2006年05月23日

三国志大戦の話 四十二戦目

久々更新とか言ってるうちに本日が『三国志大戦1』の最終稼働日ですよ。
遊戯する事一年強、堪能させてもらいましたわ。


でまぁ、今回は『有難う大戦1』という事で螺旋さん的お気に入りカードを少ぅし並べてみましょうかねぇ。

じゃ、いってみよう。




【魏】

『R司馬懿』
何は無くとも先ずはこのお方。怒涛の連破で全てを押し流せ。
ダメ計の魅力にハマる事になった記念カード。士気=ダメ計発動用ゲージだわよ。
大戦2では『天下の大軍師』にジョグレス進化。使用率上がるんだろうなぁ。むぅ。複雑。



『UC張コウ』
記念すべき大戦1遊戯後の初排出カード。攻城兵。浪漫。
まぁプレイ初期は「うわ足おせー」とか思っていたけど慣れるにつれて浪漫にドップリ。
R曹操とのコンビプレイで城門一発は試す事に意義が有る。



『Cカイ越』
物凄い地味ーな見た目に反してメチャ使える能力。d兄弱体化後使用率がちょい上がったねぇ。
魏6枚ではお世話になりました。1コスでこの能力はかなりの良カードだわね。







【蜀】

『UC陳到』
御存知リビングアーマー。活持ちのシブいやつ。蜀では随一のお気に入り。
兎に角復活。これに尽きる。1.5コスとしては並の能力ですが、そこは愛でカヴァー。
だから絶対中身は美女だって。眼鏡のクールビューティーだって。声? (∩ ゚д゚)アーアーきこえなーい



『SR黄月英』
えっへっへ、亮ちんてば驚くぞ〜。その姿・口調と相反する素敵な計略持ち攻城兵。
士気4で愛車に点火(イグニション)、目指すは城門。爆走、特攻(ブッコミ)。
甘く見てると“不運(ハードラック)”と“踊(ダンス)”っちまうぜ……?



『UC簡雍』
Ver1.2新カードでの浪漫担当。全攻城兵の敵。残りカウント00で士気3消費するのが神。
通常は大徳デッキに混ぜるのが定石っぽいけど螺旋さんは飛天と組ませたりしてました。マジ意味分かんね。







【呉】

『SR呉夫人』
記念すべき初SR。しかし引いた当時はママンの有用性に気付かず。知力UPは偉大だわ。
絵師がきくち正太氏なのも大いに関係有り。まさにおかん。



『R周泰』
なんとかしてくれたから。



『R呉国太』
新カードから二張の出番を奪った「ごくせん」がエントリー。てめえら、やっちまいなー。
防柵小再建の使い勝手の良さは異常。柵デッキでは必須でしょう。







【他】

『C劉表』
ぼくらのアイドル馬鹿先生。その強烈過ぎる計略でコモンなんですか先生。流石です先生。
他軍所属だからこそここまで輝けたんだと思う一枚。ホンマ他軍は1コスの宝庫やで。



『SR貂蝉』
傾国の舞でジワジワ陥とすのが螺旋さんの戦略(タクティクス)。
傾国名君がメインの時も有りました。スーパードクターKadaが登場するまでは。おのれ。
あと絵がエロい。これ大事。



『UC張魯』
「世界 不思議発見!」 草野仁にクリソツな米フェチ。
呂布と一緒に他所の国へ出張させたりしてました。能力もそんなに悪くはないんスよ?







【袁】

『SR袁紹』
島本和彦だから。



『UC劉備』
SRでもおかしくないプチ壊れカード。UC陳到と見比べてはいけません。鎧の中の人が泣いちゃうぞ。
色々と物議を醸し出した計略がキモ。リレミトは2で範囲変更。さてどうなるか。



『C審配』
「もう駄目じゃぁ〜〜〜〜!!」のお声も素敵な御方。弓兵だったら大人気だったわね。
過去に『外堀決壊』で敵さん全員(5人)流した時に脳内麻薬がドクドク分泌したのも良い思い出。







【涼】

『SR呂布』
暴走機関車は止まれない。止まらない。走るダメ計、赤兎咆哮。
2になって更に上方修正。士気4で武力30オーバーは浪漫。
ダメ計だけはカンベンな。



『UC高順』
陥・陣・営! 陥・陣・営!
柵を一撃で粉砕する快感。敵さんに居るとイヤな武将上位ランカー。
攻城力も上がって趣味のカードから実用的カードに。ナイス。



『C魏続』
涼にあっての弓。1コス武力3。隙が出来たら『卑屈な急襲』
実に目立たない良カード。このおかげで勝った試合もチラホラ。
知力4が本当に地味に効く。









いやぁ、こう見ると変なチョイスですわね。
まあいいや、これが螺旋クオリティ。

排出停止カードもボチボチ含まれておりますな。
SEGAさん、陳到だけは出してつかぁさい。後生でおます!




何はともあれ、これにて『三国志大戦1』は終了。
今迄有難う御座いました。
今度は『三国志大戦2』で宜しく御願いしますわ。



posted by 螺旋 at 04:09| Comment(0) | 三国志大戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月23日

三国志大戦の話 四十一戦目

はいはいはい、前回から一月も間が空いてしまいましたわ。御免して頂戴。
『三国志大戦2』の話が出てからもチョコチョコとやってたですよ。ええ。
まあアレよ、ショックではあったわよ。


R司馬懿の計略変更がね。

さらば水計連破。さらば水洗便所。
そして2でのシバチューの能力は

武6 知10 騎馬 計略『攻守自在』士気消費6 伏 魅

というもの。
数値的にみれば相当なものですな。
知力10の伏兵に武力6の騎馬。
2コスでこの能力ってのは大事ですぜ。武力6なら戦闘要員になるし。
やっぱ神速に入ったりすんじゃねーかしら。
で、計略ですが。
色々な所でロケテの話を聞くと


『攻守自在』 士気消費6 範囲前方円

計略範囲内に味方が多い場合 味方に武+4・速度上昇
計略範囲内に敵が多い場合 敵に武−3・知−5


という鬼計略に。
すげー、なんだコレ。汎用性高過ぎ。
こんなんメッチャ使われますやん。
今の呂姫みたいな使用率になんのかなぁ。うむぅ。


そのライバルのSR孔明先生もエラい事に。


武3 知10 槍兵 計略『八卦の陣法』士気消費6 伏 魅

武力が3になった事で迎撃も安心して行えまする。
そして計略ですよ計略。


『八卦の陣法』 士気消費6 範囲前方円

範囲内の味方の数に応じて効果が変化する

1人の場合 武+9・速度上昇・兵力徐々に回復・敵の計略対象にならなくなる(一騎当千)
2人の場合 武+5・速度上昇・敵の計略対象にならなくなる
3人の場合 武+3・兵力徐々に回復
4人の場合 武+2・兵力が一定量回復
5人以上の場合 自身を含まない『援軍』


何でしょうこのフレキシブルな計略。
流石丞相、癖が有り過ぎます。
Rも攻城兵から弓兵になって計略が変わったっていうし。
こりゃ2は二大軍師の時代かねぇ。








そうそう、最近はワラワラ仇討ちデッキで遊んでますわ。
黄巾三兄弟に徐夫人入れて後は吶喊。そんだけ。
ポコポコ撤退したら仇討ちの勅命。頑張れ黄巾の徒。
地味に武力13とかになってウザい事この上ないですよ。
まあ連環で乙な訳ですが。あと大水計。運が無かったですね。プーン。


posted by 螺旋 at 02:48| Comment(0) | 三国志大戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月23日

三国志大戦の話 四十戦目

ヒャハー、ガッツリやってきちゃったぜー。
それでも六品安定なのはもはや宿命としか言い様がないぜー。
『○○×○××』ワンセットを繰り返すのは最早芸術性すら感じるね。



この前から少し研究し始めた魏6枚デッキをメインで使うたんですがね。
結構面白いスよこのデッキ。


基本は開幕両端攻めで、三部隊ずつに分ける。伏兵はそれぞれ両側に配置。
騎馬二体は後方からオーバーラップかねぇ。
まぁ、悪来が伏兵踏んだら終わりなのでそこだけ注意ね。
理想はR李典で踏めたら踏む。次点でR楽進。
相手さんで伏兵三体は中々御眼にかかれないし、まあ良いでしょ。

キモは、こちらの伏兵を出来るだけ脳筋に当てる事。
両端攻めすると焦って結構踏んでくれるんよ。
まぁ、知力7と8の伏兵だからそんなに過信しちゃいけませんが。

このデッキでのキーカードは反計&看破  かと思いきや神速戦法と弱体化の計の御二人。
特に士気4で連発出来る知力4の神速戦法は攻めにも守りにも使える。
そう考えるとUC曹仁て偉いよなぁ。神速状態での武力9突撃はイタいぜ?

そしてもう一つの要、Cカイ越の弱体化の計。
士気消費5、馬鹿デカい範囲、武力−4。使えない筈が無い。
そして自身のスペックが武2知7の弓兵で伏兵。   
……改めて考えるとこれがコモンておかしくね? マジ頼み綱。
最終兵器は怒涛の『弱体化の計』2連発。武力−8とかマジ有り得ねぇ。
相手に浄化持ちが居なければ号令系も怖くないぜ!

超絶強化? シラネ


違うよ、そこはキバヤシと御爺で無効・反射ですよ!
実際他単の『黄布デッキ』と当たった時天下無双を4回無効化したからね! R李典マジ使える。

あとR楽進の一騎打ちとかマジ燃える。
この前白銀中の馬超を落とした時は脳汁出まくりんぐ。
ウチの楽文謙はその他にも進撃中のSR孫策だの神速中のSR張遼だのを落とすまさにキラーカード。
やっぱ勇猛って偉大だよな。うん。




しかし悲哀には相性が悪い一面が。
何だかんだ言うてもUC典韋が落ちたら何もできませんからなぁ。


そう、このデッキの弱点。それがUC典韋。この御方が撤退すると攻め込めません。
R徐庶の落雷をキバヤシと御爺の範囲外から打たれて何回落ちた事か。



しかしまぁ、やってて結構面白く感じたのでまだまだこれで行ってみますかね。
魏はコスト1が豊富スから。

C蔡瑁とか面白くね? 知力5だけど連環持ちだし。これなら超絶強化にも対応出来るし。
オイオイ、夢広がるっつーの。







で、水計連破至上主義としてデッキ構築。


【隙無き連破デッキ】

R司馬懿 R田豊 R顔良 UC劉備 Cカイ越

総武力24 総知力33 伏3 勇1 活1 魅2


昔の人は言いました。
連破デッキの武力不足に悩むのならば、全体強化を入れればいいじゃない。
だったら後方指揮が弱体化した今、R田豊しかないじゃない。
しかもこれだったら士気もキャッシュバックされるのよ。連破し易いじゃない!
だったらアタッカーも士気バック系にすればいいじゃない! 凄ェ! これ凄ェ!



実際使用した結果→ん、割とイケるんじゃね?


開幕は伏兵3枚で中々攻め込まれず、士気が溜まり易い。
まぁ、シバチューは早めに出した方が良いんスけどね。
武力5でも戦力なのよー。相手さんの伏兵も掘れるし。

まぁ、基本は袁単と同じですよ。
隙無き攻勢で攻め上がり、危なくなったら迅速な転進。
士気最高値が9だから、少しずつでも使わないと時間が無断になるし。

で、相手に隙が出たら連破。
1発目はなるべく脳筋に。知力1なら即死だぜ。おお、浪漫。
相手に雲散系がいなければR顔良も使う。
武力上昇地が5になって結構使い易くなったし、何より計略の継続期間が短いにが良い。
士気バック系は長すぎるのも問題だしね。

武力13で突っ込んで乱戦に持ち込み、撤退しないうちに計略が切れて士気バック。
そこで纏まっている敵さんに連破炸裂ですよ。決まれば爽快。反計だけはカンベンな!










今回の排出でR賈ク引いたんだよねぇ……
で、R鄒もこの前引いたんだよねぇ……

ふむ、一つ鄒賈クも作ってみるかしらん。




















武将紹介のコォーナァー。





乱世の姦雄。

曹操さん。

この間トレードでようやっと手に入れた『破格の才』です。くっそ、カッケーなぁ!
本ゲーム稼動当初はこれが2万3万で取引されていたってんだから凄いの一言スな。
まあ、『蒼天航路』のおかげで『三国志』言うたら『曹操』というイメージが固まりましたからなぁ。

またこれ裏に書かれてる台詞とか勝利台詞とかが熱いんだわ!

『今こそ飛躍の時。我が志は、千里にあり!』

こんなん聞いて燃えない方がオカシイちゅうねん! ホンマ孟徳は真なる英雄やで……!




で、本ゲームでの能力。

コスト3 武8 知10 騎馬  伏兵 魅力 復活  計略『覇者の求心』

コスト3も破格なら特技3つ持ちも破格。というか特技3は唯一無二。
しかしアクが強いのも事実。
結局の所、このカードをデッキに加えるとほぼ『覇王デッキ』になってしまう。
コスト3て結構難しいもんやねぇ。

だが侮るな、武力8知力10の復活持ちはそれだけで卑怯。
SRの幅が増えた魏ケニアでは間違いなく強カードだぞ!
この前『SR曹操 SR張遼 SR関羽』の魏単騎馬ケニアにケチョンケチョンにされたから分かる。

計略が現Verで強化されたのも大きいスな。
士気6で約10カウント持つ英傑号令ですもの、弱いわきゃないですわ。



ふーむ、今度このカードを使ってデッキ構築してみるかねぇ。

posted by 螺旋 at 03:37| Comment(1) | 三国志大戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月16日

三国志大戦の話 三十九戦目

さてさて、15日で三国志大戦が正式稼動してから一周年でござんした。
初期から遊ばせてもらっている身としては中々に感慨深いものがありまする。


最初はカードを只闇雲に相手の城へと移動させていただけでしたよ、ええ。
兵種の違いもよく理解していなくってねぇ。
連突? ワイパー? ナニソレ? てな感じでしたよ。

いやまぁ、今も知識として知っているだけで思うようには動かせない事が多々有りますが。
迎撃なんて日常茶飯事だぜ!(駄目駄目)



でまぁ、デッキの変遷を書こうと思ったんやけどねぇ……



オイラ未だにメインデッキ決まってませんわ! HAHAHA!!



ホントにねー、色んなデッキに手を出しては慣れる前に変更 ってなもんですよ。
そりゃ上達もせんわいな。
一応連破デッキが宿命という身ではありますが、今まで連破のおかげで勝った事少ねぇし。
イク様に熱視線送られて乙。馬鹿先生に二度掛けされて乙。
大体勝つときは裏の選択肢トン兄で睨んで勝つ方が多いし。

現Verになってイク様の視力もちょっと悪くなったからシバチューもハッスル出来るかと思ったら
暴虐纏った程イク御爺が爆走してたりで結局近接ダメ計が乙。
そりゃ灰燼と帰さしめる方が人気出るわいな。アメフラシもショッパい事になったし。


まぁまぁ、グチグチ言うてても仕方あらしまへん。
しっくりくるデッキを開発せにゃなりませんな。


で、今の所ボチボチ使用しているのを以下に。



【魏6枚デッキ反計看破Ver】

R楽進 R李典 UC典韋 UC程イク UC曹仁 Cカイ越

総武力26 総知力29 伏2 勇2


割と基本に忠実な魏6枚。
R李典ことキバヤシを何とか使えないかと考えた結果こういう形に。
曹仁と典韋が同時に落ちるとその時点で詰み。なるべく離して運用。
全体強化でR郭嘉という選択もあるけど、キバヤシが使いたいが為に断念。

実際使用していると分かるけど、キバヤシ地味過ぎ。
ワラワラ詰め寄ると相手さん高確率でR李典の存在忘れてくらはる。
横から程イク御爺がプレッシャーをかけるので反対方向で計略発動→「全ては予測通りだ」
看破決まる事多数。士気2ってエラいよね。
そして地味に便利な弱体化の計。久々に使っていて範囲のデカさに驚いたわ。
今じゃUC荀イクなんて対抗馬がいるけど、利便性の差でカイ越に軍配かしら。個人的に。


しかし6枚は疲れるわ……!





【隙無き栄光デッキ】

R袁紹 R田豊 R顔良 UCトウ頓 UC劉備

総武力28 総知力24 伏1 勇1 魅2 活1


R田豊が手に入ったので(以下略)

いや、強いね。R田豊&UC劉備。
隙無き攻勢→迅速な転進は極悪。場合によっちゃこれだけで勝負が決まる。
兎に角劉備。このカードを上手く使いこなさないと袁単で勝利は見え難いかも。


まあダメ計&雲散いたらその時点でアウトなんだけどねープップクプー(←灰燼と帰さしめられた人)






【傾国名君デッキ】

SR孫権 SR貂蝉 R呉国太 R周泰 UC程普 

総武力22 総知力31 柵4 魅3


何故今頃とかいう声が聞こえてきそうですが。
しかし螺旋さんデッキ集で現在このデッキが一番勝率が高いという不思議ワールド。
どうせなら流星名君で単色にしろとか言われそうですが却下です。城ダメ継続は浪漫なのです。
しかも兵法連環じゃないし。
戯れにLV上げしてみた再建の法MAXが火を噴くぜ?

今流行中の暴虐だのツンデレ無双・改だのは柵と槍と名君でイナフだ!



まあダメ計で終了な訳ですが。






で、今回このデッキでプレイした雑感をば。



結果→○○×



1戦目:涼単暴虐封印デッキ

SR董卓 SR呂姫 R賈ク R張遼 C蔡ヨウ


柵に引き篭もって踊ろうと思ったら相手さんが4人暴虐使ってくれたんで驚かしまくった。以上

因みにSR貂蝉は一発城を殴ったりしてました。端攻め恐ろしや。





2戦目:魏涼神速暴虐デッキ

SR董卓 SRホウ徳 R張遼 UC程イク UC蔡文姫


何処の爆走団かと。 男気満載。

とりあえず引き篭もって序盤耐える、踊るのコンボ。
相手さんが神速を踊ってくれたんでそのまま放置して引き篭もり続行。
神速の騎馬が面白い様に串刺しになってました。 南無。





3戦目:呉他締結神医デッキ

SR華佗 R盧植 R周瑜(旧) C丁奉 C張任


やめて神医 神医やめて
やめて赤壁 赤壁やめて










五品と六品を行き来する。それが螺旋クオリティ。






posted by 螺旋 at 03:10| Comment(0) | 三国志大戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月28日

三国志大戦の話 三十八戦目


大会あったんスね。自分は参加しない方向でしたが。
というか気が付いたら終ってたよ。ションボリーナ。









〜前回までのあらすじ〜


前回を読むのであーる!(アラスジ大佐 談)





嘘嘘。

前回最後のカード排出でドキドキしながら開封した結果――










乱世魔王

魔王降臨。


よりによって今この現状で引くとは……!

そう、現Verはまさに董卓の時代。魔王は1.12で暴虐を尽くす。

それくらい強化されているSR董卓。
カード使用率ランキングがそれを明確に物語っておりまする。

で、使用した結果。




( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \



ハンパねー。マジハンパねー。



士気5がこんなにも軽いものだとは思わなかったズラ!
武力上昇+速度上昇マジヤバい。
全ての兵種の速度が上がるなんて反則だろコリャ。


COM戦にてその威力を調査した結果、笑いが止まらない状況に。


暴虐なる覇道+飛将降臨=地獄

武力60overの孤狼が全てを薙ぎ倒す。蹂躙せよ!


そして魏と組ませても良し。

暴虐なる覇道+UC張コウ+UC程イク=恐怖

速度アップ武力13の攻城兵と武力7の高速反計槍おじいちゃん。

相手の城ゲージさえガツンと減らせばこっちの城メーターなんてなんぼ減ってもよかばい!




あー、でもこれ現Verでは全国で使わないな。うん。
螺旋さん天邪鬼だし。流行ってるの使うのなんとなくヤ。

っていうかこれ上手く使う自信が無(ry






そんな訳で相変わらずMyデッキ模索中。
この前トレードでR李典入手したんで反計デッキ作ってみるかね?





今回試したデッキ。

【柵柵柵柵柵柵柵デッキ】

SR呉夫人 R孫権 R呉国太 R張昭 UC小喬 C虞翻 C張紘

総武力11 総知力49 柵7 魅力4



何か?



怒涛の柵7枚デッキ。
コンセプトもクソも無ェ、只柵を愛するのみ。
ふんばれ男の子、ダメ計喰らっても割と耐えるぞ!


何が恐ろしいってこれで討伐成功出来るから恐ろしい。
相手にしたデッキは蜀涼奮起暴虐・大徳・袁単バラ。
デッキの相性もあったんだろうけど、何とかなるもんだねぇ。


こっちの戦術は兎に角柵強化柵強化壊れたら柵再建一個壊れたら小再建
纏まって柵壊しに来たら火計柵全滅近くなって危機一髪なら兵法再建(LV:MAX)
残りカウント少なくなったらメテオ。


もういっそ清清しいね!
兵法再建のMAXは相当ウザいぜ。復活+強化だからね。
そこを弓でチクチクチクチクチクチクチク(ry


……いっそこれをメインデッキに!?(止めなさい)











posted by 螺旋 at 03:38| Comment(0) | 三国志大戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月23日

三国志大戦の話 三十七戦目

何とか現Verに慣れてきましたよっと。
ワイパーも無くなった訳じゃなかったのね。
速度は遅いけどちゃんと削れるし。好好。
しかし今回は乱戦が重要になってきてるねぇ。
ゴリさんに再び陽の目が来るかしら。



前回排出カードが色々と多彩だったので再度デッキ構成をば。
いいかげんメインデッキを確定せにゃなりませんのう。



【呉バラ銀色デッキ】


R孫策 R周瑜(新) R周泰 R孫権 R小喬


総武力24 総知力25 柵3 魅3 勇1



入手したストライダー周瑜を使いたいが為に構築。


結果→○○×○○○


何この使いやすさ。

呉にあっての高知力騎馬の有難味。ダメ計でも落ちないって素敵。
伏兵掘りだってお手の物。
しかし何と言っても最大の武器は高加速から繰り出されるファイヤー・アタック。
流石特A級ストライダー、火計の範囲縮小もメじゃないぜ!
このデッキだと皆様超絶強化→江東の小華のコンボに気を取られるみたいで面白いようにコンガリさん。
ホンマダメ計の爽快感は五大陸に響き渡るで……!

基本的にR孫策はNR周瑜の後を追従する形で運用。
周瑜自体低武力だから万一槍に刺さってもそこまで大打撃ではない所も素敵。
槍が消えたら策兄が吶喊ですよ。一騎打ち発生でドキドキするのはデフォ。

ちなみにキーカードはR孫権だったり。
ダメ計の心配が無い時とかには手腕を使用するざます。
武力7のR小喬がこっそりと壁殴ったりします。歩兵は壁殴ってナンボじゃろうが!
いやまぁ、超絶から小華のコンボも使う時は使うんですけどね。
緊急時にはなんとかさんに小華をかける。ダメ計だけは勘弁な!


柵3枚も地味にウザいし、暫くはコレでいきますかいねぇ。
でも今呉バラ流行ってるしなぁ……ううん(天邪鬼)



■今回ストライダーが燃やした敵の数=14体


鬼か。









もう一つデッキ構築。



【他単呂布ワラデッキ】

SR呂布(旧式) SR張角 UC周倉 C刑道栄 C張梁 C張宝


どう見ても開幕乙です。本当に(ry



いやもう普通に強いよねコレ。
騎兵・槍兵の弱体化により相対的に強くなった弓兵・歩兵。
乱戦状態に突っ込む武力10の騎兵の恐ろしさといったらもう。
あ、ダメ計だけは(ry









そしてカード排出。
今迄新SRが出ていない我が身としてはここらで一発ドカンと行きたい所ですが……


いざ開封!



【R大喬】


おう、レアで御座るか。
天啓の効果時間がちっとばかし長くなった今、天啓→大華のコンボは有りなのかしらん。



む、今回は新R出たし打ち止めかねぇ……(2袋目開封)







……


……






    ( Д )  ゚  ゚









次回『魔王降臨』に続く。















武将紹介のコォーナァー。



なんとぉー!(あの声で)

周瑜さん。

誰が呼んだか『美周郎』。
でも新Rである本カードには魅力が付いてなーい。これぞSSQ。

その絵から忍者マスターだのストライダーだの呼ばれている軍師さん。
しかしカッチョイイのは確か。3Dモデリングでもちゃんと覆面してます。
そして圧倒的に多い気がする一騎打ち。戦闘毎に必ず一回は発生する気がする。気合でカヴァー。



では、本ゲームでの能力。

コスト1.5 武3 知8 騎馬 計略『火計』

返す返すも特技無しが惜しい。このパラメータなら伏兵はあっても良かろうに。魅力すら無しとは。むぅ。
しかし騎馬での伏兵掘りが可能になった事は呉にとって大きなプラスである事は確か。
高知力弓兵で掘っても逃げられない事が多々あったしねぇ。

旧Rの周瑜の使用率が上がっている今こそストライダーの出番だ!
VSBR乱射の移動砲台F91の如く敵兵を焼き尽くせ!

「必殺の炎、放つのは今だ!」




止めて看破
看破止めて
posted by 螺旋 at 14:31| Comment(0) | 三国志大戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月16日

三国志大戦の話 三十六戦目

されましたね。アップデート。
やっぱり微妙ーに動きが違いますな。
槍の動きが緩慢だし、騎馬の加速助走長めだし。
連突が上手くいかねぇのなんのってあーた。
あと董卓と陸遜増え過ぎ。マジで。
特に董卓とかマジ有り得ない。
城ゲージ全然減らないでやんの。
そらこっちの一体だけの破滅的な献策じゃあ相手になりませんわ。
ウウ、慣れるのに時間がかかりそうだなこりゃあ。




で、そろそろ違うデッキも試したくなったもんで新デッキ開発。
以前入手したネコミミこと新R小喬をどうにかつかえませんかねぇ、というコンセプトで。



【旦那と義母の横で義兄となんとかさんを応援しまくる嫁 デッキ】

R孫策 R周泰 R周瑜(旧) R小喬 SR呉夫人

総武力24 総知力28 柵3 伏1 魅4 勇1


なっげぇ名前のデッキだなオイ。しかも全部キラッキラしちゅうよ。派手派手ーン。
取りあえず使用した感想。


『赤壁の大火』TUEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEE!!



ヤベー、R小喬入れる意味がないよコレ。
超絶強化→『江東の小華』使うなら同じコストで焼き払った方がいいって。あ、『漢の意地』だと士気6か。
でもねぇ、知力6の兵力MAXを一撃で燃やすとは思わねーじゃんか。
しかもR周瑜自体のスペックもよく考えたら異常だろこりゃあ。
コス2のダメ計持ちで知力9の伏兵、武力6の弓兵だよ? 徐盛より強いぜ?(螺旋さんそれUCUC)

今回の『火計』の弱体化に伴い相対的に強くなったわね、赤壁の大火は。
範囲もデカいし、言う事無しだわさ。


あ、戦闘結果は○○△で。
もうね、皆さんR小喬がいるだけでR孫策とR周泰に気を取られる様で。
シューユ砲炸裂炸裂。でもこれが通じるのも今だけなんだろうなぁ。
最後の引き分けは相手方にちんまりといたR陸遜にこんがりと主力二人をやられてアワアワしちゃった結果。
というか知力9のR周瑜ですら兵力が半分以上減るってどういうことよ! りっくん今迄相当鬱憤が溜まっていたのねぇ。







んでまぁ、前回言ってた他軍バランスデッキも試してみたのよ。ちょっと弄ってたけど。


【他軍バランスデッキ】

C張任 UC盧植 UC皇甫嵩 C黄祖 C劉表 C張宝

総武力24 総知力36 柵1 伏2 魅1 活1 


黄巾リーダーSR張角は外しで。いやほら、戦力欲しいし。
一応兵種は全て揃いーの、計略も揃いーので悪くはない筈。うん。
教えからの麻痺矢・賊軍討伐令、馬鹿からの落雷。
一応UC十常侍入れて馬鹿密通とかも考えたんだけどねぇ。
っていうかね。


結果→△△


ゴメン無理。オイラ6枚以上のカードは捌ききれねぇ。
しかも最大武力6だし。そこまでスキル持ってへんちゅーねん。
その点考えると『ワラワラの勇』ろっくさんは凄いわさ。
アタシもワラワラの練習すっかね。
ハァ、ドクターK欲しー天下無双欲しー。






で、今回の排出カードで以下のカードが出ましたよ、と。ピックアップで。


魏 UC荀イク
呉 R周瑜(新)
涼 R華雄 R呂布 UC鄒
袁 R袁紹




……神はオイラに西涼を使えと申すか?

だってさー、R華雄とR呂布が出たら絶対『悪鬼の暴剣』→『飛将降臨』のコンボをしろって事JAN!
R賈クが手に入ったら組むわ。マジで。

で、噂のストライダー周瑜こと新R周瑜。忍者マスター。
1.5コス武3知8騎馬は呉には有り難い……んだけど、火計の範囲がなぁ……
しかしそこは機動力でカバーするのが特A級ストライダー。「貴様等にそんな玩具は必要ない」

R袁紹は……ねぇ?(微妙な笑み)













武将紹介のコォーナァー。



呂布伝説。

呂布さん。

御存知『最強』。
裏切りを繰り返し『虎狼』と忌み嫌われるもその武は本物、『飛将軍』とも呼ばれたお人。
絵師はせがわまさき氏。『バジリスク』が記憶に新しいですな。


呂奉先ですよ。『魔王』董卓をすら裏切った、三国志前半の華。
蒼天航路じゃドレッドヘアで登場して度肝を抜かれましたわね。
また従来の呂布像とは異なり、我侭&狡猾というよりは純粋故の狂気という感じで描かれておりました。カッコイイんだこれが。
まあ『呂布』でぐーぐる先生にイメージ検索してもらうと多種多様な呂布が出てきますがあえてノーコメントで。


さて、本ゲームでの能力ですが。

コスト2.5 武9 知4 騎馬 勇 計略『飛将降臨』

2.5コスとしては悪くは無い能力。
っていうか、呂布なのに知力が4もある方が驚き。こんなの呂布じゃないやい!(暴言)
しかしこの知力4が曲者。伏兵踏んでも生き残る可能性があるってのは素晴らしいと思うんだァ。
あとはまぁ、武力4勇猛持ち騎馬は使えない筈が無い、という事で。
そして一番の特色は計略『飛将降臨』の存在。
戦場に出ている味方武将を強制的に撤退させ、その分の武力を自分の武力に足すというモノ凄ェ計略。
超絶強化の後に飛将降臨すれば武力30以上の騎馬が所狭しと大暴れ。
でもダメ計だけは勘弁な!

相方はR華雄かR董卓でイナフだ!
しかし現Verでは董卓の暴威止まらず。呂布で喰わない方が使えるという現実。オロローン。
posted by 螺旋 at 00:00| Comment(0) | 三国志大戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月08日

三国志大戦の話 三十五戦目

ちまちまプレイ。一回で最大600円の出資。なかなか討伐成功しないけどネー。




久々にホームじゃない所でやってたらロケテ版だった。流石直営店。
早速プレイしてみたよ。



感想→自城にヌルリと入るのが面白ぇ。


これイイね。自分があとどれくらいで城に入れるか分かんの。
全体的にはやっぱりワイパーの弱体化が顕著だったかねぇ。
あまり得意じゃない自分にとっては有り難くもあり。




でまぁ、一回やってみた訳ですよ。
最近ハマっている『破滅的な献策』デッキで。
但し今回はちっと改訂版。



R張遼 R陳宮 R姜維 R張飛(旧)


総武力27 総知力21 柵1



『自城ゲージ削る計略なら火事場張飛とコンボになるんちゃうの?』という至極真っ当な考えにより再編。
2.5コストの枠を

SRホウ統・C魏続 → R張飛(旧)

にチェンジ。
伏兵と槍・弓が無くなる代わりに高武力勇猛持ち騎馬。
さてこれをどう見るか。

つーかねぇ、二色にしてる時点でススメが使い難いのですよ。士気6はデカい訳で。
パラメーターだけ注目すりゃSRホウ統はかなりのスペックですよ。ええ。
でも結局ススメ撃てなきゃ意味無いのよ。

まあまあ、5枚デッキでも立ち回り方は色々あると思いますが、取りあえず今回は火事場を入れて4枚でチャレンジ。
いざや全国対戦へと参らん。





結果→○×


ううん……攻め込まれると妨害が欲しいのう。ここらへんは要修練ですな。



以下覚えてる範囲で。



1戦目 相手さんデッキ [R曹操 R夏侯惇 R楽進 UC張コウ(魏) UC蔡文姫 ]


ゲェェー! 一発開城デッキだァァー!?
しかも神速の姫によるハイスピード火の玉特攻Ver。
恐ろしいことに相手の方2連勝中。
オイオイ、こいつはちと厄介だぜ……?

まてまて、となると戦場が問題だ。カモン岩場に森!


武将を配置して下さい


いよぉおおーーーーーーしゃ(静かにガッツポーズ)


はい、という訳で右手から中央にかけて縦に長い森のステージ。
これでこちら断然有利スな。多謝多謝。

こちら配置は右手やや後方、森にかかる所にR陳宮配置。即ち柵。
盤面中央やや下がり気味にR姜維。その後方にR張飛(旧)。
遮蔽物無し、左やや下げ気味にR張遼。


いざ開戦。


相手さん中央に全員集結。
姜維いきなりピンチ。
慌てて下がり森に隠れる。隠れながら槍は出す。マジチキン。
その後方からR陳宮の弓で援護射撃。武力4が地味に素敵。
R姜維に壁連突しようとする相手さんの騎馬軍団にはR張飛で乱入。存分に暴れる。やっぱり武力9は素敵。

その時、大混戦の盤面中央付近を尻目に相手さんの城から一枚の武将がこちらに猛ダッシュ。
UC蔡文姫で御座います。おお、自城発進。
早期発見が功を奏し、こちらのR張遼で自城にはりついたUC蔡文姫に吶喊、そのまま乱戦。
そうこうしてるうちに大混戦が終了。兎に角硬いUC張コウを退却させると、御互い減った兵力を回復しようと退却開始。
ほうほう、相手さんは流石騎馬軍団。速いですなぁ。

……騎馬軍団?




「はい、そこまで!」



「中々やる」
「この程度で」
「この俺を倒すとは」



ホイ串刺し。

昔懐かし団子三兄弟。
ヤベー、脳汁出たわー。ドクドク分泌。



相手さん即『再起の法』発動。
こちら構わず兵力6割程度のR姜維で相手城門に吶喊。後ろではR陳宮が弓マウント。武力4だけど。
で、兵力半分程度のR張飛は自城に帰還。これ大事よ。
そして今迄兵力を回復していたR張遼出撃。

この時点で城門に一発ブチ込み成功。
相手さんの城から土煙がモウモウと発生。ははぁ、一発は捨てて兵力回復狙いスな?
ならばこちらは今こそ発動させて頂く。

『破滅的な献策』GOー!

相手さんが続々出てくる時には城門に武力17の槍兵が鎮座。しかも知力7。
城門から出てきたR夏侯惇と一騎打ち発生。危なげなく勝利。
次いで横からR曹操とUC張コウ、R楽進が発進。で、右端からUC蔡文姫が発進。即踊る。
ははぁ、神速で連突すりゃ武力上がってても関係ないわな。無敵槍も出ないし。
然らばその舞い、潰させて頂く。

R張遼で人馬一体発動、無理矢理森を突っきって舞姫を潰す。OK、完遂(コンプリート)。
実に1カウントだけ神速状態になったR曹操・UC張コウ・R楽進は躍起になってR姜維に連突しようとしますがそうはいかんざき(今更!?)
まだこちらもR張遼は神速状態、存分にかき回してくれるわ!


城門で仁王立ちするR姜維。それを止めんとする魏軍騎馬軍団(含む攻城兵)。
さらにそれを止めんとするR張遼。この一戦、どうなるのか……!!






ガシャーン

「俺さえいれば、勝利は確実よ!」


ワリ、右端の城壁ノーマークだったもんでR陳宮で殴ったら陥ちちゃった。


そしてR張飛に至っては自城にて戦闘終了。火事場使うの忘れた(´・ω・`)










ううん、この戦は完璧にデッキの相性だったなぁ。堪忍しておくんなせぇ。





次、2戦目ー。 

相手さんデッキ [SR劉備(奮起) SR董卓 SRホウ統 R黄忠 UC簡雍]

何この     何?


何故SR董卓が……? 何故蜀涼の二色……?
というか奮起ヤダー(トラウマ有り)


まあ疑問は尽きませんが、厄介な相手に変わりは無く。
だって、号令二種類に妨害、白兵強化、攻城兵乙だぜ? そら嫌やわ。



この試合は細かい事は覚えておらず。というかもう必死。
ただ言えるのは

・槍の後ろにいる武力8の弓はツラい
・簡雍一枚に大混乱
・奮起ヤダー

に纏まりますな。

結局こちらの『破滅的な献策』での自城ダメージが元で決着、敗北。
ウウ、改めて今思う。R黄忠強ぇーーー。
いや、実際士気4であの強化は無しだって。挑発してもボコられるし。


あと奮起はもうホント勘弁してつかさぁい。

オオオ、こうして又一つトラウマが……!






排出カードは二枚。

一枚がUC司馬懿、もう一枚がR司馬徽。
ウウ、水鏡先生ー! 僕に知恵を授けて頂きたーい!

「好好」


















武将紹介のコォーナァー。





「完璧だ」@蒼天


陳宮さん。現在のワタクシのデッキのキーカード。

『蒼天航路』で脚光を浴び、一躍有名人に。
ウウ、それ以前は只の呂布軍の軍師Aだったのにねぇ。良かった良かった。
またこのイラストが雰囲気出てんのよ。
曹操軍の水攻めに耐える姿……おお、陳宮!

まぁ『某女子校生が三国時代の英雄たちの末裔』という漫画では呂布と百合ん百合んの関係でしたが。


で、本ゲームでの能力。


コスト1.5 武力4 知力7 弓兵 柵


スペックだけ見ても1.5コスでは十分及第点。
何より柵弓で武力4は嬉しい。西涼軍ならば尚更スな。
だがそれだけじゃ無いぞ、陳宮の真骨頂は計略みある。
計略『破滅的な献策』は戦場にいる一番武力の高い武将に『武力+10』の強化。
かける武将が脳筋でも知力は陳宮に依存するから効果時間もノープロブレム。
しかしこの計略は自城ゲージを削るという諸刃の剣。
合計で城ゲージが満タン状態から2割持っていかれる恐怖。
槍や歩兵で城壁殴られるより減るんだぜ? おー怖。

だがしかし悲観することは無い。朗報だ諸君。
次回Ver.UP時には自城ダメージが減るっぽい動きだぞ。
これが実装されれば西涼の時代が来るわけだ。
さてさて、西方の風は吹き荒れるか?




posted by 螺旋 at 01:51| Comment(0) | 三国志大戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月02日

三国志大戦の話 三十四戦目


GPO白買ってからやる機会が減ったねぇ。
まぁ、バージョンアップもある事だしイレコミ過ぎん様にしますかね。








さて、今はメインで破滅的な人馬一体&挑発デッキを使っている訳ですが。
これやっぱりC魏続で勝負が決まるね。
攻城の決め手になったりする事多々。
あとはも少し破滅的な献策を使う場面を見極める事が課題かしらね。
R姜維にかけて挑発→殲滅のコンボか、そのまま城門特攻か。
R張遼にかけて人馬一体→殲滅のコンボか。
うーむ、精進精進。



で、なんぼか新デッキ考えながらCOMで兵法LV上げしてたらUC皇甫嵩を入手。
ほっほう、ならば他単バランスでも考えてみるかしら?


【他単バランスデッキ】


UC皇甫嵩 UC盧植 UC公孫サン C張任 C張宝 SR張角 


総武力25 総知力39 伏1


……おおう、以外とバランス良くておぢさん吃驚。
でも最高武力は6ー。しかも弓ー。しかも伏兵ー。心細EEEEEEEEEEEEEE!

いやね、一応計略は揃ってるのよ。
全体強化に知力上昇、速度上昇に高知力強化、ダメ計に復活。
しかしプレイングスキルが物を言う構成なのは確か。
兎に角『師の教え』から『賊軍討伐令』or『白馬陣』or『落雷』が綱。
相手さんががワラワラだったら討伐令、固まって攻めてきたら兵法連環から白馬陣で敵城特攻。
キーカードが高知力じゃなければ落雷ピンポイントで。
消耗戦になりゃ太平要術が天と気持ちをあわせるでイナフ。

でもねー、色々代える余地はあるのよね。
っていうか他軍は1コスが良すぎるからさ。

馬鹿先生、中華三馬鹿、アメフラシ。
他単ならC黄祖も結構使えるんよ。
伏兵捨てて自城発進すりゃ即武力5の弓、死んでも復活持ち。
麻痺矢だってカンニングすりゃ十分使えますがな。


まぁ、今度試してみますわ。








っていうかSRスーパードクターKada欲ッしいィー。













武将紹介のコォーナァー。





モードでーす。

小喬さん。

どう見てもネコミミです。本当にありがとうございました。


凄ぇー、三国志凄ぇー。女子校生になったりネコミミになったり大忙しだな!


新カード絵柄発表時の衝撃は記憶に新しいですな。
1コスで柵・魅持ち、武2知4。兵種は歩兵だが注目はその計略。
味方一人の自爆系超絶強化をなかった事に出来るという夢広がる計略で御座います。
いやまぁ、一応敵さんの計略も打ち消せるんだけどね。
『戦場にいる最も武力の高い味方』にピンポイントだから、武力低下系の妨害だとチトキツイか。

無論、相性が良いカードは自爆系超絶強化でしょう。
今の所呉単で小覇王コンビと漢の意地ーズで鉄板ですかね。

『小覇王の蛮勇』なら素で5.5カウント。Cカン沢入れる価値はあるかしら?
なんとかさんの『漢の意地』なら素で7カウント。こっちは素のままでもOK。
『小覇王の進撃』なら持ってねーよ畜生!



うーん……やっぱりワンパターンになっちまうねぇ。むむむ。
良いデッキ案ボシウチウ。

posted by 螺旋 at 04:41| Comment(0) | 三国志大戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月17日

三国志大戦の話 三十三戦目

また間があいちゃったよ。いかんいかん、継続せねば。







某攻略情報局様を拝見しR陳宮の活用性を見出す。


R陳宮 R張遼 C魏続 R顔良 UC劉備

総武力27 総知力22 柵1 魅1  


先陣の誉れで相手士気消費を誘って迅速な転進で帰城。
相手計略が切れたら『破滅的な献策』→『人馬一体』で蹂躙。


試した結果→攻め込まれたらツラい。

もう超攻撃的なデッキ。押せ押せ。ハマればOK。ダメ計怖い。
顔良を死なせたらOUTねこれ。R張遼はかき回し役だわ。
自分的にはちょいとしっくりこないデッキだったのでマイナーチェンジ。




R陳宮 R張遼 C魏続 SRホウ統 R姜維


総武力25 総知力30 柵1 伏1


蜀涼二色に変更。
武力は下がったけどおオリコウサンに。
最高武力が7×2枚と少し物足りない気もしますが、弓2枚と高知力槍、伏兵の存在で開幕はOK。
二色でのススメはキツいかとも思ったが、他の連中の計略使用士気が全て3と軽い為問題無し。
っていうかススメは意識させるのが目的なんスけどね。


結果→ハハハハハ! これ面白い! これ面白い!(小力の如く)


槍2本と弓2枚って結構相手さんにプレッシャーかけられるみたいね。
相手に伏兵がいてもR張遼で踏みさえしなければ問題無し。自陣後方で加速加速ぅ。

カード登録時に姜維をR張遼より先に登録すれば『破滅的な献策』が二択に出来るというのもキモ。これ大事よ。
TPOに合わせて『挑発』→『破滅的な献策』で武力17の槍でボコったり
『人馬一体』→『破滅的な献策』で武力19の馬で爆走したり。
無論相手が全体強化だの英傑号令だの使ってきそうな雰囲気だったらススメの為に士気は押さえ気味にするのも大事。
ここで弓2枚が地味に効いてくる訳で。

あと意外と盲点なのがC魏続。あまりの地味っぷりに『卑屈な急襲』の存在が忘れられる事多々。
一回降雨落雷デッキと当たったけど雨→落雷のコンボをR張遼&R陳宮にかまされてダウンさせられる。
もしやと思い直後に卑屈な急襲使ったら武力が13の弓兵の爆・誕。
そのまま敵城門にブチこんだら大変素敵な事に。魏続侮れねぇ。



結構面白いデッキだと思うんで暫くメインにしてみようかしら。










その他にも色々とお試し。




【珍呉単バラデッキ】

R孫権 R太史慈 R孫尚香 C朱桓 C祖茂

総武力27 総知力25 柵1 魅1


何となく『独自の呉バラを作ろう』とか思って作成。
2コス1枚+1.5コス×4枚という実に珍奇な組み合わせになっちゃった。
英傑号令・ダメ計・超絶強化・回復・復活とバラエティ豊かで武力も気持ち高め。
正直祖茂の計略は使いません。ただ中武力騎馬が欲しいねや。呉にも1コスの騎馬が欲しいねぇ。
何で1.5の槍で陳武入れんでR孫尚香やねんとか思ったりする人もいるかと。

趣味ですから。

そりゃトカゲのおっさんより白チャイナやっちゅうねん。
普通ならハゲキャノン&妹入れるなら1コス火計コンビのどっちか&なんとかさんでイナフなんだろうね。
でもほら、螺旋式だから。天邪鬼螺旋さんだから。



で、使用した感想→ザ・中途半端。


うん、分かってた。螺旋さん分かってたわ。アタッカーが1枚じゃキツいって。
スキルが無いもんだから士気溜まるまで待つのがしんどいしんどい。
相手さんが見合ってくれたら御の字やわ。
結論・趣味デッキ。







【蜀単不屈デッキ】

R黄忠 R趙雲(旧) Rホウ統 UC陳到 UC法正

総武力25 総知力30 伏2 活2


魏でR郭嘉大人気なんだからこっちも後方指揮入れればえんちゃうの、のコンセプトで。
復活2枚でガンガン行って、後ろから御爺の弓でサポート。法正は早めバラしで。


使用した感想→後方指揮かけるヤツがいなくなっちゃった!

復活持ちだからといって陳到&趙雲を先行させすぎると後方指揮の意味がなくなる事が判明。螺旋さんマジ馬鹿者。
結論として、やっぱり蜀で後方指揮は不必要。槍ってのもツラい。


そんな訳で、今回プレイ中に手に入れたSR劉備(大徳)を投入して改変。



SR劉備(旧) R黄忠 Rホウ統 R趙雲(新) UC陳到
 

総武力26 総知力26 魅1 伏1 活2


……これ只の大徳デッキだな。うん。 
まあいいか、今まで大徳使った事無いし。
因みにUC陳到は趣味です。
陳到入れるならっつことでマブの趙雲も投入。新Verも使い易い逸品。イカダ? ナニソレ?
まあ神速大車輪入れるならチョロは要らんという事で一つ。

これどうやろな、まだ試してないんよ。鎧の人&長兄が復活持ちだから基本用兵は変わらんと思うけど。

蜀単じゃ意地でも白銀聖闘士は使わん、リビングアーマーは意地でも使う。これは譲れない。











そういや新カード引いたよ。C何皇后。

……(じっくり閲覧)

ごちそうさまでした。













さて、新Verのロケテが始まった様ですが。
色々情報が飛び交っておりますな。



一通り情報が出たら又色々考えていこうかねぇ。











ところで不動関羽様はなしてあない高レートやと?




















武将紹介のコォーナァー。



王異さん。


王異さん。絵師さんはアンノの嫁の人。

1.5コスの柵・魅持ち騎馬で武4知5と結構ナイスなパラメータ。
何より計略『金城鉄壁』が特殊。自城メーター回復というレアな計略。
回復量は城メーター約一割程度かしら。雀の涙ではあるけれど、決定打になり得るスな。


でもでもね、未だに有効活用法が見つからなーい。全体強化持ちと組ませるのが定石かねぇ。
コンボとしてR貂蝉『破滅の舞』とのコンボだけどねぇ……むむむ。








posted by 螺旋 at 15:45| Comment(0) | 三国志大戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月03日

三国志大戦の話 三十二戦目

明けちゃったよ、年。

今年初めての出陣ですよ。
ってうかまだ2日なのにG戦場人多過ぎ。特にファミリー多過ぎ。
赤さん連れてEVAメダルパチンコやるのは如何なものか。いやいいけどさ。





で、まぁ久々なので勘を取り戻す&メチャ混みなので今回はCOM戦のみ。
新デッキの試運転っつーことで。




【涼単破滅的な人馬一体デッキ】


R張遼 R陳宮 UCホウ徳 C張繍 C蔡ヨウ


総武力25 総知力26 伏兵1 柵2


低コストの計略をチョコチョコ出しつつ、破滅的な献策→人馬一体へと繋ぐコンボ目当て。
自城ダメージ有りとはいえ、神速状態迎撃無しの武力19の騎馬が爆走する様はまさに外道。
但し人馬一体の効果は微妙に短いので過信は禁物。

アタッカーとして入れたUCホウ徳が使っていて滅茶苦茶面白ぇ。
専用計略『猪突猛進』が最高。
誰かに攻城させて相手が妨害しに出てきた所に相手攻城エリアで横向きで発動。
武力14の神速騎馬が攻城エリアを行ったり来たり。最早簡易大水計。

結構キーになったのがC張繍。
計略『卑屈な急襲』が使い所にはよるが強い。
相手がデッカい計略使った後使えば士気3でウハウハ。
結構カードが地味だから使えるんじゃね?

C蔡ヨウはまぁ柵騎馬・伏兵踏み・計略で。それだけ。




で、今回入手のカード含めて改造案。


R張遼 R陳宮 UCホウ徳 UC馬騰 C魏続


総武力27 総知力22 柵1


騎馬が多過ぎる&全体強化の投入でテコ入れ。
UC馬騰は武5知5の勇猛・魅力持ちという点でナイスなカード。
っていうかR賈ク持ってないんだもんしょーがねーじゃない。
魏続投入で援護射撃が増えて攻城のダメージソースも確保。『卑屈な急襲』も完備。


今度是非試してみたいねぇ。



ダメ計? 知らん知らーん。






【袁他落雷多勢デッキ】


R于吉 C張宝 C張梁 UC郭図 UC紀霊 UC劉備 C審配


総武力24 総知力38 伏兵2 柵1


怒涛の7枚ワラワラデッキ。
端攻めした後仕切りなおしではUC紀霊の『多勢の攻め』と降雨落雷メインで。
兎に角UC劉備の『迅速な転進』が面白ぇ。
7人が一気に自城へワープする事で相手の全体&超絶強化をドン無視。面白ぇ。
基本的に雨は即降らす方向で。降雨中ならC審配の『外堀決壊』も十分な破壊力。
本来ならSR袁紹が欲しいんだけどねぇ。『大兵力の大爆進』使いたいじゃん。それに島本和彦だし。これ大事。

これも改良の余地はありまんな。
やっぱり火力不足。最高武力6ってのはツラいわ。ワラワラは難しいのう。


で、今回でR顔良が手に入ったので袁単デッキを考えてみる。



【袁単似非士気返還デッキ】


R顔良 UC劉備 UC張コウ UC郭図 C高覧 C審配


総武力26 総知力30 伏兵1 柵1


R顔良&UC張コウ(オマケでC高覧)で士気返還させつつジワジワ行く感じで。
危なくなったら即UC劉備でリレミト。ぶっちゃけUC郭図は伏兵&弓のみ。
C高覧が一騎打ちになったら気合を入れる。棚ボタ狙い。

しかし相変わらず全体強化が無いという始末。R田豊欲しいねぇ。








相変わらず六品で停滞中。早くメインデッキ決めないとアカンかねぇ。
しかし今週は何処も混み混みだろうなぁ。空いてから行こうかね。






で、今回はCOM戦のみ6クレしたんですが。
R1枚・SR1枚と好調な出だし。今年はラッキーイヤーか。違うか。違うな。うん。


Rは前述の R顔良。新R万歳。

そしてSR。こちらは旧カード。しかし。










武将紹介のコォーナァー。







突っ込み所満載。

黄月英さん。絵師はCLAMP。 よりにもよってコレか。

いやまぁ嬉しいことは嬉しいスけどね。使ってみたいカードだったし。

一応念を押しておきますが、このゲームの世界設定は三国志の世界です。そこんとこヨロシク。



で、この黄月英さん。孔明の嫁さんであります。

じゃあ孔明はロリィだったという事で一つ(ぇー


流石SSQ、世界観もへったくれもありません。だがそれが良い。

っていうかこいつの『黄式加速装置』に一度酷い目に合わされている身としては是非運用してみたい訳で。
神速攻城兵の恐ろしさったら無いね。
やべー、SRホウ統と組ませてー。

その場合だと、


SR黄月英 SRホウ統 SR馬超 UC陳到 C張松


とかか。ええ、UC陳到は趣味です。頑張れ中の人。

しかし総武力20という落とし穴。いっそ聖闘士じゃなくてコスト2・2で抑えたりするか。
その場合だと


R黄忠 R姜維 C夏侯月姫


って感じか。

つってもこれでも総武力21……やれやれですなぁ。
いっそ4枚デッキか。

よし、まぁ今度使ってみるかな。
普通にススメロック使えとか言うのは禁止ー。攻城兵は漢の浪漫ー。


眼鏡っ娘だけどな!






私信スよ。


ろっくさん→ワオ、復帰おめでとう御座います&新年おめでとう御座います。日参してたのバレた(笑)
何か色々あった御様子ですが盛り返してこられたようで何よりスわ。
今年も大戦にはどんどん吸い取られますよぅ、御互いに(笑)

いやしかし袁家劉備の転進は反則っぽい能力ですわ。二色が通の一手スかね。


posted by 螺旋 at 05:03| Comment(0) | 三国志大戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月15日

三国志大戦の話 三十一戦目

結構間が空きましたな。
いやまぁ、仕事帰りとかにコソコソとやってはいたんですがね、堪忍堪忍。



しかしこの間に螺旋さんバカヅキですよ。
SR賈ク&SR小喬を自引き。地味に嬉しいわ。
そして新Rの大攻勢。
R張遼&R王異Get。

マジか

落ち着け



でまあ、六品〜五品を行ったり来たりでやっぱり永遠の六品螺旋さんですよ。
やっぱサブカードって作るべきなのかしら。
なんか兵法もう一回育てるのが面倒でついつい更新させちゃうんだよねぇ。
勝率4割は伊達じゃあないぜ。ま、楽しけりゃいいじゃーん。





で、やっぱり新デッキ色々試したくなりますわな。


【W教え白銀デッキ】

SR馬超 R司馬徽 R趙雲(新) UC盧植 C張任

蜀他。その名の通り、カンニングした馬超で暴走するデッキ。
師の教え→師の教え→士気2溜めて白銀の獅子が決まった時は脳汁ドクドク。
19カウント続く暴走列車は圧巻の一言。でも槍だけは勘弁な!

キーとなるのは新カードのUC盧植。
1.5の騎馬で武4知8はUCにしては使い勝手が良い。
伏兵踏んでも連突で何とかなったりするし。
教えは結構長いこと知力UPするからね、ダメ計対策としても上々。




【不動回復デッキ】

R関羽(新) SRホウ統 SR孫尚香 R趙雲(旧)orR馬超(旧) C張松

蜀単。新R関羽で城門をひたすら狙うデッキ。
今の所メインで使用中。弓デッキに当たると乙。
対策にR馬超入れたら槍デッキ。なんてこった。

まぁ、槍で復活の趙雲か騎馬で勇猛の馬超かといった所スかね。


キーはチョロとSR孫尚香。
高武力騎馬をチョロで引っ張って関羽でグサリが王道。
そしてバージョンアップにより回復量の増えたSR孫尚香の『蜀への援軍』。
奮起劉備を持っていない身としては弓で後方援護&回復というのは心強い限り。

いやまぁ正直R関羽よりR黄忠の方がイイとは思うんだけどさ。
やっぱ新しいカード使いたいやん。
これでUC簡雍が手に入れば無血開城デッキ出来るのにねぇ。
改善の余地有り。




【とりあえずR張遼&R王異使いてぇデッキ】

R張遼 R王異 R太史慈 UC呂蒙 C蔡ヨウ

呉涼。題名通り。涼軍の2コスは張遼しか持ってないので単色で組めないの。
騎馬柵って中々面白おすなぁ。
復活持ちのR張遼で暴れまわってフトシ君で落とす。先出しの封印の計がキモ。ホント脳筋は地獄だぜフゥーハハハァー!
騎馬対策&攻城要員は阿蒙頑張れ超頑張れ。
呉下の阿蒙早め出しで武力が有る程度上がってから吶喊するのが紳士の嗜み。

キーはR張遼とR王異。
遼来来とまではいかないまでも、士気3で槍迎撃無しのプチ神速戦法は魅力。復活も素敵。
R王異は計略目当て。城ゲージ回復は最後の最後で逆転出来るかもしれない浪漫溢るる計略。
あと一騎打ちの時のカットイン目当て。「討ち取ったりィ〜!」


他にもSR呂蒙使うたらとか色々と案は有りますが、はてさて。














そして武将紹介のコォーナァー。



『武』とは。



山田。じゃなくて張遼さん。
魏の武将というイメージが強いけど、実際は色々な君主の下にいたお人。
関羽とマブ。むしろラブ。青龍偃月刀オソロにしちゃったりして。

このイラスト、何となく『蒼天』の張遼っぽいよね。髪型とか。いや蒼天には角飾りは有りませんがね。
あと目瞑って馬乗るの止めなはれ。いや、格好良いからいいけどさぁ。


本ゲームでは武力7・知力3・復活持ち騎馬と魏のR徐晃のコンパチ。
唯一異なるのが計略で、神速戦法より消費士気が1少ない『人馬一体』の方が使い勝手が良いという噂。
涼単で組むと大事な武将になるんだろうねえ。

posted by 螺旋 at 16:29| Comment(0) | 三国志大戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月06日

三国志大戦の話 三十話目


前回SR王異をゴッドドローした螺旋さんが取る行動とは如何に。




答え

→W鼓舞の舞い水計連破デッキ



よし、完璧だ!(ネタとして)


構成は


R司馬懿 SR王異 UC典韋 UC曹仁 UC卞皇后


兵法は連環でイナフ。
序盤で卞皇后が踊ったら王異と典韋でガチ守り。柵弓って偉大。
シバチューは弓デッキ以外ならば柵前で待機、弓ならばわざと掘られに。
曹仁はウロウロしちゃう。死なない程度に。


戦闘結果

→○○× 普通に戦える事に吃驚。


いやまぁ『永遠の六品』螺旋さんですから通用したんだとは思いますが。
それ程までにW舞いの威力は破格。士気がモリモリ溜まっていく様は圧巻の一言。
もうシバチュー大ハッスル。流して流して流しまくり。ドッパンドッパン五月蝿いってらないわオホホホホホ。
一試合で六回以上流せるって素敵よね。SR孔明を押し流した時は脳汁出たわ。


反計? ナニソレ









さて、前回までは傾国名君デッキでぶいぶい言わすとかなんとか言ってたけど、最近流行っているらしいので却下。
そして最近は蜀の人気があるらしいので、今迄敬遠していた呉単にチャレンジしてみる。



SR呉夫人 R周瑜 R孫策 UC呂蒙 C祖茂 


総武力25・総知力30 と実に平均的な構成。
やっぱり呉バラには呉のかあちゃんが必須だわな。
武力と知力が上がるってかなり凄いと思うんだ。既知か。ほうか。



戦闘結果

→○×

二戦目は于吉落雷デッキ……かあちゃんのドーピングが遅れてそのままズルズル。これはアカンね。

おいといて。

使い勝手ですが。


UC呂蒙って地味に強くね?
呉下の阿蒙を素で使っても武力20超えるし。勇猛付きだし。
武力が13、4くらいになってから城に張り付けば迎撃に出た敵さんを結構屠れるし。
一戦目で武力20になった阿蒙に次々挑みかかってきた黄布デッキの皆様乙でした。
天下無双使った呂布に一騎打ちで勝つ阿蒙マジ成長し過ぎ。

そしてもう一人のニューカマー、祖茂の存在。
1.5の騎兵で武力5・知力4のバランスの良さに知力8の伏兵でポシャらない事実。
何より呉にあっての騎兵。
今迄はコスト2とちょいと重かったのしかおらんかったけんね。個人的に天啓は使いたくないんで。お察し下さい。
で、キモが計略ね。身代わりですよ身代わり。
「1.5コストの武力5騎兵が身代わりて」とか思ってたけどね、使い方次第ではナイスですナイス。
ただし、コンボには組み込まない方がいいね。本当、緊急避難時の安心の一手。


んー、ただ今回使ってみた感じだとR孫策をR太史慈に変えた方がいいかも。
祖茂入れるんなら騎兵は一人だけでいい感じ。武力8の弓を戦場中盤設置の柵の後ろから射るプレッシャーって良くね?
柵前には阿蒙でイナフ。
んで近くにR周瑜でも伏せて置けば完璧だべ。

そうそう、今回久々……じゃないな、初めてR周瑜使ってみたけどさ。

これ結構強くね?

コスト2で武力6とかは少し不足かもしれないけど、知力9の専用火計が強いのなんの。
しばらくこのデッキ使ってみようかしらん。






で、カード排出でSR呉夫人がダブる。これも運命か。
ここはやはりトレードですがな。
誰かSR張遼とトレードしてくれないかしら(無理ですよ螺旋さん)



そして今回も新カードドロー。


【袁】UC劉備


そう、あの桃園の金さんこと流浪の劉備さんですよ。
計略も独特の『リレミト』ですよ。
これはもう袁デッキを作れという思し召しですよ。


まあ袁のキーカード持ってないけどねー。顔良? 誰そのダンディ。


なので蜀との二色にしてみる。


R黄忠 R趙雲(新) R徐庶 UC劉備(袁) UC張コウ


総武力28・総知力26と少々オバカチャンな事には目を瞑る。
まあR徐庶の枠にSRホウ統かUC法正でもいいんだけどね。
SRホウ統なら馬鹿に出来るし、UC法正ならゴリ押し出来るし。伏兵は必須で。
まあそこはちょくちょく気分で変えましょうや。

基本的に袁家劉備の計略『迅速な転進』は騎馬よりは槍&弓の方が恩恵があると思っておりますんで。
今度試してみようかね。

posted by 螺旋 at 04:02| Comment(0) | 三国志大戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月26日

三国志大戦の話 二十九話

新Verになり暫く経ちますが、使用していた降雨落雷が増えた事によりデッキ再構築を決行。
以下3つを試作。




『魏単・左慈特攻デッキ』

R曹操 R郭嘉 R左慈 UC典韋 Cカイ越

総武力22と低めなのは重々承知。
単騎超絶強化が蔓延る現Verへの一種のメタデッキ。

伏兵3体で序盤は凌ぎ、知力9を活かした曹操で相手の伏兵掘り。
士気10程度溜まってからが勝負。
相手が超絶強化を使用してきたら左慈で即コピー。
後は強化が切れるまで引きこもってから大反撃。
ヒャア、なんて博打デッキ。
小出しに出来る後方指揮がキモ。
ラスト20カウントあたりまでには士気7は残しておきませう。
カミカゼアタックでブチかますも良し。




『呉他・名君傾国デッキ』

SR孫権 SR貂蝉 R周泰 C祖茂 C劉表

実質的な武力は18というもの凄い構成。
兎に角踊って驚かせて意地張って身代わりになる。偶に馬鹿にする。
踊り所が重要だ、早めに踊ると怪我するぜ。
ピンチの時にはなんとかしてくれる人が多分なんとかしてくれる。
馬鹿→名君もこれがかなりのウザさよ。
相手にダメ計がいたら頑張れ、超頑張れ。




『蜀単・白銀のち挑発、所により連環。急な車輪にご注意下さい。井戸の蓋は全開でデッキ』

SR馬超 R姜維 Rホウ統 R趙雲(新) C麋夫人

総武力24はボーダー。兎に角馬超を暴れさせてナンボのデッキ。
そして隙有らば趙雲(新)の神速大車輪でオーバーラップ。もはや韋駄天攻城兵。
麋夫人はあくまでも保険で。武力1でも弓はうっとうしい。
ホウ統はステルスのままが望ましい。切り札の連環→ドン無視攻城は決まれば爽快。
馬超はアタッカーでもあり囮でもあり。趙雲頑張れ、超頑張れ。






以上3つ。

今回はそれを試すのが目的、レッツプレイ。



【左慈デッキ】

相手は

R華雄 R賈ク R郭嘉 R夏侯惇 R楽進

の魏涼二色。

騎馬オンパレードならばこちらは悪来で牽制するに限る。
しかし伏兵が怖いので常に曹操の後ろで槍だけ出してる悪来。ショッパイなー君。

勝負を分けたのはやはり左慈御爺。
相手の後方指揮プチ強化の軍勢にわざと退避、多少削られるのを無視して張り付いた惇兄・楽進・賈クを屠る。
その時点で残り城ゲージが残り2割という状況だったからか、相手華雄が『悪鬼の暴剣』発動。
ほい来た仙人武力コピー。
城門に張り付いた華雄に同武力21の御爺が乱戦開始。
その横で悪来が槍振りまわし殿が突撃しまくる。
相手城ゲージがパキーンパキーンとナイスな音をたてて減っていくシーンは爽快。
そのまま武力21の御爺を前に相手城門向かって進軍、相手さん防衛にくるも武力21はツラい。
そこでトドメの特攻の大号令。おお、大・逆・転!


結局このデッキでは2勝1負。
負けたデッキはダブルライダーの徐庶入り4枚。
いくら強化しても雷だけはカンベンな!


しかし実際に使えるデッキである事は判明、ちょいと使っていきましょかね。




他二つはCPUしかやってないんで細かいことはワカリマセンが、どちらも使い勝手は上々。

蜀単は趙雲(新)のオーバーラップが良い具合に決まる。
呉他は名君マジ驚け。あと何とかしてくれたよ傷の人。

これが対人戦ではどうなるか……むむむ。












で、今回の排出カードは7枚のうち6枚がダブリ。
でも螺旋さん落ち込んでない。
あのカードが出たから。








黒スト。

YES、『旧カード勢オークション筆頭』SR王異!


うおおおおぉぉぉぉぉーーーーーーーー!!!(風雲拳っぽく)


自引き! 自ら引く! 素晴らしい! 最高! 最高!

「今さら王異とか言われてもねぇ……」

だまらっしゃい!!
自ら引くという事に意義が有るのです!

ヤベー、螺旋さんヤベー。
脳汁ドクドクヤベー。






王異さん。


あの馬超を退けた程の女傑。
なんかもう水滸伝みたいな。

娘の為にその命をかける姿には脱帽。
旦那に尽くす姿は内助の功という言葉がピッタリさん。


1.5コストで柵・魅の武4知8は悪くないんスけどねぇ。
実際使いにくいかも。

だがしかし、これでダブル鼓舞の舞い&降雨の連破デッキというドリームが実現可能に!
やるか? やっちゃうか?


posted by 螺旋 at 04:17| Comment(0) | 三国志大戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月17日

三国志大戦の話 二十八話


降雨落雷デッキにアクセントを加えようとデッキ改変。
今までのデッキの1.5枠を陳到先生からSR諸葛亮にチェンジ。
武力低下とかは(・ε・)キニシナイ!!


これで伏兵4枚に白銀がブイブイと序盤最も攻め込み難くする土台完成。
張任を早めに掘らせてからその背後で馬超さんが加速加速。近付く騎馬には吶喊!
これだけで序盤はなんとかなるから凄いもんだね。
もちその間于吉の御爺は端攻め。
場合により攻城エリア手前で伏兵のまま待機して棚ボタ狙い。
過去この方法で屠ってきた武力8は数知れず。R馬超&R孫策乙。螺旋さんマジ性格悪ィ。


丞相は張任の前あたりで待機しておくと吶喊してきた騎馬とかが討ち取れたり。
低武力でも槍は槍やっちゅうねん。

徐庶はステルスのままであることが望ましいスな。
マウント取られたらゴロゴロ落としたるわ。
伏兵切れたら落雷&ピンポンダッシュ要員で。頑張れJOJO。




取りあえず馬謖も入っていない中途半端なデッキで全国へ。


結果→討伐成功



WOW! マジか!

言うても殆ど『運』ですけどね。
雨降らした後の破壊の豪雷がまーばらけることばらけること。
4人に落ちて4人とも撤退した時は何か脳内でドクドク出たわ。
ビバ・落雷天国。


御相手頂いたデッキはそれぞれ


メガ周瑜砲
回復の舞い
開幕終了(SR甘寧)


と相性が良かったのもあるわね。



特に開幕終了デッキは色々と凄かった。

序盤端攻めを予測し左に寄せたらドンピシャ、四枚の伏兵でドラ鳴りまくり。
諸葛亮を残して一気に攻城に向かい、四分の三削った所でボチボチ砂煙が出てきたんで退避。
相手さんはSR甘寧を守るように陣形を組み中央突破狙い。
そこに雨を降らして豪雷ドーン!
SR甘寧のみ生存確認!

雄雄しく進む攻城兵に敢然と立ち向かうのは我等が丞相、諸葛亮孔明その人。
奮起して進む甘寧に向かって武力2の槍グルングルン大回転。
丞相カッコEー。


しかも勝ってるし。
孔明……恐ろしい子!









しかし降雨落雷を使用していてふと気付く。

最近降雨落雷増えたわぁ。



なので、降雨落雷は使わない事に決定。
螺旋さんマジ天邪鬼。

実際ミラーマッチはツラいしね。御互いに雨を降らせるかどうかジリジリ。









なので、様々なデッキを考察する事に。


今回は以前手に入れた新Rの関羽と趙雲を使ってみたかったので以下のデッキを作成。




R関羽(新) R趙雲(新) R黄忠 SRホウ統 C張松



総武力27・総知力28と結構なモノ。
COM戦で新カードの能力をテスト。


【R関羽】
コスト2でこのスペックはエラい。
武力7と8の差って結構デカいからね。
あと知力5も大事。 
城門に張り付いてからの不動大車輪は鬼の一言。
でも麻痺矢だけは勘弁な!


【R趙雲】
周倉の完全上位互換というアレなカード。
特技は無しと少々寂しいですが、なんといっても計略が命。
神速大車輪のスピードの速い事速い事。
騎馬の間をすり抜けて城門まで突っ込む趙雲さんマジCOOL。
逃げる騎馬を追いかけて迎撃かます趙雲さんマジKOOL。
蜀の1.5枠の中じゃレギュラーでしょう。ガチで。





で、まあこのデッキは急造だった訳ですが。
まだ改良の余地はあるねぇ。
基本的に士気はススメか挑発、偶に神速大車輪ってことでR関羽が只の武力8槍兵になっちまったんスわ。
純粋な戦闘力でいくならUC張飛の方が勇猛持ちだし。



……今度旧R関羽で車輪デッキ作ってみよかしら。新R趙雲入りの。









因みに今回の新カードはUC張コウ(袁)・UC馬騰の二枚。

それとSRとRが連続で出て変な汗かいた。





SR名君とR張昭が。


驚け!




……いや、名君は持ってなかったからいいんだけどさ。




……(何となくモヤっとする)

posted by 螺旋 at 04:30| Comment(0) | 三国志大戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月10日

三国志大戦の話 二十七話

先日手に入れたUC厳氏を組み込んだデッキを早速作成。



R夏侯淵 SRホウ徳 R郭嘉 C張繍 UC厳氏

魏涼2色で総武力25と及第点。
槍がいないのがアレですが、まあお試しデッキですし。


勿論今回試すのはUC厳氏の『悪女の劇毒』の威力及び使い勝手。

まずはCOM戦で肩慣らし。


相手はよりにもよってR関羽軍。槍しかいねぇよバカー!

だがしかし、騎馬がいないならばUC厳氏の桧舞台ではないか。
チョロチョロと自城前までおびき出して『悪女の劇毒』スタンバイ。

範囲は前方小円。
こりゃ上手く複数巻き込めるかで威力も変わってくるな。

早速団子状態で城に群がる関さんたちに毒毒ビーム。


おお凄ェ、一目散に城に退散していくぞー


って減り幅デカッ!!

必至こいて逃げる関平やら王平やらがセンターライン超えたあたりでパタパタ撤退て。

ヤバー、このカード突き詰める価値はありよるな……!



それにして厳氏のエロさは異常。計略の際の掛け声とかマジヤバイ。
ウウ、早く涼単使いてぇのォ……!











そして今回は悪魔に遭遇。

全国で降雨落雷を使っていた所、相手が涼単。
しかもSR董卓&R呂布入り。


……YA・NA・YO・KA・N……!!



兎も角開始。



序盤

董卓に徐庶を踏まれてステルス落雷が不可能に。
その後も同じく回復した董卓に張任を踏まれ于吉のみ伏兵キープ。
このまま端攻めしたると相手城壁前で待機。


中盤
こちらの士気がリミットの9まで溜まるも呂布が場内に引きこもり。
しかも端攻め待機している于吉老は未だ伏兵状態の為安易に雨は降らすことができない。
相手の李カク&郭・良靂マ6弓がジワジワこちらを削り、またこちらの張任も同じく相手を削ってこのまま御見合いかと思ったら相手城から砂埃。
計略を降雨にセットしその時を待つ。


終盤
砂埃からやがて出てくる部隊。即雨を呼び落雷準備完了。
呂布が出てきたら落としたるとギラギラしながら待ってたら出てきたのは3部隊。
一瞬雷を落とすか躊躇っていると、相手の董卓が『暴虐なる覇道』発動。
敵さんの武力がエラいことに。武力の他に速度まで上がるからこれまた厄介。
これはヤバイと重い雷を落とすも董卓と呂布と馬鉄&馬休にそれぞれ落ちてしまい馬兄弟のみ撤退。
しくじったと思い兵法連環を押し自陣にもどろうとするも相手呂布が『飛将降臨』発動。
相手武将がポコポコ撤退し、戦場には呂布一人。
但し武力48。
変な汗をかきつつ全員自城に戻ろうとするも流石は飛将軍、連環もなんのその。
とんでもねぇスピードで武力48が縦横無尽。
あっさりと逃げる我が軍に追いつき触れるだけで即蒸発。
そのまま相手に再起使用されてゲームーオーバー。








……武力インフレもここまでくると凄いな……


しかしこれは勝てる試合だった。
超絶強化でも知力は4、ダメ計一発で即撤退なんだから。

まだまだ新Verには慣れなあかんのォ……。











で、今回も新Rゲットであります。有難う御座います有難う御座います。



好!

関羽さん。


以前紹介したものとは違う、新規追加カードの方ね。
絵師は小川悦司さん。特級厨師とかは三国志には出てきませんが。
棗色の肌に美しい髯と『美髯公』の名に相応しき風貌。   まあ赤過ぎかもしれませんが。


能力はコスト2で武8知5とかなりのもの。特技が無いのは御愛嬌。
何より計略が面白い。

『不動大車輪』
武力が6上がる大車輪戦法、但し発動すると移動不可。

相手の城門前で発動すんのが紳士の嗜み。
コンビでUC簡雍がいればナイスなコンボに。

でも挑発されたら動くけどねー。意味無いねー。『不動』じゃないじゃんねー。



今度コレ使うたデッキ考えてみようかしら……やっぱり4枚デッキかねぇ。
posted by 螺旋 at 03:40| Comment(0) | 三国志大戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月04日

三国志大戦の話 ニ十六戦目

さて、間が空いてしまった訳ですが。
ボチボチやっておりますよ。ええ。


未だに五品と六品を行ったり来たりですがね!



というかSR孫堅に当たりすぎ!
武力9の槍は勘弁してつかぁさい……!






さて、降雨落雷白銀デッキを使用して暫く経ちますが。
どうにもプレイングがねぇ……
荀イク様が相手だったり悲哀が相手だったりすると二進も三進もいかなくなるのはどうしようもないのかね。
やっぱり五枚の落雷デッキは一枚落ちただけで辛くなるのかねぇ。
上位の方々は六枚の方が圧倒的に多いわけでして。ううん、精進せな。








という訳で新デッキ構築。



SR貂蝉 R夏侯惇 UC典韋 C張任 C劉表



傾国デッキ。新Ver主流のこの御時世に。
柵一枚だけどそこはガッツでカバー。
馬鹿と隻眼でガチ守り。


実際に全国で試してみた結果

→○・○・×

ボチボチ。
最後が太史慈の弓主体デッキだったのはツラかったねぇ。
しかし飛天神速に勝てたのは大金星。
槍が一本いるだけで全然違いますな。

そしてやっぱり舞頼みのデッキだと地形がものを言いますわ。
自城壁前の森と岩場マジ有り難い。













さて、今回は初めて新Rが出ましたよ。ウヒョー。
レアでここまで喜ぶなんて、新鮮な感情。




槍持ってるけど騎馬

馬岱さん。

絵師は御馴染み西山優里子女史。小林とか呼んだら駄目。


彼の『錦馬超』の従兄弟殿。
個人的には滅茶苦茶地味ーさん。しかしそこがミソ。

演義で地味な活躍をするいぶし銀。
魏延を討つために我慢の子で配下についていたなんて地味だからこそ出来るってなもんですよ。
螺旋さんは何故か光栄の三国志シリーズをプレイするときに真っ先に配下にします。愛だろ、愛っ。


本作品では西涼軍所属で武6知3の騎馬。
実に微妙。 
せめてRなんだから知力をもうちょっと上げるとか。伏兵で撤退しちゃう馬岱なんて嫌ぁもん。特技も無いし。
計略も劣化バナナと実に微妙。
次Verではもう少し回復量を上げて頂きたい。







そしてもう一人、アレな一枚。






エロス警報発令中

厳氏さん。


うわエロッ。


この人、あの呂布の嫁さんです。あの。
UCなのに一時期ヤフオクレートで2000円越えてたってんだから凄いよね。
これがSRじゃなくて本当に良かった。王異の悪夢再来だったやろコレ。


スペックもコスト1にしては破格。
柵・魅力持ちの弓って時点でもアレなのに、計略がジワジワあくどい。

【悪女の劇毒】 使用士気5 範囲・前方中円

範囲内の敵の兵力を徐徐に下げる。この効果は城に入ることで消滅する。
自身の知力によるダメージ変化はナシ。


という代物。
注目したいのは『相手の知力を無視した一定ダメージを与えることができる』という点。
相手の知力が高いとほぼ無駄になるダメ計とは違おまっせ。
このカードを自城前に泳がせておくだけで相手さんは攻めにくくなることうけあい。


うっわ、今度毒デッキ作ろ(毒とかその辺の単語に異様な興味を示す螺旋さん)

posted by 螺旋 at 15:10| Comment(0) | 三国志大戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月20日

三国志大戦の話 二十五戦目

ヴァージョンアップしてから初出陣。
出遅れた感もありますが(゚ε゚)キニシナイ!!









開始一発目はまずCPU戦でシバチューを使用。
于吉御爺と卞ちゃんでガチ布陣。
勝つとか負けるとかじゃない、ただ流すのみ。それこそが水計連破デッキの宿命よ。

サクリとニ連戦を制して慣らし終了。


今回流した回数   計 十回
流した敵      計 十二人(同一人物含まず)



ほんま黄巾さんたちはサクサク流れてくれて気分ええわぁ。




しかし以前のロケテで噂されてた『水計の範囲後退』が無いようでションボリーナ。
これでは連破で自城に貼り付いた相手さんを流せないじゃないか。
新カード C審配 の『外堀決壊』という計略を使えと言う事か……ううむ。






まあ気を取り直して全国へGO。


ホームが一時間交代制に戻ったので順番待ちが苦でなくなったよ。わっほい。



ここは最近の主デッキ『降雨落雷白銀』デッキで様子見。
何しろプレビューを見てるだけで初見の武将がわんさか出てきよるけん、慎重に行かざるをえないんよ。




さーて、最初のお相手は……





つ[SR孫策]



早速かよ!



いやそりゃあもう出回っているのは重々承知でしたけどねぇ、流石に一発目て。
しかもキッチリR小喬までいるし。

確か


SR孫策 R小喬 R太史慈 UC程普 C呂範


だったかしら。
ステージは右に大きな森がある騎馬中心にとってはゲンナリな地形。


序盤はお互い様子見で膠着状態だったですよ。ええ。
こっちも伏兵は三体でおいそれと主力を突っ込ませてくる人はおらんわけで。
相手さんはシジーが森からボカスカ居射ってきよりますの。武力8怖ェー。

でもこっち唯一の弓兵さんである張任は伏兵中なわけで、発射できないわけで。
もうSR馬超が右往左往。
陳到さんが城から出たり入ったり。そんな事しとる間に士気がMAXの9まで。
ううむ、ここで伏兵のままの于吉・徐庶を解除して降雨落雷コンボ決めるか……?
とか考えてたら相手のSR孫策が左端の平原部分を爆走! その先には于吉!  
ヨッシャ、減った所をSR馬超で突っ込んで落としたるわとダッシュ!

ジャーンジャーンジャーン


イ良し! SR孫策の兵力残り3割! 馬超で轢く!

とダッシュしようとしたら


「うおぉぉぉぉぉ!!」

超絶強化『小覇王の進撃』炸裂。

おっとぉ、そんな少ない兵力で使ってもすぐに撤退――



【小覇王の進撃】
武力(+5)と知力(+5)と兵力(100%)と移動速度と突撃ダメージボーナスが上がる
ただし効果後撤退




ハァァ!? 兵力MAX回復ゥゥ!? 

愕然としていたら接触していた于吉老が一瞬で蒸発。武力14て阿呆か。

そしてそのまま城門にダッシュしてくる小覇王! その先には未だ伏兵状態の徐庶!
よし、兎に角この伏兵で兵力を少しでも減らす! その後は白銀の獅子でガチンコじゃい!


ジャーンジャーンジャーン


SR孫策 残り兵力  7割


ハァァァァ!? 知力9の伏兵やぞ!? なしてそげん少なか量しか減らんとね!?



【小覇王の進撃】
武力(+5)と知力(+5)と兵力(100%)と移動速度と突撃ダメージボーナスが上がる
ただし効果後撤退




= SR孫策の知力 9



……んな阿呆な……!!


また愕然とした所に再度SR孫策が突撃→徐庶即撤退。

オオ、何てこった……!
こうなったら騎馬には槍だ!
陳到先生! 陳到先生ー!


「……退き時か」



先生ーーー!?




Q.何故?

A.太史慈 




あんの弓野郎かァァァ!?
何時の間に前に出てきやがったァァァ!!


ウウッ、しかしこちらはまだ兵力半分以上あるSR馬超がいる!
そしてもうすぐ強化の切れるカウント!
ここを凌げば……!!



R小喬「負けないでください」



R小喬 計略『江東の小華』 消費士気2
内容 戦場で最も武力が高い味方に雲散&浄




5カウント経過後、SR孫策健在。



……(←頭を抱える)



ウウッ、こうなったら闘士を爆発して……



SR孫策「うおぉぉぉぉぉ!!」







……(←頭痛を堪える)



アカンて……それはアカンて……


こうなったら兵法を使って……




螺旋さん選択兵法→『連環の法』







……(←突っ伏す)







ハイ、そういうワケでね!
ボロクソでしたわ! えーボロクソ!

あれは壊れなんてもんじゃないね!
兵力全回復は鬼ですわ鬼!


しかもその後コンティニューしたら三連続でSR孫策さんが相手ですよ! 呪われてんのかな俺!

ウウッ、六品に下降じゃよ……







結局新カードは白と黒しか出ないし。踏んだり蹴ったりやわぁ。
暫くは修練せんとあかんのォ。




因みに入手した新カードは

【呉】
Cカン沢 C祖茂

【涼】
C侯成 UC徐栄 C張繍

【袁】
UC郭図 UC淳于瓊 C審配



……5k近く使ってコレは如何なものか。
旧カードのRすら出てないし。泣いちゃうぞ。





しかし今回の新カードはコスト比に対して能力が高いのが多いのねぇ。

特に気になったのが西涼軍のC張繍。
Cでコスト1.5なのに

騎馬 伏兵 武5 知5 

というコストパフォーマンス。
計略がまた特殊で

『卑屈な急襲』
武力アップ、相手の士気が少ないほど強くなる
(敵軍士気0で武+12、士気1ごとに−2、最低+1)


という代物。
上手く相手の士気を読めば消費士気3で最大武力が17という化物クラスに大変身。
それでなくとも相手が二色以上で消費多めの計略を使ってきたら武力10オーバーもザラという主力に。
知力が5ってのも素晴らしい。ボーダーラインよね、5って。伏兵踏んでも落ちないし。





ウウ、新デッキ開発に力を入れたいがキーカードが無し……暫くはカード収集か。財布がお寒う御座います。
posted by 螺旋 at 03:30| Comment(0) | 三国志大戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月12日

三国志大戦の話 二十四戦目

さて、もうちょいでヴァージョンアップなわけですが。

今度はさぁ、水計の範囲がちょい手前になるらしいやん?
要するに、自城に張り付いた敵さんも流せるワケじゃん?


…………クケケッ(ひぐらしEYE)






で。



ヴァージョンアップ前に連破デッキ以外のものも作成してみようという試み。
数日前に試してみたわけですよ。




【降雨落雷デッキ】



SR馬超 R徐庶 R于吉 UC陳到 C張任

総武力24・総知力31

『アメフラシ』于吉の爺様と『高速移動砲台』徐庶のコンボ狙い。
それぞれの参入理由は


R于吉=雨を降らしたら只の人。隙見て城攻めせいやー

R徐庶=ミギーも吃驚な戦う軍師。落雷のみじゃなく武力3での突撃も視野に

SR馬超=全・軍・突・撃!! じゃなくて孤軍奮闘。白銀は最後の手段

C張任=1.5コスト最高能力値は伊達じゃない。地味にウザい・伏兵に当たると割と痛い武力6の弓

UC陳到=ザ・壁。復活持ちが最高に頼もしい動く鎧(リビング・アーマー)。中の人は眼鏡をかけた美女だって! 絶対!(声はド渋ですよ螺旋さん)←バッカ、ボイスチェンジャーだよ!(末期)



降雨連破デッキ使ってた時に相手が徐庶だった時があり、大苦戦した事を思い出して構成。
で、使用した結果


→9連勝







( ゚д゚)…………



ハ?



いやマジで。ありえない程の大進撃。
一気に五品の真ん中まで駆け上ぼるこの不安感。もう動悸動悸。
螺旋さんマジ小心者。



恐るべきは落雷の威力。降雨中には士気4という低さで放てる為余裕を持って対応出来るという素晴らしさ。
そして地味に効いたのが『降雨中の火計の威力ダウン』。
これがあるだけで呉の恐ろしさも急降下。爆弾岩(SR周瑜)も無駄無駄無駄ァァァァーーー!!
呂範先生の火計をくらって十分の一しか減ってない聖闘士メチャ心強い。
伏兵が三枚ってのも大事。
これのおかげで序盤は士気溜めに専念出来ます。ンー、ナイス。
その際張任を早めに出しとくと何かと便利。
伏兵の位置で一番大事なのが于吉老でしょうな。
あまり早くに出しすぎると狙われるので、ひっそりこっそり隠密活動。
士気が7以上溜まったら雨乞いすればいいじゃない。

で、このデッキの最大功労賞は陳到に大決定。

騎馬を牽制する槍。
驚異の回転率を誇る復活。
攻城ダメージ大の槍兵。
騎馬連突補助の為の壁。

おお、まさに八面六臂の大活躍。
ド渋な声・ド渋な絵と隙も無く、素晴らしい逸材。
コスト1.5枠は貴殿が筆頭だ!



っていうかねー、1.5枠にSRホウ統ってのも考えてみたんスよ。
そうすると伏兵四枚で相当攻め込みにくい展開にはなるわけで。
しかし『連環のススメ』は結局使わないんですわ。
それ撃つなら雷落としてナンボですから。
それにほら、張任とホウ統を一緒のデッキに入れるなんて事をしたら大変じゃないですか。嗚呼落鳳坡。(三国志ファンにしか分かりませんよ螺旋さん)



とりあえず、今はこの形で暫くやってみようかなと。











で、久々にSRを引く。



つ[貂蝉]





エローーーーーーーォォォォォい! 説明不要!




コレは……傾国デッキを作れというゴッドの思し召しかしらん。



posted by 螺旋 at 03:22| Comment(0) | 三国志大戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月04日

三国志大戦の話 二十三話

さて、バージョンアップ前に一度はやっておかないとね。







御約束の水計連破デッキで肩慣らし。

呉バラ天啓で一気に駆けて来た敵さんを城門から緊急出動(スクランブル)したシバチューが迎え撃つ!

士気は12のフル……ならば答えは一つ!
一列で突っ込んできた時点でゲーム・オーヴァーだ!


怒涛の水計連破2連発! 全てを押し流せぃ!





どぱーーーーーーん×2










カ……イ……カ……ン……!!




本日押し流した武将数:三試合中 9 人




ウシ、肩慣らし完了!





で、今回は新デッキをちょいと。





SRホウ統 SR孫尚香 R趙雲 R黄忠 C張松


ススメ頼みでドンといこう。孫尚香は趣味。

総武力25、総知力30というバランスの良い構成。
遅くして弓でチクチクチクチク(ry

ただし黄忠と趙雲が落ちたらハイそれまでよ。


全国で2勝2敗。うーん、スキル不足。
やっぱり武力8が二枚は欲しいかなぁ。
趙雲も復活持ちはいいんだけど武力7がなぁ……
やっぱり蜀四枚でのサブアタッカーとして入れたほうがアタシには安定するみたい。

あ、チョロマツは本当にチョロチョロさせとくに限るね。
隙見て攻城面白ぇぇぇぇぇ。











で、もう一個デッキ試作&試遊戯。


SR馬超 R姜維 UC荀攸 UC程イク UC蔡文姫


魏蜀の飛天白銀。
兎に角踊って馬超で暴れまわる。

総武力21、総知力34とちょいと武力不足か。
そこは白銀聖闘士が闘士を爆発させて凌いだりすればいいじゃない。

フフフ、ならば早速飛天の速さを見せ付けてくれる……フム、相手は……


つ[R関羽]


ハイ終ーーーー了ーーーーー!!


アホか! なんでよりにもよって車輪デッキやねん!
飛天使えへんやんけ! アタッカーがアタック出来へんとはどないな了見やねんな!




とか凹みつつ全国戦績2勝2敗。


……なんか二戦目での敗退多いな。



いやー、このデッキ動かしてる時は滅茶苦茶楽しいんだけど気を抜くと即死亡ですよ。
槍コワイ槍コワイ。
許チョは帰って下さい。マジで。










さて、これからバージョンアップまで封印するかなぁ……まぁ、チョコチョコやればいいかねぇ。



そうそう、今回R諸葛亮を引きましたわ。
これで赤壁デッキが組めるわぁ……いやまぁ、SR周瑜は持ってないけどさぁ。





……R陸遜か!?(ぇー
posted by 螺旋 at 03:50| Comment(0) | 三国志大戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする