 魅・勇 だったスからね、覚醒を計算に入れると今回の能力は純粋な強化でしょう。
何より素の地力が5になったのがデカいスね。知力3と5の差は相当有りますし。
覚醒すれば9/6になる訳で、2.5コスのアタッカーとしてはかなり良いパラメータでしょう。

しかし一番の変更点は計略が『小覇王の進撃』から『小覇王の快進撃』に変わった事でしょう。
進撃は効果終了後に撤退する自爆計略だったけど、快進撃になって撤退の条件が変わりましてね。
『上昇した武力が一定時間毎に低下していき、素武力を下回った時点で撤退』という条件に変わったんス。
UC呂蒙の計略の一気呵成みたいな感じスかね。体感1秒くらいで武力が1ずつ下がっていくですよ。1cじゃなくて1秒ね。
だからまー結構早く武力が下がっていくですよ。現時点では発動時には武力+10なもんで、武力18or19になるですな。
んでそのまま何もしないと大体6cくらいで素武力を下回っちゃうんスわ。普通に考えるとちと短い効果時間ですな。

駄菓子菓子、もとい、だがしかし。
この計略は効果中に敵を倒すと武力が+3されるんスな。要するに、延命できる訳です。
大戦2のSR夏侯惇の計略、神速の理の亜種と考えて頂いてよろしおすな。あっちは敵撃破で兵力上昇でしたが。快進撃は武力が上昇と。
そんで快進撃には突撃ボーナスが付いてるですな。蜀SR馬超の白銀の獅子みたいな。
だから突撃一発で大体兵力を7割は持って行く訳で。そのまま乱戦していればあっという間に相手は撤退。おお、怖や怖や。

でもそのうち武力がどんどん下がっていきますからね、乱戦のみでは損をしちまうですよ。瞬間ダメージが入らないスからね。
だから武力が下がってきた時にこそしっかりと突撃をしなければいけないと。突撃ダメージはデカいスからね。
この計略は発動時に兵力が100%回復、しかも上限を超えて回復しますんでね。驚きの白さになるのも簡単ときたもんだ。
だから発動のタイミングを色々と選べるのも嬉しいスな。
それこそ自分の兵力が_の時に起死回生の一手としていきなり兵力全回復で襲撃してもよし。
兵力MAXの時に発動して兵力上限突破の200%になってから吶喊してもいいし。
真っ白状態なら雲散されても兵力はそのままなんで、単純に兵力200%の武力8or9騎馬として運用できるですよ。
真っ白目的ならば江東の小華とのコンボがイイ感じに働きまして。まあ士気8使いますが。そこはそれ、愛と勇気で。

でも弱点も多いのよね、このカード。というか計略。
最大のキモは、武力が条件で撤退するという事。
つまり、何かしらの要因で快進撃発動中に武力を下げられてしましまうと非常に厳しいという事。
妨害の計略・奥義がこれに当たりますな。
弱体化関連の計略をかけられただけで大ピンチに。武力-4の弱体化の小計をかけられただけでも相当キツいんスわ。
でも一番ツラいのは範囲計略ではなく、ピンポイントで大幅に武力を下げてくる計略をかけられる事。
誘惑なんてかけられた日にゃあ涙目通り越して悶絶ですよ。武力-10って事は、快進撃の武力上昇値がそっくりそのまま無しにされるという事。
相手は士気5消費、こっちは士気6消費と2.5コストが撤退。キチー。

他にも暴勇の報いとか、そういう一気に武力を下げる計略とは相性が悪いスね。悪いというか、天敵。メタですかな。
同じ意味合いで、軍師R諸葛瑾の『諸刃劣陣』が非常に有効。だって強制的に武力0ですもの、一撃必殺。
快進撃を発動されたら陣略の位置まで誘って、そこで奥義発動! 気分はまさに遊戯王。トラップカード発動! てなもんで。
ゲージMAXじゃなくても武力は0まで下がるんで、遠慮無く発動しちゃえばいいと思うよ。諸刃劣陣、相手は死ぬ。
でも一試合で一回しか使えない、まさに切り札ですからね。よく考えて使いましょ。勿論相手が罠にかかったら心の中でニヤリとすればいいじゃない。

あと地味にキツいのが速度減少系の妨害。
連環なんてツラいんスよねぇ。突撃出来ないわ乱戦にも行けないわで。そのまま大幅なタイムロスで御陀仏。南無。
でも快進撃って知力も上がるから、実はそこまで長い時間は稼げなかったりするんスよね。
ダメ計が対策にならないってのもこの点。知力9or10相手だとスズメの涙ですわ。
もう一つ、地味にツラいのは麻痺矢ですな。こっちの知力に左右されずに一定の速度減少効果が見込めるですよ。
しかも快進撃の速度上昇は1.7倍。麻痺矢での速度減少効果は0.4倍スから、喰らうと突撃出来なくなると。
こうなったらもう快進撃はコワクナーイ。突撃出来ない快進撃なんてただの的だぜヒャッハー!


だからみんなはこれらのカードを使わない方向で行けばいいと思うな僕ァ。(必死)
posted by 螺旋 at 02:34| Comment(0) | 三国志大戦3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月24日

三国志大戦3の話 三十一戦目


よーしパパ休みの日に昼過ぎからゲーセン行っちゃうぞ〜




という訳で『三国志大戦3 Ver3.5 猛き鳳凰の天翔』稼働開始で御座います!
勿論ワタクシ螺旋さんもVer.UP当日にホームのゲーセンへと馳せ参じました。
ウヒョー、混んでるんだろうなぁ! そんな中で新しいカードを色々と妄想して……ウヒョー


とか思いながらゲーセン到着。



【三国志大戦3 サテライト状況】
■:プレイ中
□:空席


■  ■  ■  □





アルェー?



え? だって今日(23日)ってVer.UP当日よ? 平日っつっても、学生さんは夏休み中でしょ?


え? いいの? 当日にプレイするのに並ばなくていいの? 待たなくていいの?
やっちゃうよ? おぢさん遊び始めちゃうよ? いいの? いいのね?



とソワソワしながらプレイ開始。だって予想外も予想外、相当なサプライズだったからさぁ。待ち時間無しとか。



NGワードは『それアンタのホームが過疎地に有るからじゃね?』です。    ああ、知っているともさ。


そんな螺旋さん、初日は『堀り』の日というのが自分に課したルール。まずは情報収集兼新カード収集さね。
結局34回掘りましたー。おっと、良い子のみんなは金額換算しちゃノンノンよ。
そして引いた新カードがこちら。サイズがデカいから今回はサムネですぜ。クリックするとデカくなるみたいな。





戦果。


34枚中13枚、うち1枚ダブり。梁興さん、二つ名に『世紀末武将』とか付いたからって群れなくてもいいんスけど……
そんで旧カード21枚中光りものがSR曹操・他旧R5枚という結果。軍師R禰衡が出た時はリアルで罵倒された気分になり申した。
全光りもの数だけなら高打率なんだけどなぁ……ううむ。



しかし新カードでSR孫策とR呉夫人が引けたのは僥倖でした。いや、天啓か。
喜び勇んで使ってみたですよ。小覇王の快進撃。
これがまー効果時間が長いのなんのって。
旧カードのSR孫策は『小覇王の進撃』だったけど、あれは小覇王の蛮勇の上位互換だったじゃん。
計略の効果時間が終了したら撤退するっていう。

でも今回のこのカードは『武力が一定以下に下がった時点で撤退』なのよね。
計略効果が独特でね、武力・知力・移動速度・突撃ダメージが上がり兵力が上限を超えて回復するのね。
そんで敵を倒す毎に武力が上昇すると。カウントダウンしていく数字がちょっとずつ伸びるってところかね。
勿論威力は折り紙付き。そりゃ強化出来る所全部しましたってなもんスからね。
武力が18くらいまで上がって知力も……いくらか見るの忘れたけど、そこそこある。
そして神速状態で突撃ダメージボーナスが付く騎馬。兵力真っ白。そりゃ強いさ。ワラ系には特に。スーパー捕食タイムですよ。
でも流石はSEGA、ちゃんと考えてんのね。この計略、効果時間が超長いのよ。

普通はそれはメリットになるんだけど、このカードにとってはデメリットでしかないのね。
だって計略効果中は延々と武力が下がり続けていくんだから。
そして素武力の8を下回った瞬間に孫策撤退。結局絶対に撤退する様になっとるんですわ。

……ん? 待てよ、そうすると武力が下回らないうちに計略効果を消去できれば……
確か大戦2ではSR孫策と組んでいたカードが有った筈……

UC小喬 歩兵 武力2 知力5 柵・魅 計略『江東の小華』
計略内容:戦場にいる最も武力の高い味方にかかっている、全ての計略による効果を消す

……やってみる価値は有るな……!



えー、閃いたところで話を戻して。

その他のカードもチョイチョイと使ってみたんで、雑感等をボチボチと。使ったヤツだけね。

【呉】
R呉夫人
返ってきた孫呉の賢母。1コス騎馬で1/8なので伏兵処理もお手の物。
計略『賢母の助け』は士気5で武力と知力の両方を上昇させるも、効果はマイルド。
以前の様な『賢母天啓』等のコンボ用意にするならばCカン沢がいるため、使い方には工夫が必要か。

UC徐夫人
大戦1で妙に気に入っていた徐夫人が復活。以前の絵師の玲衣氏の絵も良かったが、今回TOHRU氏初の女性絵という事でそれもまた良し。
1コス弓で1/8というのは↑と兵種以外全く同じだが、横弓で仕事が出来るので問題無し。
計略『英魂の命令』は所謂投げ強化で、味方呉軍の撤退している武将のコストが高いほど武力上昇値が大きい。
使う場所さえ見極めれば強力な武器になるが、士気が5という点がネックか。

UC宋憲
孫呉待望の1.5コスト高スペック槍兵。1.5コストの伏兵持ちはC賀斉に続いて二人目。柵を簡単に用意出来る呉にとって、槍の伏兵持ちは嬉しい。
計略『空蝉の計』は召喚計略の一種で、士気5を消費して前方に直進する武力5の歩兵を召喚する。ここまでは普通の召喚計略。
面白いのは、この計略を使用すると宋憲本人が自城へと転進する事。その姿はまさに空蝉(うつせみ)。
計略発動時点で城に帰ってしまうので二重城門攻城等は簡単には出来ないが、自城防衛等の緊急時には役に立つ。使い方次第で化けるかも。あと鉄仮面。


【魏】
C周旨
大戦2が初出ながら、1.5コスト武力6で勇猛持ちの防護戦法持ちという事で熱心なファンがいたカードもついに復活。
今回は5/4とパラメータが調整されたが、新たに『大軍』という特技を獲得。兵力上限が3割増しになり、城内での回復速度も通常より速い。
このアドバンテージと、相変わらずガッチガチになる防護戦法を上手く使えば道は拓けるかもしれない。


【蜀】
UC張姫
新たに1コス騎馬軍団に参戦した張飛の娘。魅力持ちで武力も2有り、知力も6有るので端攻め&伏兵掃除に良い感じ。
計略の『受け継ぎし落雷』は士気5を消費して雷を1発落とす計略だが、威力は母譲りとはいかなかった模様。
知力3の兵力MAX一般兵相手に落としたら、兵力は3割残し。要するに、確殺は知力1が限度ということか。
張姫がいるだけで相手の脳筋相手に牽制は出来るので、デッキ投入の価値有り。はいてない。

C張翼
大戦2では1.5コス6/3で勇猛持ちの長槍戦法とパッとしない能力だった彼も、コスト2になって復活。槍の国で7/5の柵持ちは正直パンチ不足か。
しかし計略『八つ裂き車輪兵』は召喚計略。武力2大車輪状態の兵士が進行方向に進みまくる。但し召喚兵は毒状態なので、割と早めに撤退する点に注意。
蜀軍初召喚計略をどう使うか。腕の見せ所である。


【群】
UC成公英
大戦2後期に西涼軍で大暴れしていた1コス歩兵が、槍を持って帰ってきた。新たな特技と計略を持って。
計略『西涼の秘策』は士気5消費の妨害計略で、武力−3知力−5という効果。知力−5が大きいので、簡易『馬鹿○○』が出来るのが協力。退路遮断と組むと面白いか。
特技『暴乱』も持っているので、それに絡めた特殊な使い方が発見されるかもしれない。今後に期待。

C梁興
大戦2で「北斗の拳のザコ敵みてぇ」とか言ってたら二つ名が『世紀末武将』となりソレっぽくなってきて返ってきたモヒカン武将。ヒャッハッハー! 汚物は消d(ry
1.5コストで5/4の活持ち騎馬という点でも及第点だが、計略『強毒の乱』が面白い。
戦場にいる特技『暴乱』持ち武将全てが武力上昇、しかし効果中は徐々に兵力が下がるという計略。
士気4の計略なので、上手く使えばコンボとして面白い組み立て方が出来るかも。暴乱系の計略の研究が待たれる。


【漢】
UC王子服
漢軍に登場した2コスト7/5の騎兵。明らかに武力8以上有りそうな顔してますけど、武力は7。その代わり特技は『暴乱』と『大軍』の二つ。上手く活かしたい。
計略『血判状の決意』は士気4消費の単体強化で、簡単に言えば国力対応の強化戦法。決起戦法と異なる点は、使用時に国力が上昇しない事。
今回のVer.では国力が上限打ち止めにならず、MAXの状態で国力が上昇するとゼロに戻ってしまう仕様に変更された。
この為、国力3の状態で強力な単体強化を連発する事が不可能になった。そこでこの計略の出番。国力対応ながら上昇はしないので、連続で使っていける。
国力3の状態で使用した結果、武力は+9に。士気4でこの結果はかなりの強さ。『乱』とのコンボも研究次第で夢が広がる。




とりあえずこんな所で。C審配とSR董貴人は使用する事が出来なかったス。漢軍はあんま使った事ないんでねぇ。今度検証してみますわ。特にSR董貴人。

それにしたって今回はシステムも結構変わってきてたスよ。ロケテの情報通り。
まず勝敗結果が一切変動しない『全国演習モード』の追加。これはデカい。
今までデッキの試運転は店内大戦か英傑伝かという選択肢しかなかったスけど、これで対人戦でのびのびとデッキが試せるってもんです。
しかも噂ではフリーマッチングらしく、全国様々な相手と戦えると。2連戦までしかできませんが、これは有りでしょう。
そして『遊武練の章』の追加。CPU戦ながら、かなりはっちゃけた前提で対決が可能なこのモード。初っ端からデッキ上限9コストですもの。
その他にも単一兵種限定戦とか、駆虎状態になった超武力の呂布を掻い潜りつつドンパチするもの等オモロいものが。まさにお遊び大戦。
もう一つが、宿星ポイントの存在。同じ勢力のカードを使い続けるとポイントが貯まっていき、一定量になると対応した称号を得られるという。
ちなみにワタクシ現在『魏見習い』と『呉見習い』を習得済みです。
それとは別に特定の武将個別にポイントが蓄積され、その武将の使用回数が一定数を超えるとやはり特殊な称号が貰える様子。隠密欲しいよ、隠密。

その他にも戦闘面で色々とバランスが変わっていたり、軍師が2枚登録できたりとかなりの大改革。
まだ本稼働して間もないので細かい事は分かりませんが、高武力と低武力の差がハッキリしてきたのは事実。武力差が顕著にっていう感じかしら。
そこらへんも考えてからやっていかないと、最初はちょっと調子狂っちゃうかもね。

ま、何はともあれ掘りゲーはおしまい。今後はまったりと遊んでいきますわ。



今回は武将紹介のコォナァは御休みさせて下さいな。今はこれで精一杯。(ルパンっぽく)







posted by 螺旋 at 02:53| Comment(1) | 三国志大戦3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月25日

三国志大戦3の話 三十戦目



既に月刊ですね、わかります。

まぁまぁ、ネタも見つかった事ですし。ねー。
ロケテですよ、ロケテ。開始時期から考えると、7月中盤以降に3.5が稼働開始って所スかね。
その前のネタとしてはEXカード第2段のイベントが有りますが。1の頃の絵柄とか、懐かしいねぇ。
気に入ってる絵とか結構有るのよね。桃園劉備とか、多分ファンは多いんじゃないかな。台詞込みで。
あとホウ徳も人気よね。なんというか、シブい。構図が又良し。
あと厳氏。溢れ出るエロス。

で、このキャンペーンが7月の13日まででしょ? という事は、SEGA的にはこの期間中には新Verにはしないでしょう。
そりゃまあ新カードが出たら掘られ放題スからねえ。むしろ出してくれたらSEGAスゲーって事になるけど。


そういや前に大会とかやってたんだっけけか。三兵種2枚・単色縛りでしたっけか? 9コスで。
いやぁ、ハハハ。


6枚とか螺旋さんに扱える訳ないじゃないですか。




はいはい、新Verの話するよ。

カードもだけど、システムも色々変わるみたいね。
軍師が2枚登録で出来る様になるらしいと。ふーむ、確かにこれで戦略の幅が広がりますな。
でもカード登録時点で一枚だけ他国の軍師を登録しても、士気が9になっちまうらしいスね。実際に戦闘で使用しなくても。
そういう意味では又微妙に読み合いが深くなってくるんでしょうな。軍師まで単色で揃えても士気上限は9です、みたいな。
士気計算が難しくなるなぁ。

そして新要素としては特技の追加ですか。乱・射・軍でしたっけか。

『暴乱』計略種別表示が「暴乱」の計略を使った時、その効果を戦場の他の乱持ちも受ける。(発動時、城内では効果を受けない)
『崩射』走射されている槍兵の無敵槍が消える。
『大軍』最大兵力130%、城内回復速度上昇(通常武将の2倍?)。

ふーむ……どれも結構重要な特技ですな。
暴乱は効果範囲は関係なく、発動時点で戦場に居る仲間の『乱』持ち全てに効果が及ぶんでしょう?
デメリット計略が多いけど、士気の軽さがキーになりそうスね。上手く使えば強いと。これは戦術が大事になってきますな。

崩射は非常に重要。走射中に相手槍兵の無敵槍が消えるという事は、騎兵とのコンビネーションが大事になってくるという事で。
弓大国の孫呉にとって、騎兵の突撃が重要なダメージソースとして数えられる様になるのは実に喜ばしい事です。
こうなると槍弓編成ではなく、槍2弓2馬1構成が増えるかもしんないスね。呉の新カードで進撃孫策が復活するみたいだし。

大軍は素直に強いよね。兵力上限が3割増、しかも兵力の城内回復速度が通常よりも速いと。
槍兵が持つとやっぱり強いんだろうなぁ。あーでも、騎馬だと戦場で戦える時間が増えるのか。うーん、大事だわ。


その新カードですがね、もう嬉しくて嬉しくてしょうがない訳ですよ。復活カードの1枚に

『辛憲英』

が有る。実に良い。素晴らしい。今回も良い眼鏡で有る事を祈ります。
パラメーターも1コス弓の1/8という事で数字的には前と変わっていないけど、今回は魅力の他に柵が付いたと。マーヴェラス!
そんで計略が『賢女の教え』だけど、士気4で知力+5・効果時間が10c。これは素晴らしいキーカードですね。
大戦1の頃の司馬徽先生が持っていた『師の教え』は士気3で知力+6・10cだったから少ぅし差が出るけど、教えコンボは相当流行ったからな仕方ないね。
今回は号令が軒並み修正されているみたいで、効果時間が少なめになっていると。
なると、個人での超絶強化が台頭する可能性大という訳で。士気10使うとはいえ、SR呂布とのコンビが流行りそうスね。
知略昇陣+賢女の教え+天下無双。想像するだに恐ろしい……!!


まぁまぁ、これからどんどん新情報が出てくるでしょう。その時間が又楽し。wktkしながら待ちましょうや。







































武将紹介のコォ〜ナァ〜。




バチョウさん。


馬超さん。

五虎将軍の一人にして永遠の復讐者、錦馬超。有名な武将ですな。
この人の人生は正に波乱の人生。曹操に一族を全て殺されてしまうんスね。
そこで縁者唯一の生き残り、従兄弟の馬岱と共に復讐の機会を狙う。
馬超を主役にした物語も後世には数多く出ておりますな。
蒼天航路では正に鬼気迫る勢いで描かれておりました。いやぁ、あれは怖かったなぁ。
ま、改めて説明するのも野暮ってもんで。ぐーぐる先生に聞いたらかなりの答えが返ってきますぜ。


本ゲームでの能力は群雄所属、2.5コストの騎馬で9/5の魅・勇持ち。号令持ちとしては良スペックですな。
その計略ですが、大戦2で嵐を巻き起こした『全軍突撃』であります。
色々と修正はされて参りましたが、今現在はかなりの強さ。
士気7の大型計略らしい破壊力を持つシロモノ。
武力の上昇は抑え気味だけど、もう一つの効果『突撃ダメージ増加』がえげつない。
低武力の騎馬の突撃でさえ武力10相手に3割以上持って行くですわ。
これで弾丸突撃なんてされた日にゃあ……おお、こわいこわい。

posted by 螺旋 at 02:17| Comment(0) | 三国志大戦3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月30日

三国志大戦3の話 二十九戦目

前回短いスパンでー、とか言いながら一か月開くという。
いやまあね、最近やってなくてさぁ。家庭用ゲームにハマっちゃってさぁ。
あと大水計の多さにアタマが頭痛です。上手い人が使うと本当にキツいんだよね、大水計。
こっちはR荀攸をデッキに入れてるからねぇ。一応同じコストだからコンバートも可能なんですが、むむむ。
好きなんだよねぇ、属性号令。しかも柵槍だし。魏では輝くカードなんだYO、本当だYO!


そういやちょいと前に2コスト限定戦やったね。
まあアタシは参戦見合わせだった訳ですが。
だって李通使えないし。根っからの隠密厨螺旋です、シクヨロ。





































武将紹介のコォ〜ナァ〜。





ちんきゅうさん。


陳宮さん。

曹操を裏切り呂布の軍師になったという点で、以前は『裏切った末に負けたションボリ軍師』という見方が有りましたが
近年は『何故裏切ったのか』という目的にドラマを見出して表現する物が多く出始めた人気の人物。
イラストは蒼天航路からですが、この漫画での陳宮の描き方がその人気に更に拍車をかけた要因で有る事は間違いないでしょう。
呂布との間にどんな交流・思惑が有ったのか。三国志好きにはこの話題だけで一晩明かせる程の熱烈なファンがおります。(マジ話)


ゲーム中での能力は、群雄のUC陳宮とのコンパチ。
1.5コストで4/7の柵持ち弓という点で、計略要員としても武力をそこまで下げずにデッキに投入できる良カード。
一番のキモは計略『破滅的な献策』で、戦場にいる味方武将のうち最も武力が高い部隊の武力を+10するというもの。
効果範囲が戦場全部なので、どんなに離れていても瞬間的に高武力武将が誕生するのは便利の一言。
士気も3という軽さで、効果時間も9.5c。使い所を間違わなければかなりの効果を発揮してくれるでしょう。

ただし、これだけオイシい効果に穴が無い訳がない。
この計略、武力上昇の効果が続いている最中は自分の城ゲージが削れ続けます。
三国志大戦が『城ゲージを多く削った方の勝ち』というルールである以上、自城ゲージが削れるという効果はかなりのデメリット。
武力上昇した部隊が途中で撤退した等の出来事が無く、計略の効果時間がフルタイムだった場合に削れる城ゲージは25%弱。
槍兵の城門攻城が城ゲージ約20%分という事を考えると、このデメリットがどれだけ大きい事かが分かります。
それ程までにこのゲームで攻城を取るという事は難しい訳です。

つまり、この計略を使う時は『相手を殲滅する目的』で使用し、その後の展開で『こちらの攻城が必ず25%以上入る状況を作らなければいけない』という事。
タイミングを読むのはシビアですが、使いこなせた時は最高の破壊力を持つ計略。まさに『破滅的な献策』です。

原作的には呂布とのコンビで使いたい所ですが、群雄には軍師の自分が既におりまして。
しかも知略昇陣という呂布にはうってつけの奥義を持っている所から、武将カード同士での共演というのは中々難しそうです。残念。








posted by 螺旋 at 01:34| Comment(0) | 三国志大戦3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月23日

三国志大戦3の話 二十八戦目




短いスパンで大戦話ー。おお、珍しい。
まあしょうがないよね、ネタが出来ちゃったんだし。

今度は武力5以上限定戦だってさ。コスト上限は9。
しかも今回は木曜から開始ですって。これは土日に出陣できない螺旋さんにとっては僥倖僥倖。
まあ、今回も特殊称号とかは無いんですけどね。お米食べろ! 大会という事で。


そんじゃあまあ、今回も気になる武将カードをピックアップしてみましょうかね。


【魏】
R夏侯淵 高武力募兵弓
R夏侯惇 多枚数デッキが多い=計略が強い
UC夏侯惇 高知力・雲散持ち
SR司馬懿 伏兵・汎用性の高い号令
UC徐晃 優秀なコスト比スペック・神速持ち
UC曹洪 募兵弓・特攻
SR曹操 優良スペック・伏兵・英傑号令
SR張遼 優良スペック・号令
Rホウ徳 2コスト武力9・特攻
Rカク昭 軽士気号令
UC李通 伏兵・隠密持ち

【蜀】
SR関羽 高スペック・豊富な特技・号令
UC関平 優良スペック・募兵槍
SR趙雲 豊富な特技・人馬一体
R張飛 武力10
UC張飛 2コスト武力9
SR馬超 計略の爆発力
SR劉備 英傑号令
R劉備 号令
R諸葛亮 長時間強化
R張苞 計略
R孟獲 象・軽士気計略

【呉】
SR甘寧 優良スペック・計略
UC甘寧 2コスト武力9
R周瑜 伏兵・ダメージ計略
R徐盛 援兵・柵
SR孫堅(騎馬) 武力9騎馬・計略の爆発力
SR孫策 超絶強化
R孫策 武力10・超絶強化
R太史慈 優良スペック・援兵
C董襲 柵・防護戦法
SR呂蒙 柵・号令
C賀斉 有料スペック・伏兵・防護戦法
R甘寧 武力10・高武力募兵弓
UC呂蒙 撤退しない超絶強化 

【群】
R華雄 武力10
R高順 高武力・軽士気計略
C張梁 1コスト武力5
C李カク&郭シ 武力6・柵
SR呂布 天下無双
C阿会喃 武力6・復活
C周倉 武力6・復活
R祝融 召喚兵
C董荼那 武力6・復活
SR馬超 号令
UCホウ徳 復活・人馬一体
C木鹿大王 高武力象
SR孟獲 活活活

【漢】
R袁術 1.5コスト武力7・クラウザーさん
R袁紹 募兵槍・号令
UC顔良 士気バック計略
SR皇甫嵩 号令
R孫堅 決起系計略
UC張任 決起系計略
R張バク 決起系計略・柵
R劉備 決起系計略





んー……こう見るとやっぱり漢軍はツラいかなぁ。
決起号令でテンプレ安定かしら。コスト9までだから、組み方が限られるかね。
というか決起でコスト9フルに使うのって 2+2+2+1.5+1.5 しか無理なんじゃね?
となると、皇甫嵩と袁紹入れてダブルパレード型にするのが基本……なのかしら。
でも漢軍で残りの2コストは限られてくるんだよなぁ。
SR朱儁・UC武安国・UC文醜・R劉焉・R魯粛か。んー。
1.5の決起パーツに誰を採用するかで異なってきますな。
爆発力のSR朱儁・募兵弓で封印持ちのR劉焉が候補になるのかな。


それ以外の国は基本的に色々組めますな。カードが多いって素晴らしい。
単純に号令デッキが強くなるでしょう。今まで武力担当だった1コスが2コスの武将に変化するんスからね。
2.5コストを2枚入れても問題無く4枚デッキが組める状況。素晴らしい。
基本的に武力5以上で妨害計略持ちってのはあんまいないから、号令やら超絶やらでゴリ押しする戦法が流行りそうスね。
そこをどう捌くが。うーん、難しい。

アタシはどういうデッキを作ろうかしら。
うーん……

UC夏侯惇 R夏侯淵 Rカク昭 UC李通 UC曹洪 軍師SR周瑜

かなぁ。     あ! 槍いねえじゃん!
うーん……R夏侯淵を張コウにするかね?
でもR荀攸入れてないと全部地属性にする意味が無いんだよね。うーん、難しい。

いっそ呉で挑戦しようか。

SR甘寧 SR陸遜 R孫尚香 UC賀斉 C祖茂

かなぁ。勿論りっくんホイホイですがね。
機動力は祖茂が何とかしてくれる……と思いたい。さーてさて。
















あ、そういや三品になりました。ウヒョー



































武将紹介のコォ〜ナァ〜。





チョウセンさん。

貂蝉さん。

傾国の美女と名高い貂蝉さん。
呂布と董卓との間に亀裂を生じさせた彼女については後世様々なお話が作られました。
男を意のままに操る魔性の女か、革命の道具として使われた哀れな乙女か。
人により様々な捉え方がありますな。

大戦のカードイラストで言えば群雄のSR貂蝉が前者、漢軍のR貂蝉(このイラスト)が後者な感じですかね。
ちなみに絵師は螺旋さんが大好きな冬目景姐さん。この独特な色遣い、YESだね。


本ゲームでの能力は コスト1 騎馬 武力1 知力6 伏 魅 計略『誘惑』
1コストの計略要因としては悪くないスペックではないでしょうか。知力6とは言え、序盤に弱い漢軍にとって伏兵が有るのは嬉しいし。
計略の『誘惑』というのが実に貂蝉らしい計略ですが、これは敵軍の最も武力が大きい武将1体の武力と知力と移動速度を低下させる妨害計略。
現時点での効果だと、武力−10・知力−3・移動速度0.4倍という凄まじい数字。まさに呂布殺し。史実通りじゃあござんせんか。
貂蝉の知力が6と計略要因としては高くないのでメインで使っていける計略ではありませんが、瞬間的な封殺力はかなりのもの。
効果範囲も戦場全体なので、貂蝉自体が計略対象者とどれだけ離れていても効果が発動すると。これは素晴らしい。
漢軍は超絶強化に対応出来る計略がそんなに多くないので、選択肢の一つとして選ばれる事も良く有りますな。

個人的には伏兵が暴かれた時のボイス「こんにちは」がお気に入りです。こんにちは^^
posted by 螺旋 at 01:53| Comment(0) | 三国志大戦3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月22日

三国志大戦3の話 二十七戦目

三国志大戦3の話 二十七戦目









皆は1.5コスト限定戦、出たかい?


螺旋さんは出なかったさ!!


うん、前回あんだけ煽っといて出てないんだ。
いやもう、良く考えたら螺旋さんに6枚デッキとか無理だから。使えないから。
しかも騎馬3枚とか無理のキワミだから。
まあお米は欲しいけどね、それよりもリアルマネーですわ。


そんな螺旋さん、久々に全国挑戦したでござるの巻。
使用デッキは今までの5枚地勢偽装魏単ではなく、1枚減らして4枚地勢偽装魏単。
このワラワラが流行っている御時世、あえて4枚デッキで。その流れに反逆する。

デッキ内容は

LE夏侯惇 LE夏侯淵 R荀攸 UC李通 軍師SR周瑜

ええ、真逆の惇淵デッキです。前回までのデッキも惇淵デッキでしたが、今回は惇兄がUCからRに。
そう、隻眼将の大喝。今まで使った事が無かったけど、あえてのチョイス。

というのもね、バージョンが上がってから業炎の連環効果が下がったでしょう。
騎馬相手にバッチリ決めても結構簡単に抜けられるのよね。
だったらどうするか。そんなん、相手を動けなくさせればいいじゃない。
という事でチョイスした大喝で御座います。

そんな感じで使い始めた大喝デッキですが、これがまー予想外の3連勝。
対戦したデッキは決起・6枚麻痺矢・大徳デッキ。
最初の決起は献帝入りのテンプレで。騎馬がR孫堅だけだったんで、夏侯淵が有利でしたな。
でも使った計略は大喝4回と隠密1回という。まさに大喝ゲー。相手の決起神速を潰せるのってデカいのよね。
そんで終盤業炎配置場所まで惇兄でフラフラ出向いて相手が決起号令したら大喝→業炎発動。囮ですね、分かります。

2戦目の6枚麻痺矢は真逆の槍無し祖茂入り。この時点で大喝テンション↑↑。多人数おいしいです。
諸葛瑾入りだったのが少々痛かったスけど、相手さんは囮兵メインの戦術だった様で士気負けもせず。
そしてやっぱり地味に効く募兵弓の強さ。ダメ計いないと本当にイキイキするね、R淵は。

3戦目は珍しい白銀馬超入りの大徳。1.5枠にC王平入りという点がナイス。
結局相手さんは大徳ではなく白銀メインで攻めてきましたが、まあ突撃さえされなければ白銀も怖くはない訳で。
突撃寸前で大喝発動すればかなりオイシイと。ちなみに攻城は李通の隠密攻城1発です。隠密最高。


いやー、今回初めて4枚デッキ使ってみたけど結構使い易いね。
何というか、落ち着いてカードを動かせるし。今までは本当にアワアワしながらだったからなぁ。
大水計ワラ等の多枚数デッキが流行っている現在、知力の高い超絶強化というのは結構メタになり得るんじゃなかろうかと。
キーカード潰しに定評のあるR夏侯惇。使いこなしてみせるぜオイ。


あ、UC李通は外さないんで。隠密は正義。


































武将紹介のコォ〜ナァ〜。



しゅうきさん。

周姫さん。

レッドクリフ完結記念でチョイス。
そう、周瑜さんと小喬さんの娘さんで御座います。
美周郎と江東の二喬の間に生まれた子ですからね、それはもう別嬪さんだったんでしょうなぁ。

呉の皇帝となった孫権の息子・孫登に嫁いだまでは良かったものの、その皇太子が夭折してしまった為に皇后にはなりませんでした。
天才軍師の知を引き継いだ人物なんスけど、悲しき運命も引き継いでしまったみたいスね。


本ゲームでは追加カードの1枚、孫呉2/8四天王最後の一人として登場。
二張と諸葛瑾以外に選択肢が増えたのは良い事です。
厳密には大戦2でSR周姫というカードは出ていたんですが、今回は絵師が異なる為にカードの互換は無し。別カードで御座います。

計略『若き血の昇華』は孫呉版若き血の目覚め。味方の最大武力の半分自身の武力が上がります。
そして味方に武力16以上の武将が居れば、麻痺矢効果が付属するというおまけ付き。
基本コンボ用の計略ですが、武力8の味方が居れば士気3で武力+4という強化戦法の完全上位互換となります。
素武力10が居れば+5。士気3の効果としては破格ですな。

超絶強化が多い孫呉と相性は良く、漢の意地や天啓などの自爆系と組み合わせる使い方も有り。
自爆系でなくともR孫策の雄飛の時との相性は抜群で、死なない武力20以上を城門にぶち込みながら武力10以上の麻痺矢がマウントを取る地獄絵図。


ここまで書くと強そうに見えるんですが、そこまで流行っていないのが現状であります。
正直超絶の麻痺矢の需要というものが微妙に無いんスよね。
関銀屏だったら槍の超絶で一定以上武力が上がると大車輪効果。攻城が取れるんスよ。
しかし周姫は弓兵。麻痺矢効果を活かすには弓を撃たなきゃならん訳で、攻城に参加するうま味が無いんスよね。

なので、どちらかといえば相手の動きをけん制する計略だと思った方がいいのかも。
超絶を撃ったからって考え無しにコンボを発動させても、それで相手武将が撤退しなかったら全く意味が無い訳で。
孫呉という御国柄、士気3なら転進を選ぶよなぁという一文が全てを物語りまする。

posted by 螺旋 at 03:16| Comment(0) | 三国志大戦3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月07日

三国志大戦3の話 二十六戦目

三国志大戦3の話 二十六戦目








さって、久々の大戦記事ですな。まさに月刊。
まぁね、ネタも出来たんでね。また限定戦開始ですって。

『魏蜀呉限定 コスト1.5×6枚 9コスト決戦』

こりゃまたニッチな大会ですな。9コスト戦ってのが熱い。
群雄と漢軍は1.5コストの層が厚いスからねぇ、この三国のみってのは面白い試み。
しかし結構な選択肢がござんすね。所謂キーカードが多いし。
ちょっと人気高そうな所を挙げてみると、

【魏】
SR王異 超絶対策・柵と魅力
UC荀攸 大水計
UC曹仁 スペックと神速
C曹洪 募兵弓と特攻戦法
C満寵 伏兵と連環
R羊コ スペックと軽士気号令
C郭准 スペックと看破
UC李通 武力キープと伏兵

【蜀】
C王平 贅沢なスペック
UC関平 問答無用のスペック
UC厳顔 蜀においての騎馬と計略
SR諸葛亮 この枠での貴重な号令
R徐庶 伏兵と落雷
R馬謖 伏兵と挑発
UC馬岱 ここにいるぞ 伏兵と神速
UC鮑三娘 デッキ枚数が多い故の計略の有効性
SRホウ統 弓と伏兵と連環
C孟優 回復する象

【呉】
C朱桓 火計
UC蒋欽 スペックと軽士気計略
R孫権 安心の英傑号令
R孫尚香 スペックと回復計略
C陳武 超絶強化
C董襲 柵とディフェンスに定評の有る董襲
R陸抗 軽士気号令
UC魯粛 召喚
C賈華 召喚
C賀斉 スペックとディフェンスに(ry


こんな所スかね。まぁ主観入りまくりですが。
属性号令は今回は単色ではちと厳しいスかね。多色ならば属性を合わせ易いか。
魏呉地勢、魏蜀天意、蜀呉人心でしょうな。軍師もそれぞれのSR軍師が使えるだろうし。
回復奮陣も面白いスよね。枚数が多いデッキでの回復はガチ。
それに旧カードが使えるってのも忘れちゃいけないスけどね。
魏のC周旨とか今でも使えるもの。騎馬の防護戦法はガチ。C文聘も個人的に大好き。ゾイ。
蜀はUC張姫とかも有りですな。武力を減らさず落雷撃てるし。ただ今回の限定戦じゃ高コストがいないから有難味は少ないか。
どうせならR王桃使おうぜ。くるりんぱー。
呉は……そうねぇ、UC全ソウとか面白いかも。6枚デッキ相手にあの広範囲火計はマッチしますぜ。

ぶっちゃけ今回は単色で組んで美味しいデッキってのは手腕くらいじゃないスかね。
個人的には2色での属性号令+α計略って感じが良いかも。
アタシが組むとしたらどうしましょうかねぇ。
今使ってる形を残したままだと、

R荀攸 UC李通 C曹洪 R羊コ C満寵 UC鍾会 軍師SR周瑜

という偽装業炎になる訳ですが。
あまり偽装にこだわっても狙いがバレバレになっちまうんスよね。
となると、大人しく呉と混ぜるのが良いスかね。んー……

って、絶望した! 呉の地属性1.5コストの少なさに絶望した!
C蒋欽とUC魯粛しか二色にする美味さが無い気がするYO!

こりゃ大人しく慣れてる偽装魏単で挑戦しますかねぇ。
一応先に挙げたデッキなら号令に妨害、ダメ計に軽士気計略と揃ってるし。数値化すると、

総武力 28 総知力 41 伏2 柵1 魅1 募1 騎3 槍2 弓1

んー……柵も1枚有って伏兵2枚、魅力と募兵も付いてバランスは良いんスけどねぇ。
ただ重大な問題が一つ。

螺旋さん騎馬3枚とか使えないから。

R羊コかUC鍾会を外してR楽進を入れてもいいんスけどねぇ。
水禍は居るだけでプレッシャーになるからあんまり外したくはないんだけど、刹那の号令もいざという時に有り難いのよね。
しかし武力6の槍はそれだけで偉大なんですが……ムムム。

まあね、お祭りなんでね。参加すればとりあえず意義が有ると。
今回は参加賞が減って5戦毎のボーナスが増えてますが。
兵糧が微妙に少なくなってきてるんでね、この際お米頂いてきますわ。お米食べろ!


































武将紹介のコォ〜ナァ〜。




盧植さん。

盧植さん。

学舎を運営しており、劉備や公孫サンの先生という立ち位置から『先生』と呼ばれる事が多い漢の忠臣。
慎重が2m弱あったとか伝わっちゃってる人。そんで声も鐘の如く大きかったそうで。なんという教師。
黄巾の乱で活躍したり、三国志序盤でのメイン所ですな。FF6でいうバナンみてぇな感じ? ちょっと違うか。

ただ、本当に序盤でしか活躍しないのであまり書くことが無かったり。
一応お偉いさんに賄賂を要求された時に断って処罰されたとかいうエピソードが有ります。
そんで董卓が実権を握った時も反対して処刑されかかったりします。周囲の取り成しで助かってますが。
でも結局董卓に嫌気が差して隠居、その後は袁紹に軍師として招かれるもすぐに病没。
本来の意味で漢王朝に忠義を尽くした人だったと言えましょう。


本ゲームでは新勢力・漢軍のSR軍師カードとして登場。
カールした眉毛と髭がインパクト大なイラストで、登場時は結構なレートでした。
奥義も新しい兵略の『超絶再起』持ちで、撤退していた部隊が即復活という初期の『再起の法』の様なシロモノ。
これだけ聞くと物凄く強い、再起興軍いらねーじゃんとか思っちゃうけど世の中なかなか上手くはいきませんや。
この兵略、奥義ゲージが溜まるのが物凄く遅い。属性の『天』を一つも入れないでデッキを組むと、ゲージMAXになるのは残り10c近くになるという。
そんでゲージMAXで発動しないと通常の再起興軍よりも復活カウントの減少が少ないというオチ。9割溜まってても6秒チョイ減少とか切ないわー。
なのでデッキ構成に軋みが出来てきちまうんスな。属性に偏りが出ちゃう。
そんでどうせなら普通の再起でいいやーって事になる訳で。そりゃ蔡文姫の方が人気出ますわ。

陣略はお馴染みの『精兵集陣』であります。『地』属性では初。
なので、どちらかといえば陣略目当てで使う人が多かったという訳スね。

で、バージョンアップ。

なんと超絶再起のゲージ増加速度が上昇しました。流石にSEGAもあの使われなさっぷりは無いなと思ったのか、通常の速度に変化。
これで兵略目的で使う事も出来る様になり、人気も上がるだろう。

とか思っていたら、今度は精兵集陣に下方修正が。
陣略の永続が廃止され、今までと同じ様な長期戦を見込んでの陣略発動が出来なくなりました。

結局使用率は上がらず、燻っている状態。
使い易い復活計略が有る漢軍に超絶再起は向かなかったのと、武将の属性が合わなかった事が原因でしょうかね。
今後の修正によっては再度輝くかもしれない、と結んでおきますわ。


posted by 螺旋 at 02:08| Comment(0) | 三国志大戦3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月03日

三国志大戦3の話 二十五戦目














ざわ…… ざわ……











ざわ…… ざわ…… ざわ……










                                 ,.へ
  ___                             ム  i
 「 ヒ_i〉                            ゝ 〈
 ト ノ                           iニ(()
 i  {              ____           |  ヽ
 i  i           /__,  , ‐-\           i   }
 |   i         /(●)   ( ● )\       {、  λ
 ト−┤.      /    (__人__)    \    ,ノ  ̄ ,!
 i   ゝ、_     |     ´ ̄`       | ,. '´ハ   ,!
. ヽ、    `` 、,__\              /" \  ヽ/
   \ノ ノ   ハ ̄r/:::r―--―/::7   ノ    /
       ヽ.      ヽ::〈; . '::. :' |::/   /   ,. "
        `ー 、    \ヽ::. ;:::|/     r'"
     / ̄二二二二二二二二二二二二二二二二ヽ
     | 答 |     お お あ た り       │|
     \_二二二二二二二二二二二二二二二二ノ








あーびっくらこいた。真逆当たるとは。

という訳で、『感謝歓激EXカードキャンペーン』に当選致しまして御座います。
なんとか13594分の1になれた訳ですな。や、有り難や有り難や。
結局何口分送ったんだっけか。えー、と。  5口。そう、5口だったかな。
空ピロー20枚で一口だから、ピロー合計枚数は100枚。
ちなみにこのゲーム、CPU戦オンリーで進めていけば500円でカードが2枚支払われます。

おっと、これ以上計算すると大火傷を負いそうだから賢明な螺旋さんは止めておくぜ。


しかし前回のスカジャンの時といい、私は運が良い。これが天意というものか。
ちみっ子の頃懸賞という懸賞に外れてきた事の揺り戻しかしらん。

で、当たったので早速使ってみるか―




とはいかないのが螺旋さんのデッキ。
この4枚どれも使わへんちゅうねん。
これはアレか、それぞれを使ったデッキを新しく作れとそういう事か。

楽進はまぁ魏単ならどんなデッキでも違和感無く入り込めるわな。1コス武力4の騎馬は鉄板じゃきに。
呂姫は下方修正が痛いけど、需要は有るし。1.5の超絶強化は頼りになるんでしょう。
孫尚香は使用率はそない高くはありませんが、スペックは上々。1.5の5/5で魅勇、奮激戦法もガチでしょう。


姜維カワイソス。

とりあえず山頂で高笑いしてる孔明の弟子(笑)をボコってくるのがいいと思うよ。



ま、こうなると孫尚香を使ったデッキを何か考えたくなるね。一時期使っていた事が有るだけに。
手腕のパーツにしてもいいんだけど、それもなんだか普通過ぎて面白くないのよね。
呉単で考えれば他には天啓に屍、孫武や粘りも有るけど……なんかこう、違うのよね。
呉での1.5コスっていうのは本当に激戦区だし。あとやっぱりアタッカー以外だと柵を重視されちゃうのかな。
そんな訳で、やっぱり二色の方がデッキを組む楽しみが増えるってなもんです。計略が士気3ってのも大事。
そしてその『回復する』という計略の性質上、ラインを高い位置で維持できるかどうかが問題になってくるでしょう。
こうなると、高火力での援護が必要になってきますな。となれば断然2コスの弓でしょう。やっぱUC甘寧で安定スかね。
そんで弓を一枚入れたら柵も一枚くらいは欲しい、今の所カードの属性は人属性のみ……おお、人心デッキ!
これで2・1.5・1.5が埋まったですぞ! 残りの3コストはどうすっかね。  

……て、まてよ。群雄との二色にすると、2コストは新カードのR馬騰とSR孟獲のみ。1コスはC張梁が定石だけど、計略が尚香と被る……


うん、僕普通に手腕使うわ。うん。




































武将紹介のコォ〜ナァ〜。


サイブンキさん。

蔡文姫さん。

『文姫』というのは字(あざな)で、本名は蔡エン(エンは『王へん』に『炎』)であります。

歴史書にも『才女』として名が残っているお人。その数奇な運命から三国志愛好家の中でも人気が高い人物。
どういった人物なのかはこちらをどうぞ。 っつってもwikiもそんなに詳しく載っているわけじゃないんスよね。
簡単に言えば、詩人です。パパが『蔡ヨウ』っていうかなり有能な学者先生なんスけど、その能力が正しく遺伝した訳で。

そんな有能な娘っ子も父の蔡ヨウが董卓死亡時のゴタゴタに巻き込まれて死亡し、蔡エン自身は他の国にさらわれちゃうんスね。
他の国つっても海を隔てた土地という訳ではなく、同じ大陸ですが中心地よりもっと外れた方の。『匈奴』ってんですがね。
まぁ、遊牧民族の一団ですわ。もしかしたら歴史の授業で習った人もいるかもね。

その匈奴の王子様に一目惚れされ、娶られてしまう訳です。一説によれば、この時蔡エン数え年で18歳。うーむむむ。
そしてそれから12年間、匈奴との生活が続く訳です。その間に子供を2人授かっておりますな。長い年月であります。
その12年という時間の中で歴史時代も大きく動き、中華は魏国の曹操が最大の勢力となっておりました。

そこで曹操様のクセが出てくる訳ですね。

「そういや昔蔡ヨウっていう超頭の良いヤツとダチだったけど、あいつ娘がいたろ。蔡ヨウ死んじゃったから娘の居場所聞けねーけど、誰か場所知んね?」
「殿、なんか昔匈奴のやつらにさらわれてずっとそのままらしいスよ」
「うっそマジで! あんな頭の良いヤツの娘なんだもん、ぜってーソイツも頭良いって! ウチに来る様にしてくんね?」
「オッケー」

そんな感じで12年ぶりに蔡エンは大陸の中心地に戻ってきた訳です。
その際に匈奴で授かった2人の子供とは生き別れ。さらわれたとはいえ、やはり子供と分かれるのは寂しかった様子。
その事についての悲哀を歌った詩が残っております。ううむ、壮絶な人生ですな。

そして戻ってきた蔡エンは恐るべき事を成し遂げます。

父蔡ヨウが書いた書物がゴタゴタ等によってかなりの数失われていたんですが、蔡エンはそれらを暗記していたんスね。
そんで記憶を頼りに復元したと。その数なんと600冊。ここまで来ると逆に引きます。600て。
勿論『唯才』曹操様大喜び。凄い人もいたもんです。



本ゲームでは『蔡文姫』の名称で登場していますが、同じ名前で違う能力のカードもう1枚あります。
魏の1コストで『飛天の舞い』を持つ彼女なんですが、何故かいつも睡魔と闘っている絵という。
大戦1の頃から皆勤賞ですが、大戦3になってようやく目を開けた事で話題にもなりましたっけ。
撤退台詞があくびで復活台詞が「おはよっ♪」です。もうなんか台無しです。だがそれがいい。

で、今回紹介のカードは軍師カードであります。なんと大戦始まって以来、初の『女性』軍師カード。
これで本来の意味での『女性単デッキ』が出来る様になった訳です。
そんな需要の高さとカードイラストの人気、使い易い奥義が揃っている事で新カードが登場してしばらくはお祭り状態。

ネットオークション等では軒並み高値を更新、カードショップでは一枚五千円を超える値段も付いておりました。
流石にその状態は長くは続きませんでしたが、間違いなく時代に名を残したカードであると言えましょう。

特にイラストの人気が高いスな。大戦での人気絵師『masaki』氏の描く、花嫁衣装を連想させる姿。愁いを帯びた横顔。
初めてカードを使用した時には
「ふつつか者ですが殿の力になれるよう、一生懸命がんばります」
「以後、末永くお付き合いいだだけるようお願いします」
本気で嫁入りじゃねーかコレ!! な台詞で更に人気爆発。倍率ドン。


そして漢軍という新勢力の中で、その奥義が光りました。
兵略が『再起興軍』 陣略が『封印縛陣』
特に漢軍で唯一の再起興軍持ちという事で、使い易さからも人気が↑↑。
陣略の封印縛陣もタイミング良く発動すれば相手を完封出来るという強力な陣略で◎。

今現在は漢軍という勢力の性質上再起よりも増援が有効だという事が分かったのと、Ver.UPにより陣略の性能が変化した事もあり使用率は抑えめ。
しかし愛で使用している君主はまだまだ居るとか居ないとか。
ちなみに螺旋さんのICの軍師レベルは7。  愛が足りないぜ。


posted by 螺旋 at 01:51| Comment(0) | 三国志大戦3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月16日

三国志大戦3の話 二十四戦目


なんか月刊みたいな期間になってますが、これが螺旋さんクオリティ。
まあ色々と大戦ワールドにも変化が起こっておりますな。
新Ver.ですね。ロケテも終わり、稼働日も17日で本決まりっぽいし。もう直ぐですな。


まーね、色々と修正が入っております。wikiで色々と確認できますし。
基本現Ver.までで尖った能力のものは軒並み下方修正されたりね。
R太史慈の援兵が武力6→3になるのは吃驚したけどね。なぁ活躍を鑑みれば納得せざるを得ないかしら。
そしてUC張紘の浄化の計も範囲縮小。何やら3.00時代の看破(今のじゃないよ!)クラスの大きさになるとか。

や、上方修正も有りますがね。決起号令の範囲拡大はクエスチョンが乱舞する程の意味不明修正ですが。
他の単体決起系計略が下方修正だからバランス取ったんスかね? ぶっちゃけあんま意味無い様な気がしますが。
少なくともSR献帝が入るパターンの決起デッキは流行るでしょうよ。

あと一部の武将カードの計略台詞やらカットインやらが変更されたみたいスね。
R孫権やSR全突馬超の計略台詞が変わったり、SR祝融の捕獲戦法にカットインが追加されてたり。


しかし。


一番の変更点はやはり『陣略の永続効果の廃止』でしょうな。

自軍強化系の陣略は今までは奥義ゲージMAXからの発動ならば試合終了まで効果が持続しておりましたが、次Ver.ではそれが廃止。
ゲージMAXで発動してもそれぞれ設定されたカウント数しか保てないという。
知略・精兵という強化系の代名詞が30c程度で切れるという事で、陣略を戦術の要にしていた人にとっては非常に痛い仕様変更にるっちゅう事スね。

妨害系の陣略も大体下方修正が入っておりますな。連環の効果時間も若干減少、範囲も戦場横幅はカバー出来ない大きさだとか。
まあね、SEGAさんからすれば「奥義強くし過ぎちゃったメンゴメンゴー」なんでしょうけどねぇ。
それにしたって効果が一瞬の『兵略』とゲージMAX発動で永続がウリだった『陣略』が永続じゃなくなるってのは、住み分けが微妙になるというか。
今後は兵略チョイスがメインになってくるんじゃないスかね。今でも赤青赤ゲーじゃあ増援大人気だし。
その分陣略を上手く使って試合をコントロールするスキルの持ち主は台頭していくんでしょうなぁ。



で、ここからが重要。

今現在偽装魏単デッキを使い勝利獲得は極滅業炎頼みの螺旋さん涙目というお話。

業炎弱体化されるってさ。範囲縮小、ゲージ非MAXでの発動時のダメージ低下、連環効果の減少。
嗚呼、これは酷い。向かい風が強い孫呉にとっての生命線なのに、カウンター要素が弱体化されるとは……ムムム。

まあ強過ぎるって意見も分かりますよ。運が悪けりゃボタン一つで壊滅ですからね。
しかしこの変更は、あまりにも……あまりにも切のう御座います。ヨヨヨ。



こうなるとデッキ自体も地味に変更していかなければなりませんな。
業炎からの脱出が今よりも容易になるという事は、なるべく効果範囲の中心に敵さんを追い込んでから発動したいという事。
つまり、敵さんを上手い事誘導しなければいけないという事で……ふむ。




R荀攸 R夏侯淵 UC夏侯惇 UC李通 UC蔡文姫 軍師:GSR周瑜



とかはどうでしょうかね。偽装魏単地勢飛天。
せっかく柵が有るんだから踊り子を入れるのも良し。
その踊り子の前に極滅業炎をセットすればなかなかのホイホイ率を誇るのではないかと。
相手に業炎の位置がばれていて上手くホイホイ出来なくとも、こちらは飛天の恩恵をずっと受けられるので戦力的には+になる筈。

ふぅむ、これは有りかもわからんね。

飛天とかビタ一やった事無いし騎馬の扱い下手だけど、これは修行するのみじゃないかしらん?























武将紹介のコォ〜ナァ〜。







本体はパンダです。嘘です。

孫権さん。

三国志という物語の中でパンピーに一番名前を知られていない君主NO.1の座に輝き続ける僕らの仲謀。
大体「劉備・曹操と……あと誰? あ、孔明?」とか言われ続けて幾星霜。そんな彼にも少年時代が有ったんです。

呉の追加カードのSR枠を埋めたのは、新しく導入された『属性号令』を持った次期君主でした。
兄の孫策が呉の君主として一旗揚げた頃、弟の孫権はまだ十代半ば。その時のイメージのイラストですかね。
ちなみにイラストレーターは漫画家の西山優里子氏。バスケ漫画の雄『Harlem Beat』で有名ですな。

武将本人のエピソードやらに関しては書くだけ野暮なので紹介は無しで。君主だものね。


本ゲームでの能力は『1.5コスト 騎馬 武力4 知力6 柵 魅』という、呉という弓の国で考えればかなりのスペック。
第三兵種の騎馬で柵持ち、武力は及第点の4。柵持ちの騎馬という時点でチョイスするのに、オマケで魅力持ちという豪華さ。
新カードという点も手伝い、新Ver.稼働初期は結構なレートになったもんです。

しかし時が進むにつれ使用率がグングン伸びるかと思いきやそこまで大人気とはならず。
これは偏に『孫権』という名前のせいなのであります。
呉には同じ1.5コストの枠に『英傑号令の撃てる』孫権が既に存在している訳で。
いくら属性号令が士気5で撃てるとはいえ、士気6で呉軍全員の武力が+5されるというのは非常に解り易く強力なものなんスね。
そして属性号令『人心の掌握』は属性が『人』属性の武将のみ武力が+4される(それ以外の属性だと+1)という縛りの有る号令。
呉単でデッキを組むと、どうしても英傑号令の方を選んでしまうっちゅうこってす。

そこで輝いたのが二色構成でのデッキ。
特に軍師C賈クの陣略『精兵戦陣』が人属性だったという事も有り、呉群の人心デッキというものが一時期ブームに。
属性号令での武力上昇値不足を陣略で補うというこのデッキは、頂上にも載る等の大活躍をしましたよというお話。

しかし頼みの綱だった陣略が次Ver.で弱体化。士気5故の連発を主としたガン攻めスタイルも永続廃止の前では残念な結果になってしまうでしょうなぁ。
今後はメイン計略ではなくブースト計略という使い方がメインになってくるんでしょうかね。コンボ要因といいますか。









posted by 螺旋 at 01:40| Comment(0) | 三国志大戦3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月10日

三国志大戦3の話 二十三戦目



年明け初の大戦更新! 特に変化はありませんが!
……あー、まあ四品の中盤くらいには上がったけど。
最近は全国あんまやってないんだよね。
どうにもまだまだ自分のデッキの練度が足りないと思っちまってね。
こう、納得のいく動かし方が出来ないというか。んー。

でまぁ、今あれやってるでしょ。EXカードプレゼントキャンペーン。
真逆の空ピローを使用しての応募ですよ。この日の為に貯めていた白黒カードはどうすれば。
でもまあ蒼天の龍脈になってから出たダブりR・SRは半開封で十数枚持ってたから無駄にはならんかったという事か。

今現在空ピローは応募三口分はキープしとります。60枚チョイですな。
ちなみに普通にゲームして貯めようとすると平均500円で空ピロー2枚です。逆算禁止。


しかしまー、今使っているデッキは偽装魏単の地勢デッキなんですがね。前も書きましたっけか。
R荀攸 LE夏侯淵 UC夏侯惇 UC李通 C李典 軍師SR周瑜 ですわ。
一応完成された構成だとは思うんだけどね。号令・反計・雲散に乱れ撃ち・隠密持ち。
ポテンシャルは高いと思うんだけど、やっぱ操作する人の腕やねぇ。
偽装故の士気上限問題は隠密で対応できるんだけど、あんま速く隠密使っちゃうとバレるしね。
ていうか魏単地勢の時点で半分バレてる様なもんだけどね。業炎。

でも最近使っていて壊れと思うカードが一枚有る。

UC李通。

ヤバい。マジヤバい。
1.5コストで武力5知力7。しかも伏兵持ち。ヤバい。

隠密戦法マジヤバい。
士気3で効果時間30cチョイ。1.5コスト武力7が30c。ヤバい。
しかも姿が見えない。相手の死角から突撃し放題。
でも一番ヤバいのは隠密戦法中は

『必ず壁攻城が入る』

という事。ヤバい。マジヤバい。

大戦が新しいVerになってから攻城ゲージが出てから城を出ても、乱戦が間に合わなくなってるのよね。
だから、隠密騎馬で相手の城から煙がモクモクしてない時に浅刺し攻城を決行すると『必ず』一発入るという事。
騎馬壁だからそこまで大きなダメージではないけど、相手のうろたえる様子が手に取る様に分かってゲッゲッゲッゲッゲ(嫌な笑い)
そんで騎馬で武力7だから一発殴った後乱戦されても結構逃げ帰れるのよね。隠密は生かしてナンボ。もう虜だよね、ホント。
そんでこのデッキだと夏侯淵の後方射撃ね。これが地味に痛いんだ。武力8の弓。
それから夏侯惇の陽動ね。見える騎馬で色々と動いていて、本命のステルス李通で奇襲。もうヤミツキ。

んー、やっぱ書いてるとポテンシャルは高いデッキだと思うんだけどねぇ。精進せんと。


































武将紹介のコォ〜ナァ〜。




「俺は医者だ!」  エ-

華佗さん。

言わずと知れたスーパードクターカダ。略してSDK。
人類初の麻酔を発明した人でもあり、またそれを使用して切開手術を行った人でもあるとか。
今から1800年以上も前の話だよ? どんだけオーバーテクノロジーなんだっつー話ですよ。
多分未来から技術の伝達が有ったんだと思うよ。デロリアンか何かで。ネコ型ロボットかもしれないけど。

神医と呼ばれるだけあり、その腕はまさに神の如し。
だって病人を診察して適切な処理を施した後「これから○年後に再発しますから、その時はこの薬を飲んで下さい」とか言うんだぜ?
もう人間じゃないでしょこの人。百歳近い年齢なのに物凄ぇ若い外見だったって記述も残ってるし。波紋呼吸法でもやってんのか。

そんで曹操さんの診察もしたんだけど、結局曹操さんに嫌われて投獄・そのまま死亡という鬱コース。
正史だと曹操さんに重く用いられないから逃げたんだけど結局捕まって終ー了ー。
演義だと曹操さんの頭痛を治療するには頭の切開手術が必要と説くも
「頭切ったら死んじゃうじゃん! お前馬鹿じゃねーの!! 俺を殺す気か!!!」
とブチ切れられてそのま牢屋行き。終ー了ー。
まあ確かにこの時代そんなん言われたって普通頭は切られたくないスわな。死ぬし。

曹操さんは華佗が死んだ後は後悔しきりだったらしいよ。唯才の曹孟徳としては珍しい事スね。



さて、本ゲーム中でのお話ですが。
イラストは真船一雄氏。スーパードクターKですね、わかります。
初代三国志大戦からの復活カードで、大戦3では新勢力漢軍の武将として登場。

能力値は相変わらずのオーバースペック。
歩兵という兵種に目をつぶれば、1.5コストで武力6知力8は異常な数値。
大戦3になって能力値にインフレが起きている中でもこの数値は破格です。
大戦1の頃はこれと同じ数値だってんだから、当時の発表時の驚愕度合いが分かるでしょう。
しかも今回復活に際して特技に『勇猛』を覚えてきやがった。医者が勇猛って何やねんな。漫画の影響受け過ぎだろKAZUYA。
そして大戦3にて歩兵という兵種がかなり戦える様になったというのも追い風。
移動速度の上昇はかなり大事で、自城乱戦や攻城でしか武力が役に立たなかった過去からすれば相手の弓や槍を追いかけつつ乱戦できるのは素晴らしいの一言。
しかも乱戦をしかける=接触が多いという事で、ここで勇猛が活きてくると。もう本当に規格外だなこの医者。

専用計略『神医』も過去と同様、号令と浄化を併せ持つチート計略。
武力+4に浄化機能付きで士気5という、属性号令涙目な効果であります。
ただね、こうやって効果説明を見るだけなら強いんだけどなかなかそうもいかないのも事実。
まず範囲が狭い。これが地味にキツい。
相手の妨害をキャンセルできる計略だからそこは問題無いんだけど、火計や水計で一網打尽にされる可能性が。前方中円とは言え、あの範囲は無いなぁ。
そして第二の欠点は、神医効果中には再度発動出来ないという事。つまり、唯の号令目的で神医を使えないという事。
相手が妨害を使ってから神医を使えばカウンター成立となるけど、神医効果中に再度妨害を食らうと意味が無くなるという。
つまり、メインで使う計略ではないという事ですな。サブ計略。他の号令を使って、それを無効化しようと相手が妨害を撃ってきたらそれに対応して発動すると。
でも結局、連環2連発とかされたら意味が無いんですけどね。そこは士気差1の有利をどこまで保つかという事で。

そして最大の欠点……というか、これは環境が悪いというか。
所属国が漢軍というのが流行らない理由でしょうか。
漢軍は決起系の『使えば使うほど強化されていく』計略がメインとなり、それとは別に
『効果後に士気が戻ってくるが最大士気上限が下がる』戦乱系の計略がメインになるんスね。
どちらにも言える事ですが、『無駄な士気は使えない』ちゅう事です。
決起系は国力ゲージを貯めるのに決起○○という計略を使わなければいけないし、戦乱系は使えば使うほど最大士気が下がっていくし。
決起系のデッキには、正直組み込む余裕がありませんな。士気4の国力上昇系計略を3回使い、その後決起号令で士気6。この時点で士気18。
1試合中で貯まる士気は24、うち十分に効果が発揮できる残り時間を計算すると残り4c前後と考えてその分を引き士気23。
そこから18を引いて士気5。つまり、1回しか使えないんスよね。これは難しい。
戦乱系のデッキ構成だと士気がバックしてくるものが多いのでむしろ使用回数は増えるんですが、最大士気低下という重い枷が。
R袁紹の漢の大号令デッキに組み込めばデメリットの無い号令として序盤や中盤で使えますが、結局神医先撃ちになってしまうという。
やっぱり最後の最期、フィニッシュブローとして漢の大号令+神医で夢の武力+10の大攻勢がメインの使い方かなぁ。

でも決して弱いカードではないのよね。むしろ強カード。
まあ要するに、使い所を間違わなければ強力な効果を発揮するカードという事で。そんなん言うたらどんなカードでもそうですが。
サブ号令筆頭という立場かな。2色での運用も有りでしょう。要研究。



posted by 螺旋 at 02:00| Comment(0) | 三国志大戦3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月05日

三国志大戦3の話 二十二戦目



降格危機に怯えつつ、今日も元気に千円両替!
たった一つの真実見抜く、位は四品、武勇は五品!
その名は、迷君主螺旋さん!!







今でもこうやって始まってんのかな、コナンのアニメって。見てないから分からないんだけど。

まあそんな訳で常に降格危機ラインをアップアップしております。
やっぱ四品は器じゃないと思うんだよなぁ。入れ替え戦てのも良し悪しネー。




さてさて、最近は大戦界も色々と有りましたが。
まずはアレだね、象大会だね。ええ、勿論螺旋さんも参加してきましたよ。参加すればとりあえず意義が有るからね。


まあお約束通り即敗北で大会終了。予定調和でーす。


デッキはC木鹿大王 C金環三結 R太史慈 UC張紘 R丁奉

の弓メインデッキ。
対する相手デッキは

R張遼 C金環三結 R張苞 C孟優 C廖化

の蚩尤デッキ。

うん、そうだね。無理だね。


とりあえず遠弓麻痺矢戦法で狙えるのは一体までで、上手く発動してR張遼の蚩尤をっ防いでも
横から象さんズか「そぉい!」と乱戦を仕掛けに来て即終了。落城しなかっただけ褒めてくれてもいいじゃない。

まぁまぁ、大人しくお米食べておきます。修造も言ってたし。



そんで今度は又大会が有るみたいスね。計略禁止でしたっけか。
どう考えても開幕乙と伏兵メインの時代です、本当に有難うございました。
計略が無いんだからそりゃあ2コス武力9の連中は使われるでしょ。ダメ計・妨害共に無いんだから。

後は特技『復活』の大ブームが予想されますな。計略無しの場合は武将がどれだけ戦場にいられるかがキーになる訳で。
ミスした時に復帰が速い方がそりゃあ重宝されるでしょう。特にSR孟獲。超復活の時代到来か。
そして戦線維持が出来る募兵。攻め続けられるってのは凄い事ですよ。
ちょいと各国の人気カードを予想してみようか。2コス武力9連中は除いてね。

魏:R夏侯淵 R許チョ UC李通
募兵弓は今大会では反則的な強さを誇るでしょう。李通は伏兵とスペックの良さから。

蜀:C王平 UC関平 R魏延 UC馬岱 R孟獲
柵と復活持ちであのパラメーターの王平は間違いなく大人気になる筈。募兵槍も計略抜きで強し。象復活は偉大。馬岱は伏兵とスペックの(ry

呉:C韓当 UC蒋欽 R孫尚香 C賀斉 R甘寧
コスト比でスペックが良い武将が第一。柵持ちならばなお良し。孫尚香は魅・勇から。募兵弓は以下略。賀斉は伏兵と(ry

群:R華雄 UC紀霊 C張繍 C張梁 C李カク&郭シ 復活持ち1コス&1.5コス 象全般
尖った性能のカードが多い群は候補が多い。張梁とCリカクシは鉄板。『はじく』アクションが有る象を上手く使えばかなり良い所までいけるかと。

漢:R袁術 R袁紹 C何進 SR華佗 SR献帝 R劉延
正直計略禁止大会で漢軍を選ぶメリットは少ない。国力依存が高いため、特技とコスト比武力が高いものを選択。しかしそのうち3枚が歩兵。今回は残念。



こんな所スかね。

そして何よりも大事なのが軍師のチョイス。
計略が使えない以上、副次的に特殊効果を得られる奥義システムは慎重に選ばんといかん訳ですよ。
今回は兵略と陣略で考えるよりも、効果範囲と効果時間で考えた方が良いかもしれませんな。
勿論再起や増援、連環等も十分効果的だとは思います。でも、効果が及ぶのは一回こっきり。
知勇兼陣・精兵集陣等のパラメーターを上昇させて、かつ効果時間が永続な奥義を選ぶのが良いと思うんスよね。
計略禁止なので知勇兼陣は知力上昇分があまり役には立ちませんが、その範囲は戦場のほぼ半分という広さ。使いようですな。
本命はやはり精兵集陣・精兵戦陣でしょう。武力+2の恩恵は大き過ぎます。特に戦陣の場合は横長の効果範囲がオイシイ。
その他の独自陣略では、遠弓撃陣と回復奮陣がキーになるかもしれないスね。
遠弓は騎馬の速度上昇計略が無い事により普段よりも有利が付くし、回復はゴリ押しが効く。素武力高めでガシガシ行くのに最適ってヤツで。

ふーむ、これは悩みどこですなぁ。



















まあ、螺旋さんは日曜仕事なんで参加出来ないんですがね!!

































武将紹介のコォ〜ナァ〜。







ソンケンさん。

孫堅さん。

『蒼天航路』からLE枠で大戦に殴り込みです。これが螺旋さんの3.1カード初LE。有り難や、有り難や。
蒼天で登場した江東の虎は、アジア系の顔立ちとは一線を画すローマ系の様な顔立ち。
漫画で初めて登場した時は、その圧倒的なカリスマ性にのめり込んだものです。
しかしそんな孫呉の支柱も早過ぎる死を迎える事に。ここから孫呉三代の夢が始まる訳です。

イラストの元になったシーンは、戦災復興中の街にて協力を申し出てくれた民に向かい最上級の礼を尽くしているシーン。
漫画の中では、名誉を重んじる時代背景において戦争での報酬を金で受け取る事を何食わぬ顔で提案するなど型破りな人物として描かれておりました。
物語序盤でリタイアしていなければ、或いは三国志という物語の終着は違ったものになっていたのではないかと今なお語り草になっております。
蒼天航路での最期の台詞「おお! 快なり!!」は非常に印象深い台詞。勿論本ゲーム中での撤退台詞もコレです。本当はあまり聞いちゃいけないんスけどね。

イラストで着用している頭巾は本来ならば赤色なんですが、大戦での呉のイメージカラーは青なのでリペイントされている模様。祖茂涙目。

ゲーム中でのパラメーターはSR孫堅とのコンパチ。何だかんだ言うても孫呉にとって武力9の騎兵というのはそれだけで偉大なのです。
計略『天啓の幻』は相変わらずピーキーな性能で、使い所が非常に難しい計略。
しかし使うべき所で使えば圧倒的な強さを誇る計略です。タイミングと効果を及ぼす武将を瞬時に判断できればアナタも天啓マスター!

使用率は残念ながら100位外。SRの方は80〜90位付近を行ったり来たり。
今はやっぱり環境が悪いのかなぁ。孫呉でデッキを組む場合、2.5コストには他にSR・R甘寧とSR呂蒙というアタッカー・キーカードが存在するし。
それに孫呉の第一兵種でもある弓と合う兵種は馬ではなく槍。ここらへんの噛み合わせが微妙にずれているのが惜しい所スね。
しかしそれでも孫呉の光明こと光嘉君主はデッキに自らの名前が冠される程のデッキを熱心に使用中。使って分かる光嘉デッキの難しさ。
このカードを使う時は、連突や城内突撃等の基本的な操作をどれだけ上手くこなせるか。そこに尽きるんでしょうな。


posted by 螺旋 at 02:07| Comment(0) | 三国志大戦3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月11日

三国志大戦3の話 二十一戦目




家庭用ゲームばっかりだったけど、ボチボチプレイはしていたのよの巻。

入れ替え戦で四品に戻ってからは常に降格危機なワタクシ。ンモー、身の丈に合わない位ってこれだから嫌。
デッキは以前書いた地属性偽装魏単で。あ、C郭皇后をC李典に変えていたりします。
だってぇ、螺旋さん騎馬は2枚以上扱えないし。騎馬単とか使ってる人は何なの? 神なの?

やっぱりデッキ的には士気MAX(偽装だから9ね)からの地属性号令+αのコンボが爽快。
士気4有るから選択肢は広いのよね。地勢からの乱れ撃ち・反計・雲散。安定です。
しかし相手の英傑号令と正面からカチ合うと打ち負けちゃうのふぁ属性号令の哀しい所。
プレイングでどうとでもなるとは言うけど、そんなスキル持ってないしね。
上手く士気5の号令という所を活かして戦わないといけませんな。


で、そんな感じで地勢デッキを使っていた螺旋さんに運命の引き(デスティニー・ドロー)が。
なんとLE蒼天孫堅とR甘寧を連続で引くという鬼引き。
神よ、これはつまり青い国でやっていけという御意志ですか!


OK、それじゃあ今流行っているらしいオケーイことR甘寧でデッキを組んでみようじゃないか。


R甘寧 R孫権 R丁奉(R黄蓋) UC張昭 C太史享 軍師R呂蒙


使った感想→相性差受けまくり。


相手が槍弓主体=ヽ(゚∀゚)ノ
相手が騎馬主体=(´・ω・`)


だから勝つ時は物凄い勢いで勝つし、負ける時は物凄い勢いで負ける。神速とかホンマ勘弁してつかぁさい。
でも、飛天には結構対抗できるから不思議。遠弓撃陣は舞姫潰しに最適というお話です。
しっかしR甘寧は脇を固めれば本当に強いね。2.5コスで武力10の募兵持ち。計略無視でも使うだろコレ。
そこに計略『弓技の極み』が強ぇ強ぇ。乱れ撃ち+遠弓+弱体弓戦法スからね。もう英傑号令を無かった事に出来るって凄いじゃない。
でもR甘寧自体の武力は上がらないし、効果時間は3c。乱戦されたらハイそれまでよ。弱点は多い訳です。なんてピーキーな。
それに知力が2なのでダメ計・妨害がコワいコワい。ここもサポートが必要ですな。

そんな訳で上記のデッキにはC太史享が入っている訳です。2時代のC朱治から再起の擁護者を譲り受けた1コス騎馬のルーキー。頼れるヤツです。
浄化入れるなら復活計略って事で。撤退してから復活させた方が速いし。それに小再建はこのデッキでは重要なのよ、うんうん。

で、2コス部分がR丁奉とR黄蓋でダブっているけどここは臨機応変に。
R丁奉を入れると遠弓撃陣をフルに活用できて相手の単体超絶強化に対応出来る点がデカい。反面騎馬相手には脆くなるという危険性。
R黄蓋を入れると騎馬への対抗力も上がり攻城時の槍マウントも取り易くなるけれど、単体超絶強化に弱くなるという危険性。
ここは本当に悩みどころであります。個人的には遠弓撃陣+遠弓麻痺矢戦法は超楽しいんですがね。スナイパー・テイホウ。


んー、別に号令に拘る必要性は無いのかしら。手腕はとりあえずって感じで入れてるし。でも号令強いもんね。外す理由が無いみたいな。
うーん、デッキ構築は難しい。だがそれがいい。































武将紹介のコォ〜ナァ〜。





カンネイさん。



R甘寧さん。大戦2の双弓麻痺矢戦法から計略とスペックを変えて再登場。
正直ロケテでこの人のスペックが分かった時にはガセだガセだと騒がれたもんです。
呉なのに募兵なんて有る訳がない。そう思っていた時期が僕にも有りました。

単純に考えて2.5コストで武力10の募兵・勇猛持ちというのはかなりの良スペック。
特に機動力が低く戦線維持が困難な孫呉にとって募兵で帰城不要な弓兵というのはかなり有り難い存在なのです。
計略に関しては今回↑に書いた通り。上手く使えば破壊力抜群。しかしタイミングを逸すれば地獄行き。うーん、シビア。

使用率に関しては、大体50位付近を行ったり来たり。同じ2.5コス枠にSRの自分が居るから票がバラけちゃうのよね。ガッチリ強いし。
このカードを軸にワントップで組むか、それとも唯の移動砲台として組むか。難しい問題です。



しかし迫力の有る構図だなぁ、この絵。パッと見どういうポーズか分かりませんでした。


posted by 螺旋 at 02:28| Comment(0) | 三国志大戦3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月15日

三国志大戦3の話 二十戦目

新デッキ発動!!


と言っても前回言うてたデッキをちょいと変えてみたやつなんスけどね。


地属性号令デッキはその通りなんですが、最初は1コスの枠に浄化爺ちゃん入れてたのよね。
だけどこの人『人』属性じゃん。浄化の為だけにデッキに入れるのは勿体ない気がしてきたのよね。
ぶっちゃけワントップ型じゃなければ妨害も結構捌けるし。
で、この枠に同じ二張のもう片方UC張昭を入れてはどうかと思ったですよ。地属性だし。
柵好きとして小再建も好きなんだけど、このデッキだと妨害計略が欲しいなぁと思いまして。
んでwikiを見てみたら色々と参考になる事が書かれており、この枠に魏のC郭皇后を起用。弱体化の小計は強いよね、マジで。
で、ここに郭皇后を起用するとデッキの中の呉の武将カードがR太史慈のみになっちまうのよね。
で、援兵は属性持ちじゃないという事もあるしこの枠をR夏侯淵にコンバート。募兵弓は正義。
そして軍師は勿論SR周瑜。

ええ、偽装単色極滅業炎風味で御座います!

本当に偽装単色好きだな俺。よせやい照れるぜ(決して褒めてはいません)

結局デッキ内容は

R夏侯淵 UC夏侯惇 R荀攸 UC李通 C郭皇后 軍師SR周瑜

という感じ。
それぞれ特技を1つ以上持っているというブルジョアデッキ。勇猛持ちが2枚というのも有り難いねぇ。
偽装単色の問題である士気フローについても隠密戦法のおかげで解決。



で、実際このデッキを使ってみた結果ですが。

2勝1敗。

んー……これは行けるんじゃないかしら。
勝ったのは孟獲入り大徳と漢号令デッキ。前者はどうみても相性勝ちです、本当にありが(ry
後者の漢デッキは R袁紹 UC武安国 R張バク U張任 C蔡婦人 というデッキ。弓多めで総武力も高めスな。
このデッキ相手は本当にUC李通が活躍しまして。相手の弓を気にせず走り回れる隠密騎馬マジ最高。
相手さんはUC張任の決起の麻痺矢で国力溜めをしてきはったんですが、国力2くらいで撃たれて釘付けになっても李通さん即消失。
やっぱり隠密戦法はかなりのポテンシャルを持っておりますな。
あと相手に騎馬が少ないと本当にR夏侯淵の有難味が分かるね。乱れ撃ち最高。
士気9からの属性号令を通→乱れ撃ちのコンボは激アツです。裏の選択肢は号令→弱体化の小計。実に武力差8。これはナイス。
超絶強化はUCトンで牽制できるし、隠密状態の李通のおかげで相手はなかなか纏まってラインを上げられないし。
槍兵の背後から突撃かますのって本当に最高よ。お試しあれ。

そして良い所で極滅のターン。上手くハマった時のしてやったり感ったらないね!
さぁて、今後はもうちょっとこのデッキの練度を上げていかんと。






そういや群雄にも地属性っているんだよなぁ……  ふーむ。
































武将紹介のコォ〜ナァ〜。




シュクユウさん。

祝融さん。

南蛮の女王様が色々とはっちゃけた姿で再臨。ネコミミが2の時より進化してるよかーちゃん!
あと尻尾! それ確実にオシャレ目的ですよね! 意味無いですよね!   だがそれがいい。
とりあえず今Ver.を代表するそっち方面のカード筆頭です。かーちゃん上着忘れてるよ上着!!

人物像に関してはいつも通りwikiで。簡潔ですがね。 

まあアレだ、女性ながらも蜀の歴戦の武将を2名も生け捕りにした  という設定は凄いと思うのよ。
演義にしか登場しないけど、きっと著者も「華が足りねぇなぁ」とか思っちゃったんでしょう。  グッドジョブ。



本作での能力は、コスト2で7/4 魅・勇持ちの『象兵』ですな。
能力インフレのこの時代2コスで武力7はちと寂しいですが、ここはやはり兵種に注目すべきでしょう。
大戦3で復活した象兵ですが、やはり『相手をはじく』という独自性は素晴らしいですな。
柵を守るのに乱戦しにきた武将をドーン。そのまま柵にガッツンガッツン。
攻城阻止に乱戦しにきた武将をドーン。そのまま攻城ドーン。
こっちに攻城しにきた武将を攻城ラインの外へドーン。相手の攻城メーターリセット。
うーん、汎用性抜群。アタッカーにはなりにくいけど、使用方法はいくらでもござんすな。

勿論象兵の『堅さ』も健在。同じ武力の他兵種と乱戦するとこちらの兵力が4割近く残ったまま勝ちます。かてぇ。

ただし、弱点も。
一つは、攻城力の低下。大戦2では歩兵と同じレベルの攻城力だったのが、今回は騎兵よりも若干多めといった程度にマイルドに。
それこそ、相手は必死で象の攻城を止めなくてもいい様になったんスね。ワンスルーとかザラ。
そしてもう一つは前回から変わっておりませんが、騎兵と弓兵にはとことん弱い事。
速度が騎兵に次ぐ速さとはいっても、結局騎馬よりは遅い訳だから突撃され放題。
弓兵に至っては走射アクションが追加され、ただでさえ弓の攻撃に弱かった象が更に窮地に。逃げながら撃たれたら為す術なし。

でもまぁ、そこらへんの弱点を分かってから運用すると結構使えるんスよね。
今後新たな使い方が研究されると思うスよ。


で、もう一つ触れておくべきなのが計略。士気4消費で

『象兵召喚』

そう、この人も召喚師なんスね。しかも呉じゃない。群雄勢力で。これは革命ですよ。
これはつまり、単色で苦楽デッキが組めるという事。うわーお。
召喚されるのは武力4の象兵で、突撃兵と同じく強制前進型。召喚されるのが歩兵ではなく象兵という所がミソ。
召喚して少しの助走の後オーラを纏うと、接触した相手を弾く訳ですよ。
つまり、歩兵の様に相手の城に到達する前にあっさりと乱戦で落とされるという可能性が少ないんスね。
そして相手の城に張り付いた所でも真価を発揮。『象兵は乱戦に強い』んスよ。
だから、相手に騎兵の突撃等の瞬間的に大ダメージを与える手段が無い場合は泥試合に持ち込むことが出来ると。
歩兵より足が速いのも利点ですかね。端っこに召喚すると結構攻城取れたりするんスよ。


そんで一番伝えたい事ですが。


ゲーム中の武将の3Dモデリングが今回凄い事になっておりまして。

SEGA「気合い入れてみた」

特に女性武将のモデリングは力作と呼べる程の細かさ。これも一種のSSQか。
もうね、祝融さんこのまんまです。ネコミミと尻尾とかいう記号を付けただけどか、そういうんじゃないの。
もうカードそのまんま。忠実過ぎる再現です。やるじゃないか、SEGA……!
演武場で祝融姐さんの雄姿が録画出来たんでコッソリ。

もっと凄いのが、新カードだけではなく旧カードも新ポリゴンになっているという点。
これはR辛憲英を使えという神の意思……か……!?




             \ここにいるぞ!/



君は黙っとれ。
posted by 螺旋 at 02:51| Comment(0) | 三国志大戦3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする