2013年04月30日

三国志大戦3の話 七十九戦目




先月8周年だねーとか言っていたら4月に入りイベント告知が何も無く戦々恐々とした日々を過ごしておりましてね。
もしやこのまま放置、8周年記念キャンペーンが最後のイベントじゃったー とかになったらどうしましょうと。

そんな中で大戦の広報ツイッターにて

>「三国志大戦」についてですが、4月のイベントは特に予定しておりません。
>このため告知POP等もございません。5月以降のイベントにつきましては現在、調整中とのことです。


ホンマかー! 5月にイベントあるんかー!
龍玉の辛憲英♪服は出るんかー!

>ただし「龍玉イベント」につきましては、今までに発表したモデル(+一瞬間違えて告知した妖艶兵赤)の再来・再再来のみとなります。

ノゾミガタタレター


ああー、新しいモデルは無いのかー。そうかー。そうかー……  グスン


まあね、流石に毎月毎月新しいのはね。分かるんだけど、寂しいのう。妖艶兵だけではのう。
斜陽という言葉はあまり使いたくないけど、まあ今回がきっかけの一つにはなるのかしら。個人的にね。

5月は何かしらイベントがあるといいスなぁ。












































武将紹介のコォ〜ナァ〜。



は、ぶっちゃけネタ切れです。はい。
いえね、プリンタが壊れちゃってさ。スキャナ付きの複合機だったもんで。
それで手持ちのカード画像のストックが切れちまいましてね。新しくスキャン出来ない訳で。
つってももう新カード持ってないんでね。そういう意味でも完璧ネタ切れですわ。

結局セルベリアと最終兵器は引けなかったなぁ。今ではカード排出台を探すのも一苦労だし。
カードショップで買おうにもお高いし、というかそもそも在庫が無いし。
近所のショップではついにバインダー販売になりました。うーむ、時代か。

今はTCGですかね。何だかんだで結構盛り上がってるみたいじゃないスか。
アタシも新しい弾が出たらとりあえず1BOXは買ってます。5弾は封入率が変わってSRが出易くなってるみたいスね。善哉善哉。

という訳でこのコーナーは今回で終了という事で。少なくともACの三国志大戦のカードを紹介するのはラスト。

ていうか三国志大戦の話というカテゴリもイベント如何によっては今回で終了かなー。
まあアレね、月一では無いかもですね。不定期って事で。はふぅ(溜息)
posted by 螺旋 at 02:17| Comment(0) | 三国志大戦3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月30日

三国志大戦3の話 七十八戦目






なんだかんだで8周年。8年て長いスなぁ、本当に。
当時はそりゃあ画期的なゲームだってんで話題になりましたわ。
ゲーセンで順番待ちなんて、それこそ格ゲー全盛期以来の体験だったもんですよ。

しかし8年か……そりゃ螺旋さんも年を取るもんだわ。
今現在は戦国の方をメインにやっとりますが、タッチアクションとかもう手が追い付きませんで。
そう考えると三国志の方が操作の負担は少ない筈なんスけど、5枚デッキも満足に扱えないスからね。
最近の臥龍デッキのトレンドは槍に2度掛けしてハイスピード槍撃ってのを聞いたんスけど、いやはや。
普通でも槍撃とか出ないのに、速度なんて上がったらもう。

というか基本的にやりたい事が李通の隠密臥龍か夏侯淵の臥龍乱れ撃ちなもんでね。相性が良い相手にしか勝てないという。
まあそれは腕が無いからなんですが。いやー、ハッハッハ。

いっその事前に使っていた呉を使ってみようかしら。弓って素敵やん?
でもセルベリアも最終兵器もまだ持ってないのよね。今じゃあショップでも売り切れちゃってるし、排出で狙おうにも排出台が少ないし。
難しもんですな。いやはや。

まあまあ、これからもちょいちょい遊ばせて頂こうかなと。
TCGの方も楽しませて頂いてるんでね。

それはそうと辛憲英服♪(ry













































武将紹介のコォ〜ナァ〜。



でんぽうさん。


田豊さん。

袁紹軍随一の忠臣が仙人っぽい容姿でSR参戦。


スペックは

2コスト 天属性 槍兵 武力5 知力10 伏兵 募兵 大軍 『秘めたる神術』消費士気6

というもの。
2コス槍兵で武力5というと脆そうな感じですが、特技の募兵と大軍で想像よりしぶとい軍師様です。
号令持ちという点も含めて考えると悪くないスペックですわ。

計略の『秘めたる神術』は号令にして旋略というシロモノ。
↑方向で使用すると最大士気が多い程武力上昇値が上がる号令。ただし使用時に最大士気が1減少。
士気MAX、12の状況で使用すると武力+8。士気11の状況だと武力+6になるみたい。
こういった効果から連続で使用するものではなく、相手が逃げられない状況で殲滅させる使い方が理想ですな。
使用しても相手が逃げちゃったりスルーしちゃったりしたらあんま美味しくはない感じかしら。

↓方向で使うと武力と知力が下がる妨害計略。オマケに効果中の敵を倒すと士気が戻ってくるという事実。1体につき1バック。
低下値は武力知力共に−3、士気6の妨害としてはちょっと控えめな性能ですが、オマケの士気バックがとても素敵。
効果時間が妙に長いので守城時に使って敵を数体倒すとカウンターが狙い易くオイシイですな。

色々な効果が有るので使い方次第で可能性が広がる良いカードですな。
まあ以前かなり暴れたおかげで今ではマイルドな性能になっちゃってますが、まだまだ使えないって事も無い訳で。
奥義と絡めたり他の計略と重ねたりする事でナイスな未来が待っているでしょう。







posted by 螺旋 at 02:14| Comment(0) | 三国志大戦3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月28日

三国志大戦3の話 七十七戦目




バージョンアップしたねー君たち。

一応システムも変わったみたいスね。士気上昇速度が下がったり。
結果的に1試合での総士気が下がったて事スかね。それでも前の前よりは士気が使える……のかしら?

計略はフラットになったのかな。出る杭が打たれて打たれ過ぎた杭が引っこ抜かれる感じで。
奥義はどれも下方修正のようで。まあどれも螺旋さん使ってないからセフセフ。
計略もそうなんスけどね。使ってる武将はノータッチ。良い事なの悪い事なのか。

そして辛憲英服♪は(ry












































武将紹介のコォ〜ナァ〜。





しんらくさん。


甄洛さん。

袁紹の子の妻から曹丕の妻にクラスチェンジした悲運の皇后も漢軍に参戦。


スペックは

1コスト 地属性 騎兵 武力2 知力5 魅力 『逆境の雷撃』消費士気3

というもの。
1コス騎馬で武力2のダメ計持ちという点でかなりのハイスペック。
端攻めの時とかに武力2が活きてくるのよね。1と2の差は天と地の差。

しかし何といっても注目すべきは計略。1コスが持つダメージ計略でここまで効果が大きいものはなかなかありませんや。
しかも消費士気3。何そのチート。

とか思いがちだけど、そんなにおいしい話がある訳が無い。
この計略が真価を発揮するのは自軍の最大士気が−6以上になってからというオチがつきます。
まあ逆境系計略ですからね、そりゃあ仕方ありませんや。
威力の目安として最大士気減少値−5の知力を確殺出来るようで。
つまり最大士気が5個潰れていたとしても、知力1すら落とせない。そういう事スね。
6個潰れていれば知力1が確殺。脳筋殺し極まれり。

という感じで、最大士気がどんどん削れていく度に威力が上昇していくと。そういう計略であります。
この計略自体使用すると最大士気が1個削れるんで、使う度に威力は上昇していく訳ですな。

ただし最高の威力である最大士気3の状況で撃てるのは1回限り。
いや勿論最大士気を増やす計略を使えばその限りではありませんが。奥義の兵書、同盟締結でもね。
でも最大士気をそこまで削るのは試合も終盤、そんな時に悠長に最大士気を増やす計略を使うってのはあんま考えられない展開スね。
それこそ奥義使用で士気上限を増やして最大士気3から2連発なんて荒技も出来ますが、まあ浪漫ですわ。

という訳で、この計略はメインに使うものではなく最後の一手として使うのが妥当でしょうね。
ラストでの超絶強化対策とか、城際で乱戦されている所にズドーンと落として1発もぎ取るとか。
そういう意味では抑止力としての力も持っているカードなんで、スペックも含めて良カードだと思います。


posted by 螺旋 at 00:59| Comment(0) | 三国志大戦3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月29日

三国志大戦3の話 七十六戦目










パンダて。

いやまあ、軍師田中(仮)がオススメしてるデザインは毎度残念な結果だっていうのは分かってましたけど。
それに年末から年始にかけてのキャンペーンの方で袁紹服♪と孫尚香服♪が出たスからね。そっちが本命だっちゅう事で。

そしてアレね、サーバートラブル騒動ね。
真逆鯖落ちが起きるとは思いもよらず。しかも長時間。結局丸一日くらい落ちてたんだっけか。
天下統一大会のラスト2時間くらいから回線が繋がらなくなってたみたいで、結局大会結果は22時までを反映って感じらしいスな。

基本そういった大会で上位を狙うなんて事をしたこたぁない身なんで螺旋さん自身にダメージは有りませんでしたが、そうでない人もいる訳で。
結局原因は雪だったんスかね? 詳しくは知らないスけど、気象ならば仕方ないかなーと。

とりあえずアレだ、辛憲英服♪を出して頂きたい。これはもう出してくれるまで何度でも書きます。絶対。












































武将紹介のコォ〜ナァ〜。






りょきさん。

呂姫さん。

呂布の娘が鉄腕になって参戦。こちらもビッグコミックスピリッツとのコラボカード。
元ネタは鉄腕バーディー、イラストレーターはゆうきまさみ氏です。俺によし。


スペックは

1.5コスト 天属性 騎兵 武力6 知力2 魅力 勇猛 暴乱 『鉄腕気炎撃』消費士気7

というもの。
1.5コストで武力6の騎兵、しかも特技3個所持。なんという贅沢仕様。
魅力と勇猛は言わずもがな、コスト比最高武力で暴乱持ちという点が実に素晴らしい。
暴乱デッキではファーストチョイスになり得るカードですな。

計略の鉄腕気炎撃は敵武将の武力を参照してダメージを与える計略で、範囲は自分中心の円形。
大きさは父上であるSR呂布の持つ飛将気炎撃より若干小さいくらい。それでも結構な大きさですけどね。
今例に挙げた飛将気炎撃より消費士気が1少ない代わりにダメージ自体も控えめ。
確殺が武力1のみで、それより上だと兵力は半分くらいしか削れません。まあ1.5コスの持つ計略と考えれば十分ですけどね。
他の武力差ダメ計と同じ様に最低でも25%のダメージ保障はあるので、自分より高武力の相手でも兵力が2割程度なら落とせます。
ただまあよっぽどの事じゃないと使わない計略だとが思いますわ。ピン落としを狙うにしても士気7は重過ぎますし。

この計略は舞い計略を相手にした時はかなり使える計略である事は確かですな。
自身が騎馬であり、かつ計略範囲が割と広い。しかも範囲内の全ての敵にダメージ。
舞いを守っている武将がいても範囲内に舞い武将が入ればOKだし。ついでに範囲内の武将にダメージ。これはおいしい。

武将一体を狙うなら猛将の一閃等を使えば良い訳で、このカードは裏の手として抑止力を働かせるのが一番の役目かもしれないスね。
ぶっちゃけ計略を使わなくたって素のスペックだけで使えるカードですもの。
そこに裏の手も仕込めるとくれば人気も出まさぁね。
posted by 螺旋 at 02:13| Comment(0) | 三国志大戦3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月24日

三国志大戦3の話 七十五戦目





なんかもう月イチで龍玉キャンペーンの話題をするのがお約束になっておりますが、まあ仕方ないね。
今回もしめやかに取得してきました、仮装兵。
つっても12月中には3回もキャンペーンあるんでね。ようやりますわ。まあ3つめは1月中旬までやりますけど。
それを考慮してか今回は龍玉の数が5個というね。いやー、有り難い。
1個目は♪が付いてなかったから5個でも納得だったですよ。青色姑娘兵だっけ。女性モデルだけど5個ってのは予想外。

そんで2個目のイベントが♪付きだったから9個かなーと思ったら真逆の5個。♪付きでこの数は驚愕。
取得してみたら朱治服♪で更に驚愕。つーか懐かしいなオイ! 朱治兵なんて最初に出たのいつよ!
あっちの方で「そろそろ俺の出番だろうが! 馬鹿野郎が!」って声が聞こえてきそうです。
でも多分次の青い国の仮装兵士はセルベリア尚香とかになりそうな気が。SSQ。

で、天下統一大会もありますな。もう始まってんのかな。
今回は合計コスト12まで登録可能という点のみが特別ルール。
はい、コスト増加という点で嫌な予感がするので今回もスルーさせて頂きます。
もう究極と至高と地獄の蓋がカパカパ開くのを見るのは勘弁であります。












































武将紹介のコォ〜ナァ〜。






えんきさん。

袁姫さん。

偽帝袁術陛下の娘も玉璽を手に参戦。猿のむすめがこんなにかわいいわけがない。
流石董白を引っ張り出してきたSEGA、見つけてきますなぁ。



スペックは

1.5コスト 天属性 弓兵 武力4 知力4 魅力 暴乱 募兵 『玉璽の妖力』消費士気5

というもの。
漢軍の1.5コスという激戦区の中ではスペックを見るとちょっとションボリ気味。
一応募兵付きの弓だから相性は良いっちゃあ良いんスけどね。暴乱と魅力も持ってるし。

特色を出すのはやはり計略という事で、専用計略の玉璽の妖力です。
旋略系の計略であり、↑で使うと戦場で最も武力の高い味方の武力が+8。
↓で使うと戦場で最も武力の高い敵部隊の武力−8・知力−8・移動速度0.6倍。
そしてそのどちらの場合でも使用時に最大士気が−1されると。そんな計略です。

↑で使う場合は同じ国にSR曹皇后がいるんでなかなか頭を出し難い状態。国力が必要だとはいえ、向こうはデメリット無しスからね。
投げ計略だから重ねがけも出来るけど、士気10使って武力+16で最大士気−2。これをどう見るか、ですな。
↓で使う場合はR貂蝉の誘惑と同じ使い方で。所謂ワントップ殺しってヤツですな。
誘惑と違いこちらは知力が−8なんでキーカード潰しには向いているかも。
ただまあR貂蝉はコスト1の騎兵で武力1ながら知力6の伏兵持ち。ワントップ対策ならそっちの方がいいでしょう。

という感じで、R袁姫さんを進んで使うという理由がなかなか見つからないのが現状であります。
光明を見つけるのならば、やはり特技暴乱でしょう。
他の乱計略持ちと上手く組んで暴乱デッキにすればなかなか面白いデッキが出来るかも。
ただし多色で組んだ場合は最大士気が下がるというデメリットが単色時よりも更に重くのしかかってきますんで、要注意ですな。



posted by 螺旋 at 02:41| Comment(0) | 三国志大戦3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月30日

三国志大戦3の話 七十四戦目




「EX曹操とEX劉備の声付き仮装兵士が来たら俺の出番じゃねえのか馬鹿野郎が!」

って言ってた。孫策が。そしたら

「流石は伯符!」

って言ってた。周瑜が。

まあ龍玉キャンペーンのチョイスはいっつも斜め上ですからね。SSQ。
でも流石に群雄王異とは思わなんだ。いやまあ上で述べた通り何でもアリですけどね。
戦国とのコラボとかもやっちゃったし。

ていうか何でもアリだったら辛憲英♪兵実装。はよ。はよ。


そういやEXカードは全て揃えました。EX呂布までで5枚。セフセフ。
まあそのEX呂布は……ハハハ。いやいや、EXカードっていうのはそういうもんさ。うんうん。
え? 真桃園? あれは何かこう、もっと違うものです。ええ。












































武将紹介のコォ〜ナァ〜。





かんねいさん。

甘寧さん。

スピリッツとのコラボキャンペーンによる1枚。ツッコんだら負けです。
元ネタはギャグ漫画『伝染るんです』のかわうそ。『魂のかわうそ』って何だよ。  あ、ツッコんじゃった。



スペックは

1コスト 地属性 槍兵 武力3 知力3 勇猛 『伝染るん戦法』消費士気5

というもの。
1コスト武力3で勇猛持ちなのでなかなかのもの。槍兵だから乱戦も多く、一騎打ちで大金星も狙えますな。知力も3と低くはないのが嬉しい所。
特筆すべきはやはり計略の伝染るん戦法。
武力+4と乱戦相手の武力−4&毒効果という単体強化+弱体という特殊な効果で、特殊効果の毒が実に強力。
乱戦した相手の兵力をモリモリ削り取っていきます。wikiには乱戦のみの勝負だろ武力10大軍持ちですら余裕で勝てるって書いてあります。怖!
自分の武力が上がって相手の武力が下がるから、乱戦ダメージ自体増えるんスよね。怖い怖い。

ただまあ計略使っても武力は7にしかならないんで、高武力の弓なんかで狙われると結構あっさり落ちちゃったりします。
上手く使うには相手が乱戦せざるを得ない状況で使うのが一番でしょうな。
攻城時は自身が城門に突っ込みつつっていう戦法を取りたい所ですが、悲しいかなコスト1。城ダメはあまり期待できませんわ。スルーされちまいます。
となるとやはり守城時でしょうな。城門をしっかりと守りたい時にはこれほど頼りになるかわうそはおりません。まあ他にかわうそいないけど。

呉単で1コス槍に迷ったら選んでみるのも一興かと。計略ムービー面白いし。


posted by 螺旋 at 02:14| Comment(0) | 三国志大戦3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月29日

三国志大戦3の話 七十三戦目














SEGA「終了! EX強いよキャンペーンは終了です!」

孫策だけを殺すバージョンアップかよ! というくらいの勢いで弱体化されたEX孫策兄ちゃん。
結局ガッチリ具合を確かめる前に弱体化されちゃったなぁ。まあ流石にダメージ9割カットが8cってのはね。
一応ダメージカット率は7割弱は残ってるらしいけど、効果時間が6.5cってのはね。士気6でこれはちょいとキツいスわ。
あと同じEXとしてEX劉備もメスが入ったみたいて計略時間が短縮されてたけど、こちらは桃園の仕様上弱体という訳でもなし。
むしろ長引かないから事故の確率が減って強いと言う人も多数。


で、新しいEXカードも出ましたな。漢でEX夏侯惇&夏侯淵。TCGの画集に付いてくるってんで、速やかに確保しましたわ。
まあトンとエンが漢軍で出るとは思いもしませんでしたけど。スペックはこんな感じ。

漢 夏侯惇&夏侯淵 3コスト 天属性 騎兵 武力8 知力8 覚醒 勇猛 大軍 『憂国の攻勢』士気6消費

漢軍初の3コストで真逆の号令持ち。覚醒後に9/9勇猛大軍とかね。心強いわー。
計略の憂国の攻勢は国力を1つ消費して範囲内の漢の武将の武力を+6、効果終了後は最大で士気5バック。なんという燃費の良さ。
国力を消費するもR田豊の戦乱の攻勢と違い最大士気は下がらないんで、国力が続く限り出す事が可能だとか。
効果を受けた武将の数がそのまま士気バックに繋がる方式みたいなんで、自身を含めた5枚デッキが最大の恩恵を受ける感じですかね。

ただ3コスなんで5枚デッキにしちゃうと組み方が難しくなるのがね。2コスを入れて2トップにするのか、1.5コス2枚で号令で押すのか。
まあ自身が漢軍最大武力になるんで、投げ計略を使って号令役かつアタッカーとして使うのもありでしょうね。旋略・弓馬伝授とか。


そして月末にはEX呂布の登場ですよ。現時点ではカードのスペックと計略の名前、消費士気だけ分かっている状況ですかね。
スペック自体は天下無双呂布と同じ10+/1で勇猛持ち、違うのは計略が『天下無双の進軍』消費士気12のシロモノだという事。
計略が範囲計略だし。しかも消費士気12。フルですよフル。号令持ちの呂布とか何それ怖い。
あと数日すればどんな効果かは分かりますが、はたして。       ……効果範囲全員が天下無双状態になるとかだったらどうしよう。











































武将紹介のコォ〜ナァ〜。






りょふさん。

呂布さん。

言わずと知れた三国志界での伝説、4枚目の登場。




本ゲームでの能力は

3コスト 人属性 騎兵 武力10 知力2 勇猛 募兵 暴乱『赤兎咆哮』消費士気5

というもの。
4人目の呂布さんは武力がちょいと落ち着いて少しおりこうになりました。まあ10+が10になったところで誤差かもしれないけど。
螺旋さんあんまり呂布使った事ないんで詳しい事は分からんです。申し訳ない。実際どうなんですかね、+の影響って。
でもまあこのカードに関しては知力が2になったという点が非常に重要。
知力1と2の差って物凄いものがあるのよね。雷1本なら耐えられるんですよ、これ。
そして妨害計略の効果時間ね。これが1と2じゃ目に見えて違う。大事ですよ、ホント。
特技も山盛りだし。募兵付きだから延々と戦場に居座る事も可能。相手にしたら板ですよコレ。
そして暴乱持ちだから暴乱計略とこコンボが出来るというのも強み。

計略の赤兎咆哮は士気5で武力+34・1.8倍速・突破&猛進効果付与で効果時間4.5c。
武力+34とか悪ふざけの領域ですけどね。どっこいこれが現実ッ……! 短時間とはいえロードローラーの様に敵武将を蹂躙していきますよ。
でも付与される突破&猛進効果が厄介でして。強制移動かつ乱戦による速度低下効果無効だとなかなか相手武将に武力ダメージを与えられないんスよね。
理想は超武力で相手の群れに突っ込んで乱戦しつつ溶かしていくってのをやりたいんですがね。

で、ここで代表的な暴乱計略とのコンボ。
賢遅の乱で呂布の速度を落としつつ知力を上げ、そこから赤兎咆哮。
移動速度低下というデメリットがむしろメリットになるという事実。
猛進効果は残るので、城際での戦いの時に城壁に沿って真横に向けて発動するのが吉。
相手が多人数で城に張り付いてきた所を一網打尽に出来るナイスなコンボであります。士気8使うけどね。

その他にも強進の乱と組み合わせて城門に突っ込みつつ猛進効果打消しで城門居座りとかね。うわー、想像しただけで怖い怖い。ウチのデッキダメ計略おらんのよ。
ただまあ同じような事がR兀突骨でも出来るってのがね。武力も10で一緒、乱戦なら象兵の方がいいじゃないってんでコストの兼ね合いからこちらを選ぶ人も。
赤兎咆哮を選ぶ場合は超武力を活かした戦いをしたいスね。
posted by 螺旋 at 02:34| Comment(0) | 三国志大戦3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月30日

三国志大戦3の話 七十二戦目







やべっ、新EXカードの事書こうと待ってたら10月突入しちゃったわ!
なので慌てて書いて、時空の歪みから9月投稿にすり替え。よーし、ばれてないばれてない。






なんかバージョンアップしたとかで。
システム面では声望の増減値が変わったみたいスけど、まあアタシには関わり合いのない事でござんす。
メインは計略の修正だったみたいだし。

基本的に下方修正が目立つ修正みたいスね。マイルドですけど。
や、あしたの夏侯惇は流石に効果時間大幅カットになりましたけど。それでも12cあるし、まだまだ。
鶏肋の範囲拡大は上方修正だって? いやあれは下方でしょう(断定)

まあ個人的には使用しているカードにメスが入らなかったので一安心。
むしろ人馬一体が下方修正された事で臥龍を使う方が減るのではないかと密かにワクワク。
いやー、ねじ曲がってますね相変わらず。仕方ないね。それが螺旋さん。



そういや今月はEXカードが2枚出るってんで、皆様は既に入手されましたでしょうか。
まずはカードゲーマー付属のEX孫策。3コス槍で武力9知力6に特技魅・勇・軍の3つ持ち。EXとは思えないハイスペックですなぁ。
計略『雄飛の極意』は消費士気6の計略で、字の通り極意系の号令。範囲内の人数によって効果が変わると。

>範囲内の味方の武力が上がって、部隊数に応じて追加効果
>1部隊:武力と移動速度が上がる
>2部隊:計略終了時に撤退
>3部隊:武力ダメージを軽減
>4部隊〜:かかっている敵の計略による効果を消す


だそうで。まあ詳しくはwikiにてって事で。
話によると3部隊がけがとんでもないらしいじゃないスか。
所謂河賊の粘り、ガッチリですな。ダメージ軽減。
これの軽減率がハンパじゃない模様。8割カットって何その効果。
そりゃ士気6だし本家ガッチリと比べるもんじゃないってのは分かりますがね。
しかも呉限定じゃないという事実。これは恐怖ですよ。そりゃあ流行りますよ。カード使用率1位にだってなりますよ。
どうやら再起の擁護者入れて前出しゲーが加速している模様。武力40↑の呂布と乱戦しても2割くらいしか減らないってんだから恐れ入りますわ。
多分というか確実に修正されると思うので、強さを実感した人は今のうちに使うのが吉ですな。


そしてもう1枚のEXカードはアルカディア付属のEX劉備。
1.5コスの槍で武力4知力6、特技は醒・魅・募。まあ1.5としては普通なスペックですわな。号令持ちってのを考えれば良カードかと。
計略『真・桃園の誓い』は消費士気9で劉備・関羽・張飛のみに効果が及ぶ号令。五虎将号令+桃園みたいな感じ。
使い方は五虎将号令と同じ感じだけど、こちらは桃園の効果も入っているんで誰かが撤退したら全員オダブツ。怖い怖い。
張飛なんかがダメ計で狙われるとあっという間に悲しい事になるんで、そこらへんを他のカードでフォローしたいスね。











































武将紹介のコォ〜ナァ〜。






ばとうさん。

馬騰さん。

西涼の雄であり馬超のパパでもあるバトーさんが黄金聖闘士となって復活。多分先代の天馬星座。




本ゲームでの能力は

2.5コスト 地属性 騎兵 武力8 知力7 魅力 勇猛 募兵『決起の神速号令』消費士気7

というもの。
過去登場した馬騰の中でも最高のスペック。号令持ちでこの能力は素晴らしい。
漢軍という事で決起系計略、しかも騎兵以外でも武力が上がるという特色があります。
ただまあやっぱり騎兵にかけた方がね。
国力が上がる度に効果が上がるのが決起系の特色であり、突撃ダメージと速度も国力に応じて上昇していきます。
国力2の時点で神速の大号令より数値的に上回り、国力3のMAXで使うと武力+7・突撃ダメージ3割増し・騎兵の速度2倍以上という
ある意味やり過ぎもいいところな計略効果となります。
武力+7状態の白銀の獅子が束になってかかってくるとか、何その地獄絵図。

まあ効果だけ見るとかなりの強さなんスけど、そこに持って行くまでがね。
決起系は十分な効果を得るのに国力を溜めないといけない訳で。だからこの号令も十分な強さを得る為には2回程決起計略を使わないといけない。
しっかりとお膳立てをしないとイカンっちゅう事ですな。そしてこの号令の消費士気は7。まあ軽くはないスな。
この計略をメインにする為には士気の無駄使いは控えていつもより計画的な運用を心掛ける必要がおござんすね。

まあシステム変更で士気上昇速度が上がり豊富に士気を使えるようになった今現在、風は追い風ではありますかね。
posted by 螺旋 at 03:14| Comment(0) | 三国志大戦3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月25日

三国志大戦3の話 七十一戦目







久々に、本当に久々に全国対戦をしたでござるの巻。
いやほら、3連続龍玉キャンペーンとかやってたからさ。
流石に全部揃えるまで牛狩りってのも味気ないというか。
今回は曹三姉妹という事でね、7個×3回で777で私たちにおまかせだよー ってやかましいわ。

まあでもそういうのはいいから辛憲英♪服をはよう。


で、まあ半年以上ぶりの全国対戦ですが。
6戦やって1勝4敗1分。まあそんなもんですよ。最新20戦が6勝でーす。ゲラゲラゲラ。
そんだけやって証が下がらないというマジック。それが証13クオリティ。

いやでも本当に全国は定期的にやってないと駄目ですわ。
もうカードの動かし方とかがさんざんですわ。動かし方っていうか、戦略眼?
自分のやりたい事は出来るけど相手のやってきた事に対応できないというね。
雄飛昇華デッキとかにケチョンケチョンですよ。あ、セルベリアの方ね。
臥龍乱れ撃ちじゃ勝てなかったよ……

やっぱアレね、このゲームは位置取りが大事ね。
いくら武将を強化しても、結果として攻城に繋げられなくちゃ意味がないという。
そうそう、このゲームって敵を倒すゲームじゃなくて城を殴るゲームだからね。


んー、でもなんか最近臥龍デッキが結構流行っているみたいなんスよねぇ。
臥龍人馬ね。SR趙雲で。かなりの強デッキみたいスね。刺さらない高速馬って本当に便利。
で、そういうデッキにアタシのデッキはすこぶる弱いという。槍が1枚だけなんで。
臥龍対決すると絶対に負けるというお約束。こちらの騎馬はUC李通なんで。
隠密しても一回場所がバレたら即終了。神速騎馬で延々と乱戦される訳ですよ。こっち武力低いからさ。

んー、やっぱ変えるかなぁ。デッキ。なんとかして李通を使いたいんスよね。
李通を有効的に使うとなると、隠密戦法を活かすか素のスペックを活かすかのどちらですわな。
計略の方は色々なデッキに応用出来るけど、スペック目的だとやっぱり英知号令デッキになるのかしら。知力的な意味で。
騎馬中心デッキは螺旋さんの腕じゃ扱えないもんで。2枚まででイッパイイッパイ。

でも英知デッキだと機略と合わせるのがお約束みたいになってないスかね?
1.5コスを入れるとなると2コス枠はあまり入らないみたいで。号令デッキだと5枚よね。
騎馬が2枚までとなると英知曹操とUC李通で終了なんスよねー。となると1.5には槍か弓。
スペックとか計略を考えるとC郭准とかかしら。R司馬師とかも考えたけど、長射程反計とか螺旋さんにゃ使いこなせんですよ。

1コス枠は辛憲英先生で1枚埋まってるんでね。英知デッキで使わないでどこで使うのかと。
残る1コスは槍が欲しい。騎馬牽制の為に。となるとUC丁夫人かUC賈充になる訳で。
丁夫人は柵持ちが有り難いけど郭准と計略が微妙にかぶる、賈充は英知の謀略に回す士気がない……むむむ。
そういや英知の謀略って下方修正されてたっけか。あー、こうなると丁夫人一択かしら。

完成したデッキを見てみると

SR英知曹操 UC李通 C郭准 UC丁夫人 UC辛憲英

……やっべ、勝てるビジョンが浮かばねえ。
教え英知号令からの看破というフルコン狙いで落城まで持っていけるなんて甘い展開はそうそうないでしょ。
うーむ、やはり1.5の枠を郭准ではなく他の計略持ちにするべきか。
C満寵……うーむ。悩むね。



あ、1コス槍ってUC王元姫もそうか。柵は辛憲英先生で1枚有るし、どうせなら1回しか使えない看破よりも回数使える反計の方がいいかしら。
どちらにしても悩む。むむむ。











































武将紹介のコォ〜ナァ〜。






もうかくさん。

孟獲さん。

南蛮の大王も3枚目の登場。
孔明にさんざんボコられても不屈の闘志で立ちあがるナイスガイ。まあ最終的に下るんですけど。


本ゲームでの能力は

2.5コスト 地属性 象兵 武力8 知力4 復活 勇猛 暴乱『南蛮の極意』消費士気6

というもの。
2.5コスでこのスペックはそこまで良いとは言えないものの、復活持ちなので割とガシガシいけるのが強み。
象兵だから乱戦上等、そこで勇猛持ちも活きてくる訳ですな。もし一騎打ちに負けちゃっても復活持ちだからある程度はカバー可能と。

注目すべきは計略。
『南蛮の極意』は他の極意系計略と同じく範囲内の味方象武将の数で計略効果が変わってくるというもの。
基本的にどのバージョンでも武力は上昇します。値は増減しますが。

範囲内に誰もいない、孟獲一人がけの場合は巨大化して武力UP。はい、巨大化です。南蛮の秘術です。
ユニットの大きさが2倍以上になります。最初に見た時は吹きだしました。
巨大化して武力が上がるだけで他には何も効果はないんですが、デカくなるというのはそれだけで武器になるという事なんスね。
つまり、乱戦出来る敵部隊が増えると。守りでこれを使うと守城が実に楽になります。弓マウントしてる部隊まで乱戦に持ちこむとか出来るし。

2人がけの場合は移動速度が上がりはじき距離が増えるというもの。
攻めで使うのならばこれが一番便利かも。相手のラインを崩しつつ攻め上がれるし。
ただ速度が上昇するという事は槍に刺さるのでそこだけ注意。

3人がけの場合は速度上昇+人馬効果。槍に刺さらなくなります。
こう書くと便利そうだけど、武力上昇値がそこまで高くないので相手の号令でプチッと潰されちゃうのが痛い所。

4人がけは移動速度上昇+突破戦法。乱戦中もヌルヌル動きます。
でも速度上昇してるので乱戦から抜け出した後もう一度槍兵に乱戦しようとすると刺さったりします。
ぶっちゃけ使う機会はないでしょう。

という事で、使うなら一人がけか2人がけになるでしょうな。
巨大化は他に攻城役がいるなら攻めで使ってもいい良い計略。
暴乱持ちという点も踏まえて、R兀突骨なんかと一緒にダブル象さん決めるのも大いに有りかと。
強遅の乱とか強進の乱で乱戦力を上げれば更にいいんじゃないスかね。浪漫浪漫。

posted by 螺旋 at 00:55| Comment(0) | 三国志大戦3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月28日

三国志大戦3の話 七十戦目




Ver3.594が稼働したと思ったら一ヶ月たらずでバージョンアップしたでござるの巻。

まあ行き過ぎた計略をマイルドに調整したって感じみたいスけどね。
狼顧とか凄かったもんね。まあまあ、短い夢だったという事で。
それだって別に弱くなった訳じゃないもんね。使える士気が増えるっちゅうシステム変更がある訳だし。

個人的には八つ裂き車輪兵が下方修正された事がニンマリ。
いや、螺旋さんのデッキは張翼さん入れてるけど計略殆ど使わないからさぁ。
2コス槍で柵持ちってのが大事な点だし。パーツよね、パーツ。
だから「はいはい八つ裂き八つ裂き」とか思われなくなるってのは実に良い事なのです。うーん、狭量。


そして辛憲英♪服マダー?




そしてTCGの絵柄を使ったEXカードの詳細もきましたな。
第一段は曹操という事で、8月末のアルカディア電撃アーケードに付く模様。

どちらの雑誌も同じカードが付くみたいスな。
やっぱトレカの新規イラストかっこいいのう!
能力は驚きの

1.5コスト 騎兵 天属性 魅力 『五将軍の大号令』消費士気12

というロマンカード。
まあ五虎将劉備が通常排出されているんだからそこまで浪漫でもないって話ですけど。
むしろスペックで言えばガチですよコレ。知力10て。
劉備の方は知力7に募兵が付いてますけど、騎兵に募兵付いててもそんなに有り難くはないし。
だったら知力10と素のスペックが高い方がね。
まあこれは号令内容を完全に五虎将の大号令と同じ感じで考えちゃってる前提なんでアレですけど。

でもやっぱり同じ計略内容であって欲しいとは思いますわ。武力上昇・兵力回復(復活)というヤツね。
魏の五将軍だと張遼・楽進・于禁・張コウ・徐晃になるのかな。
こうやって見ると蜀の五虎将の方がタレントパワーというか、武将それぞれが粒揃いですからね。
赤い国だとちょっとパワー不足かしら。それでも少しは使ってみたいオトコゴコロ。

そんで9月以降のカードはそれぞれ雑誌別になる模様。
9月末のアルカディアが劉備、電撃アーケードが孫策。
10月末の電撃アーケードが呂布。
2012年秋発売予定の三国志大戦TCGイラスト集には紫の国カードが付くそうで。
そこんとこもうちょっと詳しく教えて頂戴よ、にしじまん!


ていうか秋にTCGのイラスト集が出るんスな。これはナイス情報。
秋ってのが何月を指すのかは分かりませんが、第三段ブースターの絵は含まれるんでしょうかね。
まあ要するに、辛憲英の新規イラストはよう。








































武将紹介のコォ〜ナァ〜。




りゅうまんさん。

劉曼さん。

時の献帝劉協さんの娘さんも参戦。
三国志正史での記述は一行。そんなキャラでも発掘してくるのがSEGAクオリティ。
逸話を紹介しようと思ってもそんなに語る事がねーです。そこは妄想力でカバー。



で、本ゲームでの能力。

1コスト 天属性 騎兵 武力1 知力7 防柵 魅力 大軍 『希望の舞』消費士気3

1コスト1/7騎馬で防柵・大軍・魅力持ちというかなりのスペック。
舞計略持ちなのに自前で柵が用意出来るってのも重要。大軍持ちだから相手の武力1との戦いにも有利。
その為計略は使わずスペック要員としてデッキに投入するのも有り。

そして一番注目すべきは舞計略『希望の舞』であります。
踊っている間自分と相手の最大士気を+6するというなんとも希望に満ち溢れた計略。
三色以上でデッキを組んで最大士気が6になったとしても、彼女が踊れば単色時と同様に12になるって事です。
そして単色で踊った場合はMAXの12+6という計算式になり、漢軍お得意の戦乱系計略を使っても増加分が削れるという事態に。
最大士気が1個削れる計略を使っても舞ってさえいれば6回までペナルティは無い事と同様になる訳です。
元の士気が0になるまで削れたとしても、舞ってさえいれば士気6をキープ。漢の大号令打ち放題です。
ただ劉曼が撤退した瞬間に最大士気0になって計略がなんにも使えなくなりますけど。怖い怖い。

この様な特殊な計略効果の為、天下統一大会等で活躍する場合が多い気がします。
レギュレーションで武将コストは増加しているけど最大士気固定とかではない場合には活躍の機会アリ。
彼女さえ待っていればロマンコンボが決められますし。

まあ問題はこの効果が自分だけでなく相手にも表れるって事なんスけどね。
相手が二色以上のデッキだとしても舞った瞬間に相手の最大士気は12に固定。
しかもこちらは劉曼が舞っている為に実質1コスト落ちでドンパチをしなければいけないという。

要するに、漫然と使う計略じゃあないって事スな。
しっかりとやりたい事をやる為の布石に出来るかどうか。そこがポイント。



posted by 螺旋 at 01:25| Comment(0) | 三国志大戦3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月26日

三国志大戦3の話 六十九戦目





Ver3.594正式稼働! でも螺旋さんは龍玉目的で牛狩りのみ! サーセン!

いやー、なんかシステム変更でエラい事になっとりますね。いやそこまでエラい事でもないのかな。
士気上昇速度が上がっちゃって、1試合で溜まる総士気が30から34チョイまでになったんだっけ?
それで狼顧デッキが大躍進だとか。流石はどんな時でもポジティブハート。
そりゃ士気が使用士気が増えるなら狼顧は強くなりまさぁね。
あと漢デッキだっけ。というか、R張奐。↑の効果時間がメチャ伸びたらしいじゃないスか。
国力2の時に使うと16cの間武力+7だとか。士気4でこれはエラい事ですよ。

まあねー、総士気が増えるってのはそんだけデッキの幅が増えるって事だとは思うんスけど。
ここまで強カードがはっきりしてくると次の調整もあるのかなーと思っちまいますわ。
流石に3.594で終了って事はない……と思いたい所存。

ぼちぼち全国もやってみましょうかねー。なんか証が10超えたあたりで意欲がねー。
まあ、龍玉キャンペーンの時に時間が有ったら挑戦って事で。


というか辛憲英♪服マダー?






































武将紹介のコォ〜ナァ〜。






リジュジマくん。

李儒さん。

「奪るか奪られるかなら、俺は奪る方を選ぶ!」

董卓軍の軍師様がマッチョ眼鏡で登場。
こちらもビックコミックスピリッツの30周年記念コラボとして作られたカードの一枚。
モデルは『闇金ウシジマくん』に出てくる丑嶋馨。最近漫画では登場回数少ないス。兎はイラストにいない様子。
李儒については所謂『悪いヤツ』という印象で問題は無いと思います。
ただ、当時の時代背景とか状況を含めて考察すると色々と面白い人物である事は確かであります。




で、本ゲームでの能力です。

2コスト 地属性 槍兵 武力6 知力9 伏兵 暴乱 『闇の取り立て』消費士気5

といった感じ。
2コスで武力6は少し寂しいけど、軍師枠と考えるとなかなかのもの。
しかも群雄では貴重な高知力の槍兵、伏兵もあるからそこまで足を引っ張る事もなし。
暴乱持ちでもあるから武力を上げる事は割と容易に出来る点が利点。無いよりは有った方がいいよね、特技。

専用計略である『闇の取り立て』は自身の武力を+4して攻城力を上げ(1.7倍)、与えた城ダメージ分だけ自城の城ゲージが回復するというもの。
超絶強化ではない単体強化で士気5はちょいと重い気もするけれど、効果時間が20cあるので上手く使う事が肝要。
城ゲージを削る事が本ゲームの目的である点で「城ゲージを回復する」というものがどれ程のアドバンテージになるのかと。
しかも本カードは2コスの槍って事で、基礎攻城力も高いと。
計略効果中に城門に攻城が入ると最大で7割近い城ゲージの差がひっくり返るという浪漫溢れるカード。

利点はやはり城ゲージが回復するという点で、自城ゲージを削る計略を割とホイホイ使ってういけるというのが素晴らしい。
群雄は自城を削る計略が多いので色々なコンボが考えられますな。
暴虐でダーッといってもいいし、破滅的な検索で李儒自身を強化して超絶武力のまま城門に特攻(ぶっこ)んでもいいし。

欠点としては、やはり単体でどうにかなる計略ではないという事。
士気5で武力+4、それでも武力は10にしかならないんスよね。
だからメインの計略にするというよりは、コンボ目的で使う事の方が多い気がします。
漫然と使っても無士気で凌がれてしまう事もしばしば。
コンボではなく単体で使う場合は相手に凌がれない状況で使う事が重要になりますな。
例えば相手の強い武将が撤退中だとかね。
要するにこの計略は相手を倒す計略ではなく攻城してなんぼの計略という事です。

この計略を使ったら相手は勿論このカード自体を潰そうと狙ってきますんでね。
逆にそこを突いて相手をおびき寄せたりする戦術もあるとかなんとか。
何にしろキーカードなので、よく考えて動かす事が大事ですな。



posted by 螺旋 at 01:01| Comment(0) | 三国志大戦3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月27日

三国志大戦3の話 六十八戦目


ついに来てしまったVer3.594のロケテ。これで次にしれっと3.6とかになったら笑っちゃいますけど。
正式なVer.UPは29日予定だっけ? うーむ、ロケテからどれだけ変わるか。
なんかwiki見たら結構変わってるのね。士気上昇速度UPとか。システム面も変わるとは驚き。
計略もちょいちょいメス入ってるみたいで。

なんか孫呉の武がエラい事になってますけど。
武力上昇値が下がって溜め時間が延長、効果時間が延長と。最初の頃の孫呉の武に戻った感じ? いやそうでもないか。
知力4で14cってのもかなりのインパクトですけどね。士気3でこの性能だとフロー対策になるかしら。
でも溜め時間が6cってのがどう響くかですかね。うーん。

漢の皆様の号令が軒並み範囲回転可能になっているのは壮観ですな。
実際どうなんでしょうか。範囲が回転可能になるのってメリットなんですかね。まあ、使い易くはなるか。
いやほら、螺旋さん号令とか使わない人だし。まあ弓兵とか後方に配置しながら号令をかけられるってのはナイスよね。

蜀は案の定練兵号令が弱体化ってんでね。兵力減が4割になって、効果時間が−0.5c。どうなんでしょうかね、これ。
まあ兵力が減ってくれるのは純粋なる弱体化ですからね。今迄みたいなイージーな前出しではキツくなる……のかな。

でもまあ、今回の調整でも螺旋さん使用の臥龍デッキにはノータッチ。変わらずです。うーん、なんという安定感。






































武将紹介のコォ〜ナァ〜。






そんけんさん。

孫堅さん。

「このカードを作ったのはだれだあっ!!」

孫堅パパについては説明省略。むしろイラストに突っ込みたい人の方が大半でしょうし。
ビックコミックスピリッツの30周年記念コラボとして作られたカードの一枚。
勿論モデルは『美味しんぼ』に出てくる海原雄山。ちなみに息子の孫策は山岡士郎です。螺旋さん持ってないけど。
他にもコラボカードは沢山出ておりまして、当時は話題になったもんです。あれから結構経ったなぁ。


で、本ゲームでの能力です。

2コスト 人属性 槍兵 武力6 知力9 魅力 募兵 大軍 『至高の大号令』消費士気8

2コス号令持ちとしては良スペック。槍兵に有り難い募兵と大軍が光りますな。
計略の『至高の大号令』は特殊な号令で、武力+7に加えて範囲内の味方の特技によって他の効果が付くというもの。
ただし効果終了後に味方が撤退してしまうのは天啓と同じですな。

面白いのは特技による効果の付与。
・魅力と募兵は所持武将のコストがそのまま秒数として復活カウントからマイナスされる。
・伏兵と崩射のコスト×0.5がカウントとして効果時間にプラスされる。
この4つの特技は非常に重要で、このデッキを組む時はなるべく全ての武将にこれらの特技があるカードを選択したいところ。

他に勇猛と覚醒で城攻撃力が、防柵と大軍で移動速度が上がります。ここらへん詳しくはwiki参照。ややこしいんでね。
暴乱と復活は対象外の特技。まあ単色で組む場合はそんなにいないので問題はないかと。
そう、この号令は呉限定じゃないのよね。まあ消費士気8というおかげで基本は呉単構成になるでしょうが。
特技が無い状態でこの号令を使った場合は効果時間が5c弱という非常に残念な事になってしまうので、なるべく伏兵と崩射を入れましょう。
幸い呉は伏兵と崩射持ちが多いスからね。そこは安心。

この号令、昔はかなり凄い勢いで流行ってましてね。
士気8とはいえ、特技を満載にして使うと効果時間が長い+城攻撃力が高い+復活時間が短いという物凄い能力。
特に城攻撃力の上昇でワンスルーがやりにくくなるのが実に厄介。気がついたら城ゲージがエラい事に。
現在は下方修正が入りそこまでイージーな計略ではなくなってしまいました。まあ当時は至高の前出しゲーだったし。

しかしコストや特技により変動する計略は局地戦で活躍するのジンクスは継続。
最大コスト増加や士気限定解除大会では未だに強デッキとして大活躍する日々であります。
まあゲームシステム上計略効果に制限をかける事は難しいんでしょうけどね。
最後の業炎を持つSR周瑜を入れた所謂『業炎至高』はテンプレと言っても過言ではない一枚。ほぼファーストチョイスでしょう。
持っている特技が伏兵・崩射・魅力だもの。効果時間延長と復活カウント短縮という一番欲しいものが揃っちゃう。
なので、大会ではこういったデッキばかりに当たる確率が高いと。そこらへんがウンザリな人も居るんじゃないかしら。
まあルールですからね。仕方ないね。


posted by 螺旋 at 01:12| Comment(0) | 三国志大戦3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月30日

三国志大戦3の話 六十七戦目



はいはい龍玉龍玉。
5個なのに4セットかかるとか何なんすかもー。ちょなんなんすかもー。
ていうか姑娘兵なんぼ程おるんですかもー。なんなんすかもー。

まあアレなんですけどね。お約束通り龍玉取る為だけに牛さんにお付き合い頂いただけなんスけどね。
GW中も大会が有るみたいなんスけど、同名武将必須で最大士気12固定かつコスト上限9と。

コスト9と言う時点で又嫌な予感しかしないというか、今回はまた全部のせっぽいルールよね。
地獄の蓋をパカパカ開けたり、究極とか至高とかのバトルがあったり、兵力が減って武力が上がったりするんですよね。多分。
まあ個人的に黄金週間は参加出来ないんでね。またスルーって事になるんですけどね。
というか同名武将必須なら新しい李通出して下さいよォー!






































武将紹介のコォ〜ナァ〜。






ていふさん。

程普さん。

孫呉の宿将がRになって登場。孫堅の旗本四天王筆頭もRですよ。良かったスね、程公。
程普と筆頭に黄蓋・韓当・祖茂が四天王となっとりますね。
赤壁の知名度から黄蓋の方が有名ですが、四人の中ではこの程普さんが最年長なんスね。
孫家三代に仕えた生き字引ですわ。いぶし銀ってのがいいじゃないスか。

で、本ゲームでの能力です。

2コスト 人属性 騎兵 武力6 知力7 防柵 大軍 『反攻の大号令』消費士気7

2コスで武力6ってのがちょいと心許ない数字ですが、特技が柵と大軍という有用なものが2個なので仕方のないところ。
騎馬に大軍が必要かどうかってのはアレですけど、無いよりは有った方がいいですわ。
え? その分武力上げろって? まあほら、特技は武力換算されるってのがお約束だし。

注目すべきは計略の方で。
これも反攻系の計略で、自軍の柵の枚数に応じて武力が上がる号令であります。
柵の枚数+3が上昇値。例外として柵が7個ある時は武力+11になるという謎のボーナスが存在。
ただ反攻系って事で、使用時に柵にダメージが入ってしまうのがお約束。強度が3減るんスな。

柵が大好きな螺旋さん、このカードが登場した当時は喜び勇んで飛び付いたんですけどね。
2コスをR程普で他全部1コス柵持ちで固めて柵7枚デッキ。多分誰もが一度は考えるであろうデッキ。

そして一度使って断念するであろうデッキ。

総武力がね、低過ぎるんですわ。
まずこのカード自体が2コス武力6ですからね。しかも他全部1コスで産めるととんでもなく低い数値に。
そんでまた呉だと弓主体になるからワラワラ攻めには向かないという。まあ1コス柵持ち槍も居ますけど。
最初に攻めて、そんでそのままワラワラ行けるのは高武力のワントップがいると輝く戦法だと思うんスよね。
で、一旦守勢に回っちゃうとそのままジリ貧に。
というのも、この計略を最大限に活かすには柵を守らなきゃいかんのですわ。
そうなると相手の攻勢から低武力で乱戦しつつ柵を守らなきゃいけない。でもそうすると低武力軍団はサックリ撤退。
結果として柵割られ放題。そんな開幕。

要するにアレです、メインで何回も使っていける計略じゃないよって事です。
この計略は最後の攻め、所謂ファイナルアタック用の計略ですわ。
防柵の枚数のみを参照して武力上昇値が計算されるので、奥義の兵書『防柵再建』との相性が非常にナイス。
呉で秘伝書ではなく通常の兵書で防柵再建が付く奥義はR陸抗の英魂嗣攻のみ。
終盤で柵を全部壊されていても、英魂嗣攻で武力上げつつの柵復活からの反攻の大号令。
英魂嗣攻は誰も撤退しなくても武力は+2されるので、そうなると武力+13という夢の数字が出てきます。
1コス武力2でも武力15になれる! なんと素晴らしい!

ちなみに螺旋さんもこのコンボをやった試合を見た事があります。
終盤でファイナルアタック炸裂、そのまま相手軍を壊滅させて攻城。パリパリ割れる相手の城。
攻城の音スゲー! こりゃ落城勝利だな!

結果→1コス勢の壁攻城って本当に減らないね

前半で城殴られまくってゲージが3割くらいしか残ってなかったと。そりゃ武将壊滅させても城ゲージ割らなきゃね。
これってそういうゲームだった。把握。

効果時間も9cと長くはなく、消費士気も7。
ちょいとメインで使っていくには厳しいカードになりますな。
そこをどれだけ愛でカバー出来るか。コスト上限が上がる大会が狙い目ですな。
posted by 螺旋 at 00:40| Comment(0) | 三国志大戦3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月31日

三国志大戦3の話 六十六戦目




イカン! あまりにもプレイしていないんでまた一月以上間が空いてしまった!
という訳でこれ書いてるのは四月入ってからだけど、更新の日付は三月っていうズルっこをするしかない。
一応月イチというペースが保ってたんでね。汚いなさすが螺旋さんきたない。

いえね、一応三月の大会にも参加はしようとしたんスよ。上限9コスで突撃・槍撃・走射の効果が上昇して復活時間短縮。
螺旋さん使用の臥龍乱れ撃ちデッキだと走射が面白い事になりそうだし。
でも都合が付かずに結局お流れに。んもー、こういう時土日が仕事だとキツいわー。
結局三月は龍玉を牛狩りで取得しただけで終了。うーん、過疎い過疎い。

四月も龍玉二回に大会がござんすね。
今回の大会には参加したいなぁと思いつつ、やっぱりルールとリアル事情がどうなるか。
とりあえず詳細待ちですかね。うーん、やっぱり新しい刺激が欲しいなぁ。




































武将紹介のコォ〜ナァ〜。






じゅんかんさん。


荀灌さん。

名前の読み方は「じゅんかん」さんです。『灌』ってちゃんと表記出来るのね。よく見たら灌漑の灌か。
『荀』の姓でお馴染み、荀イクの子孫であります。六代目ってヤツで。孫の孫ってヤツですな。
もうここまで行っちゃったら三国時代なんて遥か昔の事ですわ。
三国が晋という王朝に統一され、そこで『八王の乱』という内乱が起きて王朝が分裂。
八王の乱自体が西暦だと290年頃から始まるんで、かなり後の人物という事になります。
まあ賈南風とか出してる時点で時代も何もあったもんじゃないスけどね。今更ですわ。

で、この荀灌さん。歴史に名を残している女性武将であります。
武将というか伝令兵というか。
自分のパパが治める城が敵軍に包囲されちゃった時、この子が僅かな手勢(50人くらい)を率いて包囲網を突破したんスな。
それで援軍要請を行ったと。多分スニーキングミッションだったんでしょうな。ダンボールかぶって。
結局その脱出はバレちまうんスけど、そこでアシタカばりに「おしとーーーる!」な感じで無事脱出。なんという無双シリーズ。

しかしパパに言われた援軍だけでは足りないと考えた荀灌さん、自分の意思で他にも援軍の手配をしたと。
二方向からの援軍が来たもんで、包囲していた敵さんはこりゃイカンと包囲を解いて撤退したんだそうな。

これだけの逸話でも女性武将だってだけで注目されるんでしょうが、真に注目すべきはこの時の荀灌さんの年齢が

13歳

だったという事。           今反応した人は罪深い御方ですなぁ。



さて、本ゲームでの能力です。

1コスト 天属性 騎兵 武力2 知力6 覚醒・魅力 『荀血の証』消費士気3

といった感じ。
魏で1コス騎馬といえば武力要員か計略要員のどちらを取るかって話になりますが、このカードは武力要員に入ります。
武力が2ってのが引っかかりますが、覚醒持ちなのでゲーム後半は1コスにして3/7のハイスペックカードになるのが嬉しい所。
そしてこのカード一番のポイントは計略です。

『荀血の証』 読み方は「じゅんけつのあかし」です。

確実に狙ってやってるよね。流石はSEGA。

で、この計略ですが。
目覚め計略の亜種みたいなもんで、武力ではなく味方部隊の知力を反映します。
味方部隊の知力が高いほど自身の武力が上がり、その上昇率が一定値を超えると更に速度も上昇すると。
武力上昇値はおおよそ味方部隊の最高知力を2で割った数値がプラスされる模様。端数は切り上げ計算だそうで。
そして移動速度上昇の追加効果は武力+6から。つまり、味方部隊の最高知力が11以上ならいいって事スな。

最高知力11ってのは結構ハードルが低いもんでして。特に魏は素の知力が高い武将が多いうえに、知力上昇計略が豊富。
賢女の教えや機略自在等を使えば簡単に知力11なんて到達しちまいます。むしろ突破。
知略昇陣も知力+3なので、素知力8の武将がいれば簡単に発動可能。結構多いんスわ、知力8。

何より消費士気が3ってのが偉い。
これだけ軽い士気だとコンボを狙ってもそこまで士気を圧迫しないんスよね。
特に味方がけの機略の後に使うと破壊力バツグン。2倍速以上の武力10↑の騎馬が暴れまわるなんて。怖!

弱点はやっぱりコストかしら。
1コス騎馬だから計略無しでのぶつかり合いではすぐに撤退しがちに。
そして攻城力の低さ。城を数発殴られてもスルー余裕です。

結局このカードを有意義に使う時は計略使用が前提という点が大事。
相性的に英知の大号令デッキに入れると活躍の場が広がるかと。
英知曹操が知略昇陣の中に居る中で計略を使えば士気3で武力10の神速騎馬があっさり誕生しちゃう。
英知デッキは素武力が低いのがネックなので、終盤にドカンと士気を使って攻めるのがセオリー。
そこまでの間を持たせるために士気3という軽さで相手の足並みを崩せるのは素晴らしい事だと思います。
まあ、士気3だからってホイホイ使っちゃうとガス欠になっちゃうんでね。そこは要注意で。




posted by 螺旋 at 23:50| Comment(0) | 三国志大戦3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月29日

三国志大戦3の話 六十五戦目

「大変! 螺旋さんの証が全然動いていないの!」


まあプレイ数自体少なくなっとりますからね。
しかも今月は戦国の方がバージョンアップときたもんだ。仕方ないね。

一応最初は大会にも参加しようと思ってたんスわ。
同名武将必須でコストは8。この条件ならいつもの強デッキは少ないんじゃないかと思いまして。
でも個人的に使いたいカードが李通という時点でデッキ構築がイビツにならざるを得ない。
6.5コスの中で同名武将を揃えるってのは中々ね。しかも螺旋さん騎馬の操作が苦手。
こうなるともう色々考えちゃって、そんで結局参加を見合わせ。いつもの臥龍デッキしか満足に使えない体に。ヨヨヨ。

一応夏侯淵を軸にデッキを作ろうとしたんスよ。
礎と乱れ撃ちを入れて、1.5にUC李通。残り2コストを槍で埋めてうんたらかんたら、とかね。
でも螺旋さん礎とか使ったら絶対誤爆するし。とんでもない所で力を託されたり奪われたり。おお怖い。
うーん、新カードでR李通とか出ないもんかね。出ないか。出ないだろうなー。知ってる。螺旋さん知ってるわ。はーヤレヤレ。


あ、龍玉は揃えました。軍師君も好き者よのう!





































武将紹介のコォ〜ナァ〜。





こくりさん。


谷利さん。

タニトシ! タニトシじゃないか!

三国志武将の中で初見だと絶対に読めない名前ランキングのトップ10にランクインするであろうお方。
ちなみに「コクリ」と読みます。読めるかそんなもん!! 沈瑩くらい読めんわ! ち、ちん(ry シンエイです。お間違えなく。

3.59の新カード勢の中でいち早く情報が出たカードで、その計略からかなりの話題になった武将です。
稼働前に実際のプレイ動画が出た時の衝撃。あれは忘れられないスわ。

だが悲しいかな、稼働前に話題になったカードは本稼働後はそこまで人気が出ないというジンクスが……

置いといて。

この谷利さんがいなければ孫権は合肥にて張遼さんに遼来々されてしまっていた(お察し下さい)可能性が御座います。


本ゲームでの能力は

コスト2 地属性 弓兵 武力7 知力5 勇・軍 『竜巻の弓術』消費士気6

といった感じ。
呉の2コス弓兵は激戦区ですが、特技の勇猛と大軍で想像以上にシブトいカード。
武力は7だけど知力5と大軍のおかげでダメージ計略にもかなりの耐性有り。
勇猛も持っているので一騎打ち事故も少なく、城際での攻防もお任せ出来る頼れるアニキであります。

そして一番の注目はその計略、竜巻の弓術。
操術系の計略で、通常発動時は武力が上がり歩きながら弓が撃てる徒弓状態になります。
で、カードをクルリと回転させるとその場に留まり射程範囲内の敵武将に攻撃力の上がった弓攻撃を行うと。
要するに回転させると乱れ撃ち+剛弓というとんでもない効果になるですよ。
そりゃもう最初にこの計略を見た時は誰もが「壊れだ、チートだ」と騒いだもんです。

しかし実際に蓋を開けてみると……まあ、そこまで使用率は振るわなかったんスね。
やはり2コスの弓は激戦区、特にSR孫皎の使い易さの壁は高かったと。
やっぱり弐連剛弓戦法の強さがハンパなかったスからね。崩射持ちだから騎馬との相性も良いし。

しかしそれから時間が経過し、使用率もそこそこに上がってきているというのが現状であります。
というのも、舞い計略との相性が実に良いんスよね。谷利さん。
特に敵城に直接ダメージを与える計略とのコンビが流行ったり。
そりゃね、相手が舞を潰しにくる所を迎え撃つってのは計略発動の最高のタイミングですもの。
柵や櫓の裏から使えば乱戦もされないし。そして柵が割られそうな時は自分の体を張って乱戦しに行くという事も出来ると。

要するに、漫然と使う計略ではないって事スね。そりゃどんな計略だってそうですけど。
タイミングが大事というお話でした。
posted by 螺旋 at 01:32| Comment(140) | 三国志大戦3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月19日

三国志大戦3の話 六十四戦目




龍玉キャンペーンのついでに12コスト計略使用回数限定大会に参加。2セットだけね。
いつもの事で、最大コストを増やした大会は基本的に当たるデッキが決まっちゃうもんで。
一応計略は各武将カード1枚につき1回のみって制限はあるけれど、開幕魅力暴虐なんかには関係ないって話でね。
最初の1回で敵の城を落とせるかどうかが勝負な訳だし。しかも今回は最大12コスト、開幕乙にはうってつけ。

来るデッキが分かってるならこっちも対策してデッキを組めよって話ですけど、同じデッキとばかり当たってもねぇ。
基本的にこういう大会じゃコンセプトデッキしか組まない螺旋さんが悪いって話なんスけどね。腕も無いし。

組んだデッキは2種類。

・SR屍孫堅 SR攻護孫権 R雄飛孫策 R奮激孫尚香 R賢母呉夫人 R太史慈 の孫一家+シギーデッキと
・R地勢荀攸 R大喝夏侯惇 R魏武張コウ UC王リョウ UC蔡文姫 UC李通 UC馬鈞 の飛天不老長寿デッキ。

で、結果から書きますと。
6戦やって1回だけ勝てました。孫一家の方で。しかもその1勝は相手さんのミスのおかげ説が濃厚。
まあね、対戦した方が全て格上だったってのもありますけどね。
対戦したデッキも開幕乙が2回、五虎将1回というのも予想の範囲内。
でも3回は独特のデッキと対戦できたので、これはこれで楽しめましたわ。ボッコボコにやられましたけど。
英知魏武攻守デッキと堕落虚誘(鄒李儒)デッキと人馬全突天下無双デッキ。最後のデッキにはホンマに蹂躙されました。
騎馬単使える人ってホンマに上手いスね。ホレボレするような動きですもの。完敗ですわ。


まあ今回の大会参加は龍玉キャンペーンのついでだったんでね。
大会は2セットで集中力切れ、その後牛狩り1セットの合計9戦で龍玉コンプ。玉が5個だけだと集まるのが早いスな。

で、次の龍玉は21日から。3連続龍玉だけど復活モデルは全部持ってるからなぁ。
こうなると又龍玉の最大数が減るんでしょうね。3連続ですもの。むしろこのキャンペーンは宿星&流星ボーナスがメインかしらね。





































武将紹介のコォ〜ナァ〜。





きょういさん。

姜維さん。

初見の場合は必ず何か反応してしまう事に定評のあるイラスト。
絵師は川崎のぼる氏。モデルは『巨人の星』に出てくる花形満その人。
何故か荒ぶる鷹のポースをしていますが、カッコイイので問題無し。
姜維そのものについてはお約束のぐーぐる先生に聞くのが一番。まあ有名過ぎる人ですし。


本ゲームでの能力は

コスト2 天属性 騎兵 武力7 知力7 柵 『縮地の急襲』必要士気4

というもの。
蜀における2コスト騎馬枠は色々とライバルがいるものの、独自性の強さが魅力。
まず柵持ちの騎馬という点が珍しい。蜀では唯一の柵持ち騎兵。
これのおかげで2コスト武力7というスペックでも選択肢に入ってくるんスよね。
舞いデッキなんかで柵を調達したい時なんかにはうってつけ。

独自性はスペックだけではなく、計略の方にも。
『縮地の急襲』は縮地系の計略の類に漏れず自城内のみで使用出来る計略。
同じ縮地系の計略である『縮地の戦略』は自身ではなく他の武将が対象になりますが、こちらは自身が対象。
武力+4・移動速度2倍の神速騎馬がいきなり戦場の真ん中に登場するというのはなかなかのもの。
普通の神速戦法が武力+3なので、数字だけ見れば上位互換スね。発動には自城にいなきゃいけないってのがネックですが。
登場する場所は戦場の中央だけど、横の軸は自城内のカードの位置がそのまま反映されるので色々と便利なのはナイス。

その計略の性質上、相手のマウントにかなり有効な計略と言えるでしょう。
城に張り付いてくた槍兵を後ろから神速騎馬で連突。うーん、素晴らしい。
でも基本的な使い方はマウント部隊を排除するのが一般的スかね。弓マウントとか絶好のチャンスですよ。
マウント対策だけでなく、カウンターにも利用出来るのが良い所。
相手が引くタイミングに合わせて計略を使用すれば、神速騎馬がいきなり戦場の中央付近に現れる訳ですよ。これこそまさに急襲。

纏めると、メインの計略にはならないけれど要所で小出しに出来る有効な計略。
ただし発動には有る程度の準備が必要なので、それを見越した戦略眼が必要。そんな感じスかね。
個人的には柵持ちというだけで二重丸です。あとポーズかっこいいし。


posted by 螺旋 at 01:54| Comment(0) | 三国志大戦3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月23日

三国志大戦3の話 六十三戦目



証が12で停滞。むしろ月一プレイで維持出来ている自分を褒めてあげたい!


はいはい遠吠え遠吠え。
いやね、ちょっとデッキを変えてみたんスよ。
臥龍4枚デッキがそのままなんだけど、構成をね。

R乱れ撃ち夏侯淵とC張ヨクを外して、UC王桃とR疾風大車輪趙雲を投入。
そう、疾風大車輪の趙雲は旧カードです。2のヤツね。2.5コストで8/7・活魅勇持ちの槍兵。

アタシのデッキは騎兵に弱いってんで、車輪系の計略を持つ槍兵が欲しいんスよ。
一応1コスにも車輪使える武将はいるんだけど、素武力が低いとすり潰されちゃうんでね。
あと1コス入れると5枚デッキになっちゃって、動作がアワアワしちゃうと。
スキルが追い付かないんで4枚にした訳ですから。デッキ構成も考えた結果だけど。

んでまぁ、実際に数回プレイしてみた訳です。新デッキで。
R臥龍諸葛亮・R疾風大車輪趙雲・UC王桃・UO李通でね。
デッキのメインコンセプトは臥龍を李通にかけて突撃ボーナス狙い、槍相手は王桃の崩射で槍消してドーン!
もしくは臥龍を趙雲にかけて剛槍維持、騎馬と槍兵相手には槍撃バシュバシュ気持E! 逃げる騎馬も疾風で追っちゃうぜ!



考えは良かったと思うんスけどね。実際は惨憺たる結果に。
まず疾風大車輪趙雲のコスト比武力の問題。2.5コスで武力8はやっぱり重過ぎる。特に臥龍デッキでは。
復活を持っているから槍兵としては有り難いんだけど、長時間計略の臥龍をかけたら撤退させちゃいけないプレイングが求められると。
完全にムジュンですわな。
あと計略の疾風大車輪の効果時間が微妙に短いという点。多分6c持たないスわ、アレ。詳しく調べてないんで細かくは分かりませんが。
個人的に車輪は相手の速度上昇系騎馬を牽制する為に必要としていた訳で、そうなると相手の計略効果時間の方が長いなんてのがザラなんスわ。
これじゃあ対策として万全とは言えませんわ。
そしてこの疾風大車輪、自分の速度が上昇するのはいいけど迎撃対象になるんスな。槍なのに槍に刺さるの。
相手の槍兵がこちらの槍兵に乱戦してきて槍を消し、そこに相手の騎馬が突っ込んで来るという定石が有るじゃなスか。
で、それを防ごうと疾風大車輪を発動してそこの槍兵同士の乱戦に車輪のまま突っ込もうとすると相手がちょっとズラして配置していた槍にザクリ。
つまりこちらも槍兵だからといって気軽に乱戦しに行けないんスわ。武力上昇値も少ないから乱戦だと割とすぐ削れちゃうし。

まあね、まだこのデッキで3戦しかしていないから使い勝手も何もって話ですけど。1勝2敗で。
しかも当たったデッキが人馬号令とか人馬一体とかそれ何てイジメというチョイス。
なんでこっちが槍を重視した途端にそんなレアなカードが出てくるんですかー! ヤダー!


あとはやっぱりコチラが臥龍乱れ撃ちに慣れ過ぎていたってのが大きいかもしれんスね。
基本的に長時間の遠弓麻痺矢で各個撃破してグダらせて、纏まって出てきたら臥龍乱れ撃ちで殲滅ってのが基本戦術だったもんで。
槍撃出すの下手っぴいだし。むしろここが重要か。


それを色々考えた結果が今迄のデッキなのよね。慣れって怖いわー。
でも最近じゃC張ヨクが人気になっているみたいだし。というか八つ裂き車輪兵が。
低武力には滅法強い車輪兵さんマジキーカード潰し。ちょっと前に頂上でも見たスわ。
でも螺旋さんは騎馬対策として使っている訳で。というか2コス槍兵で柵持ちかつ車輪系計略持ちが張ヨクしかいなかったから使っている訳で。
なんというかこう、不思議な感覚ですな。自分の使っているカードが流行りのカードになってくるというのは。







そういや今度の大会は11コス大会らしいスね。
アタシ? 勿論出ません。だって当たるデッキの9割が究極・至高・魔道だろうし。




































武将紹介のコォ〜ナァ〜。





かくとさん。


郭図さん。



コーエーの『爆笑三國志』シリーズにて名付けられた「出ると負け軍師」が悪魔化して登場。
かつてこれ程まで輝いている郭図が存在したであろうか。いや無い(反語)
袁紹軍の軍師で色々と進言をしているけれど、どうにも裏目ってしまうアチャーな人物として描かれるのが一般的。
『郭図』でぐーぐる先生に聞いてみると色々と面白い記事が出てくるので検索を推奨。


本ゲームでの能力は

コスト2 地属性 弓兵 武力6 知力9 伏兵・崩射 『魔道開封』必要士気6

というもの。
漢の武将で高知力の伏兵かつ崩射持ちの弓兵なので、サポートが出来るのが好印象。
2コス武力6はちょっと低いけど、号令持ちなのでそこは勘弁。

しかしこのカードで一番注目するべきはその計略。
『魔道開封』は号令なんスけど、その説明文には

「範囲内の味方すべての武力が上がる。
対象となる部隊のうち、最も多い武将コスト帯に応じてさらに武力が上がる。
ただし、最大士気が下がる。」

とあります。
具体的に説明しますと、号令の対象になっている味方武将のコストが揃っているほど効果が上がると。
詳しい説明はwikiさんにて。そっちの方が分かり易いし。

で、wikiにも書いてある通りこの号令って通常の8コス上限戦ならそこまでの強デッキじゃあないんスよね。
8コスだと同コストを揃えるのにも限度が有るし。
ただしこれが大会等で総コストが8を超えると話が違ってくるですよ。
事実今迄コスト上限が8を超えて9、10コストになった大会だととんでもねぇ勢いで流行ったんスわ。
そりゃそうですわ、ただでさえ強い高コストの武将を数多く揃えられるんだから。しかも同コストなら破壊力更にドン。
今度の大会は11コスト大会スから、デッキ構成で3コストを3枚入れる事も可能。怖!

勿論弱点も存在。この号令は武将のコストと枚数を反映する号令。
という事は、武将が全員揃っていてナンボの計略な訳で。
要するに1枚でも撤退していれば十分な効果が得られないという事スね。
相手にした場合は兎に角全体でぶつかるよりも1枚を狙って落としにいく戦法が有効な模様。
あと計略を使用する度に最大士気が-1されていくってのもあるけど、これは弱点というかデメリットとは言いきれないのも事実。
逆境計略を使う場合にはむしろ好都合な効果でしょう。デッキ構成の楽しみがここにも有りますな。




posted by 螺旋 at 02:20| Comment(0) | 三国志大戦3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月29日

三国志大戦3の話 六十二戦目



久々に大会に参加してきました。最大10コスト・勢力限定解除。
何の縛りもないコスト上限UPの大会ならば参加せざるを得ない。

柵デッキで。

という訳で柵8枚デッキで2セットほどやってきました。
いやあ、2コストを入れても柵が8枚設置出来るとか夢みたいね!
ちなみにデッキレシピは全部柵持ち武将で

・R程普 C顧ヨウ 1.5コスト×2枚 1コスト×4枚
・R丁奉 C顧ヨウ 1.5コスト×2枚 1コスト×4枚

の2タイプ。C顧ヨウさえいれば他の武将はなんでもよし。あんま覚えてないス!
ぶっちゃけ計略は殆ど防柵再建に使用。攻める時だけ他の使ったらええやないの精神で。
勿論奥義はR呂蒙の防柵再建とC十常侍の転進防柵で。嫌がらせ以外の何物でもないね。

で、戦績。

×△×△××


ですよねー。


当たった方が全員格上(証50↑とかやめてくだちい!)だったってのも有りますが。
基本螺旋さん5枚以上のデッキなんて使えないもんで。あとコスト上限10って事は相手の総武力も上がってる訳で。
もうスタート直後から必死ですよ。どれを動かしてんだかチンプンカンプン。多枚数デッキが使える人って凄いなぁ。
結局6戦やってあまりの疲労度にギブアップ。龍玉集めの為に牛狩り1セットで無事に2種類コンプ。
結果3セットだからそういう意味では運が良かった訳ですが。

いやー、やっぱり相手の武力が高いと柵多くてもあんま意味ないね! 少なくとも螺旋さんクラスの腕では。
相手に臥龍とSR周泰が居た時は泣きそうになりましたけど。長時間の高武力麻痺矢があんなにキツい物だなんて!
あんなんいつも使ってる人とか居るのかね!(←臥龍乱れ撃ち愛用者)

あと驚いたのが1.5コスのハゲしいUC朱桓。
計略の『反攻の火略』の範囲があとんでもなく狭くなっていて驚愕。そういや7月のバージョンアップでメスが入ったんだっけ。
縦横の範囲がカード2枚分だから、かなり相手に近付かないと当たらないのよね。あと横幅もだからすっぽりくんとか無理無理。

まあアレですわ、螺旋さんは大人しく4枚デッキ使っときますわ。操作が追い付かないって辛いな、サム。


ちなみに相手さんのデッキは

・臥龍神弓セルベリア
・英魂黄巾天啓
・8枚賢母飛将降臨
・英知機略
・精鋭練兵天意目覚め
・激励狼顧連破

士気増加と高武力弓はマジ勘弁。





































武将紹介のコォ〜ナァ〜。





ちょうひさん。


張飛さん。


改めて紹介する必要がない知名度の桃園三男坊がSRにて登場。本当に紹介する必要はないね。

能力は

2.5コスト 人属性 騎兵 武力9 知力4 勇猛・募兵 『虎髭の覇気』必要士気7

といった感じ。
真逆張飛が号令を持つ日がこようとは。しかも知力が4『も』ある。なんというインテリ張飛。
騎兵だから募兵の有り難みはそこまで感じませんが、有って困るものでもなし。

一番注目するのはやはり計略でしょう。旋略系の号令で、どちらも武力が上がる事は上がると。
ただしカードの向きにより効果がガラリと変化。

↑で使うと武力が徐々に上がり、最終的に武力が+11まで上昇してから効果終了。
↓で使うと武力が一気に+12まで上がるけれど、そこから徐々に武力が低下していき最終的に武力-4まで下がり効果終了。
詳しい効果時間等はwikiさんにて。

それぞれメリットとデメリットがはっきりしているのが特徴。
↑で使うと速攻は出来ない代わりにジリジリとラインを上げやすくなるのがナイス。先打ちで使って戦場を掌握するのが主な使い方。
↓は使用直後の武力+12という驚異的な数値が最大の武器。桃園や天啓ともガッツリ組み合えるって事スからね。
こちらは特に自城防衛での使用が効果的。武力がマイナスになっても城に入っちゃえばデメリット無しだもんね。
カウンター狙いや残り時間僅かでの最終防衛時などは遠慮なく使ってOKな号令であります。

ちょっと前はUC諸葛鈴の『縮地の戦略』でSR張飛の武力と知力を上げてから↑の方の効果で使用するデッキが流行ったスな。
これだと最終的に武力+15までいくんだっけっか。効果時間は12.5cだとか。うわぁ、おっかねぇ。
ただ知力を上げて↓を使っちゃうと武力マイナス状態が長くなっちまうんで、誤爆は十分に注意。計略ロックしても旋略の向きはロック出来ないのよね。

勿論このカードにも弱点は有り。そりゃもう知力ですわ。
張飛にとっちゃ知力4でも十分に高いけど、一般的に見たらダメ計や妨害が十分に効く数字。
知力UPからのコンボを狙う際にも士気をほぼフルで使ってしまうという欠点が。
このカード自体がアタッカーとキーカードの両方の特性を持ってるもんで、そこらへんを意識して動かさないと結構キツいデッキになってしまう可能性有り。
裏の手に何を組み込むか、デッキ構成力が試されますな。
posted by 螺旋 at 01:21| Comment(0) | 三国志大戦3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月25日

三国志大戦3の話 六十一戦目



ヒャッハー! 大会だー! 10コストとは派手にやるじゃねえか!
デッキも色々と用意したぜー! 左から3コス・2.5コスとデカい方から順番に並べるぜー!


『屍デッキ』R孫策 SR屍孫堅 R陸遜 C朱桓 R周姫 軍師SR周瑜(増援)
雄飛でダーッと上がってR周姫で昇華してフォローしつつ小覇王が落ちたら英魂の大号令でバーン。
もしくは屍英魂号令のファイナルアタックから昇華でフォロー。屍落ちても雄飛がいるって心強いわー。


『麻痺矢弓単デッキ』SR業炎周瑜 SR呂蒙 R丁奉 C賈華 UC諸葛瑾 軍師SR周姫(徒弓撃攻)
麻痺矢デッキなんか久々、しかも弓単。柵が4枚有るのに武力30の麻痺矢デッキとか胸熱。
徒弓麻痺矢はヤミツキのコンボ。でも結局業炎頼りになると。


『魏単大喝デッキ』LE大喝夏侯惇 LE求心曹操 LE徐晃 LE荀攸 LE楽進 軍師なんでも
誰もが夢見る蒼天航路デッキ。よく見たら魏の蒼天LEには槍がいないという事実。
そして螺旋さんは騎馬は2枚しか動かせないという事実。蒼天の軍師LEマダー?


『英魂戦線復活デッキ』EX神雷関羽 R張飛 R花形姜維 UC馬良 R英魂大喬 軍師SR黄月英(車輪)
神関☆羽と張飛を馬車馬のように働かせるデッキ。落ちても落ちても戦線復活で戦場に舞い戻る義兄弟。
相手の城に張り付いたら月英さんの車輪で突撃を抑制。3コスと2.5コスの攻城は通ると痛ぇぞー。






というデッキを考えて大会には参加しませんでした。


いや、土日は元々ダメだし。金曜は仕事だったし。
でもデッキ考えてる時が一番楽しい。これ大戦ワールドの常識。脳内大戦マジ屋楽しい。

や、結局今回のレギュレーションだと3コス絶対使うじゃない。まあ神関羽使ってねキャンペーンだし。
でも3コスって絶対数少ないじゃない。中でも実際に強いのが英知曹操・雄飛孫策・業炎周瑜・関羽二枚・呂布三枚あたりで。
そんで絶対に5枚デッキになると。となると、やっぱり似たデッキが増えると思うのよね。
それこそ業炎入れたら至高か英魂入り安定になるし。雄飛入れたらセルベリア安定だろうし。
関羽はそれこそ神雷関羽フィーバーだろうし。桃園2コスに張飛入れて桃園か1.5に劉備入れて五虎将か。

まあね、一応前日に龍玉は入手してきたんでね。神雷関羽モデル、完成度高けーなオイ。
ただ『関羽服(神)』という表記には吹かざるを得ない。さすが神。なんか神(59歳)思い出した。




































武将紹介のコォ〜ナァ〜。






そうじんさん。

曹仁さん。

曹操四天王、堅守の曹仁もSRで登場。以前紹介したSR曹洪とは対のイラストになっております。風間さんナイスジョブ。
かなり熱血兄貴っぽい感じに仕上がっております。名将なんですよね、曹仁。
詳しくはぐーぐる先生に以下略。



本ゲームでの能力は

2.5コスト 地属性 騎兵 武力8 知力5 覚醒・募兵 『戦騎の極意』消費士気6

という感じ。スペック的には2.5コストで8/5というとちょっと物足りない感じもするけど、覚醒持ちなので最終的にはトントン。
募兵は騎馬には合わないとは思うけど、まあ有って損する物でもないし。贅沢を言えば勇猛がよかったけど。まあ贅沢よね。
で、一番重要なのは計略。以前紹介したSR周泰も持っていた『極意』系の計略で、それの騎馬バージョンですな。兵種限定号令であります。
計略範囲は自身を含む前方円で結構大きめ。効果時間は覚醒前だと6.5c、覚醒後だと7cの模様。
そんで範囲内の部隊数によって効果が変わります。極意系の計略よね。

1部隊がけ、つまり誰も効果範囲に入れず自身のみだと武力+7に移動速度2.5倍、敵部隊を撃破する度に兵力が15%回復。
速度がメチャクチャ速くなるので相手の騎馬が神速系計略を使ってきても優位に立てるのが強み。
ただし士気6消費で武力+7というのはそこまで費用対効果が高くないので、相手が超絶を使ってくると力負けしてしまう恐れがあります。
撃破時に兵力が回復するという特性を活かし、ワラデッキ等を相手にした時に使っていくのがよおrしいかと。

2部隊がけは武力+5に移動速度1.8倍、突撃ダメージ15%程度UP。速度上昇率は要検証だそうですが、それでも1.8倍なら十分。
効果を簡単に言えば白銀の獅子が2部隊になると。ぶっちゃけこの2部隊がけがメインの使い方です。
考えてもみてよ、白銀の獅子が2部隊ですよ? 突撃1回で兵力が6割吹っ飛ぶんですよ。そこにもう1つの白銀がドーン!
この2部隊がけにどんだけ苦労させられたか……槍が1枚しかないデッキだとマジでキツいんです。戦騎マウントマジ怖い。

3部隊がけは武力+2に移動速度1.8倍、迎撃ダメージを受けなくなると。要するに人馬一体ですな。
3部隊が人馬一体になるのは有り難いっちゃあ有り難いんだけど、武力上昇が+2だとちょっとパンチ力不足で。
しっかりと突撃を当てないと士気消費分の効果は見込めないかと。人馬っつっても相手に突撃ダメージが入る訳じゃないからね。
これはコンボで輝く効果だと。他の号令で武力の底上げしてもよし、反計持ちを突っ込ませるもよし。

4部隊がけは武力+4に移動速度1.8倍、突破効果を付与。
騎馬4枚に上記の効果が付くのは素晴らしいんだけど、突破効果がクセモノ。
乱戦の影響を受けずに敵部隊をスルリと抜ける事は素晴らしいんだけど、乱戦しても速度が落ちないんで乱戦中でも槍に刺さる。
騎馬メインデッキで壁突撃がやり難くなるってのは致命的なんスよね。あと連突も通常時とは異なる感覚になっちゃう。めり込むからね。
なので、使い方としては舞姫潰し等の奇襲に使用される事が多い様です。

まあチョイチョイ書いてみたけど、使われるのは基本的に2部隊がけですわな。士気6で白銀の獅子×2だもん。そりゃ使うわ。
総力戦だと3部隊がけをコンボで。迎撃を気にせずに突撃出来るってのはそれだけで強いもんです。

弱点はなんといっても一騎打ちかと。勇猛無しってのがね。まあそれについてはこのカードに限った事じゃないスけどね。
ちょっと前は戦騎4枚デッキとかが流行ってましたけど、最近は見ないスなぁ。でも使用率はかなり上の方なんで、螺旋さんが当たってないだけスかね。
いやもう本当にアタシのデッキだと無理なんで。槍1枚だと本当に何も出来なくなるんで! 勘弁してつかぁさい!

posted by 螺旋 at 02:07| Comment(0) | 三国志大戦3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月30日

三国志大戦3の話 六十戦目


月イチ(ry

龍玉キャンペーンだしね。取り逃しはしないぜ?
SR暴勇王異とかね。良い出来よね。

だが軍師服、テメーはダメだ。

なんでいつもより少ない龍玉5個なのに5セットもかかるんですかー! ヤダー!

しかも御丁寧に重複ゲージ2回MAX、しかもゲージが溜まりきったラストの1個で普通に揃うとかね。
明らかに笑いの神が降りてきてた。いらんねんそんな神。もっと静かに暮らさせて下さいや!

まあそんな感じでキャンペーン中は全国やってました。チョイチョイとね。
大会に参加するってのも有ったんだけど、知勇一転大会だとデッキが似た感じになっちゃうと思ってさ。
1.5×6の武力ゴリ押しか、知力依存の低い号令デッキか。実際そんな感じだったらしいし。
某所では鶏肋さんが大人気だったとか。本当に知勇一転大会の時はイキイキするよね、鶏肋(よーしゅー)さん。

で、全国をやった結果は証が2つ上がりました。まあ10から12ってところですけど。
4勝6敗コースでも証が上がる司空マジック。

勿論ここだと色んなデッキと当たりますけど、その中でも結構当たるのが暴虐デッキ。単色でも混色でもね。
デメリットがあるとはいえ、やっぱり士気5で武力上昇&速度上昇は強いって事ね。
まあアタシのデッキだと柵+伏兵2枚だから開幕士気5即効で落とされるってのはなかなか無いんスけどね。
あ、上手い人相手だとボッコボコです。仕方ないね。

ただ不用意に暴虐を使ってくれる相手だとこっちから攻城しなくていいから楽っちゃ楽。
臥龍は効果時間長いからね、城ゲージをイケニエにすればOK。
ただし操作ミスして城に帰るのが遅れちゃったら終了のお知らせ。武力上昇値低いもんね、臥龍。
だから大体こちらの負けパターンはソレ。押し潰されちゃうとどうにもね。そういう流れになっちゃうのがそもそものミスなんですが。
こっちはかき回してナンボだからね。だから李通、なんでキミはそんなに一騎打ちしたがるのかと「どわっしゃーい!」


そういや10月のイベントが発表されておりましたな。
今回も龍玉は2回、ここ期間に合わせてプレイする事になりそうスな。
地味ーに秘伝書のプライスダウンが嬉しいスわ。軍師R徐庶の転進増援に奮攻+奮攻付いてないんスよね。
秘伝書って安売りの時ナンボで買えたっけか? 通常だと20000だよね。
今現在確か15000有るけど、前に安売りの時買った秘伝書は16000くらいだったかなぁ……
まあ期間中は獲得兵糧もUPするみたいだし、なんとかなるでしょ。






































武将紹介のコォ〜ナァ〜。






じょしょさん。

徐庶さん。

バトル軍師、金ピカになって再登場の巻。流石は撃剣の使い手。関係無いけど。
孔明へのプレリュードとして有名な人物なので、こちらも詳細はぐーぐる先生に聞くのが吉。
イラストはチョイワルオヤジっぽいダンディズム満載が素敵な一枚。渋いオジサマ好きにオススメ。


本ゲームでの能力は

2コスト 人属性 騎兵 武力6 知力9 伏兵・募兵 『狭者の陣法』消費士気7

です。武力6は心許ないけど、騎馬かつ大軍持ちなので結構シブトイです。募兵が地味に嬉しい。
しかしこのカードは計略こそに注目ですぜ。噂の旋略持ちで、しかも号令とダメージ計略をどっちも使えるという便利さ。

まずは上向きで使う号令の方ですが、自身中心円の効果範囲内の武将の武力+5と敵の計略対象にならないという効果が。
武力上昇が5なので英傑号令とも戦えて、しかも相手の妨害やダメ系の対象にならない。こりゃあ強いですぜ。
勿論士気は7だから通常の英傑号令の士気6とは差が出来てしまうけれど、士気1で効果範囲の武将が全員計略対象にならなくなるんだから贅沢ですわ。
そして何より勢力限定ではないという事。これ大事。
2色で士気7計略は重い感じもするけれど、脳筋武将を妨害やダメ計の存在からガッチリ守りつつズンズン前に出す事が出来るのは余りあるアドバンテージ。
武力上昇値は5なので、奥義の強化系陣略等で更に倍プッシュするのがトレンド。

そして下向きで使うとダメージ計略。号令と同じ範囲の自身中心円の中の敵武将『全て』に雷を落とします。
範囲内全員という事で、その威力は抑えめ。知力1の大軍無しのみ確殺です。
勿論範囲内に無双呂布が居て、しかも復活計略持ちがいないならばぶっぱするのも有りとは思います。
でもメインで使う計略ではない、というのが一般見解。
しかし世の中には『範囲内の武将の知力を下げる』奥義がありまして。
軍師R禰衡の『指鹿為馬』の効果で知力が−5(MAX効果)になると、知力6までの武将が確殺という恐ろしい威力に。
しかも秘伝書で『知減+知減』とか付けちゃうと知力−7、素の知力8まで確殺。なんという威力。
実際このデッキが猛威を奮っていた時代、SR徐庶が相手の時は常にR禰衡の事を考えろなんて事も言われたりしてました。
偽装単色にしてでも指鹿為馬+侠者落雷の威力は使いたい程の威力だった。そういう事ですわ。

良い所ばっか書いてきましたが、勿論このカードにも弱点は有ります。
まずは号令での武力上昇値と士気消費。同じ上昇値ならもう一手が勝負を決める訳で、そうすると士気MAXから使える計略に差が出てしまうんスね。
ただこれも相手のもう一手が妨害・ダメ計ならカバーできる訳で、そこまで致命的じゃないと。
ダメ計の時の弱点は、それ単体で勝負が決まる事が限りなく少ないという点。それこそ指鹿為馬とかと一緒に使わないとね。
そして一番キツいのが、超絶強化に対抗出来ないという事。まあ号令全般そうじゃねーかってのは分かっておりますが。
デッキを組む時に超絶対策を用意しておくのがよろしいでしょうな。一番の超絶対策が落雷持ってるRの自分自身ってのがまた運命を感じます。

まあこんなん言うてますけど、弱点と言うには細か過ぎる点でして。メリットの方が遥かに大きいんですわ。
今でもカード使用率TOP100にランクインしてますし。流石ですわ。

これ一つで号令と脳筋対策・ダメ計と用意出来る優秀なカード。今後も使われていくであろう良カードですな。
posted by 螺旋 at 02:00| Comment(0) | 三国志大戦3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする