2017年02月06日

意趣

いらっしゃいませ。螺旋で御座います。

















アニメ『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』第42話視聴。

ぐうの音も出ない程の落とし前。

開幕からジャスレイ殺すべし宣言ですよ。そら(前回を視聴した人達は皆)そう(思っている)よ。
そしてOP開けたら早速ピンチになってて吹いたわ。展開早いなー!

鉄華団の面々も全員やる気MAXですよ。漢字変換はあえてしませんが。
全員叫ぶ事もせずただ粛々と仇討ち。Vシネ展開どころじゃねえ、ガチなヤツだコレ。

特にバルバトスルクスレプスの活躍がとんでもない事に。
隠し腕やら尻尾やら本当に悪魔ですわ。あの尻尾MAのハシュマルのヤツじゃねえのかしら。

あと予想外のハッシュ君の活躍ね。辟邪乗ってたの君かいな。前回の予告で見た時はてっきりアジーさんが乗っているのかと。
三日月に後を頼むって言われた時のあの嬉しそうな顔。舎弟の鑑になったなぁ君ィ。


見ていて思ったのが、これ主人公ポジションはやっぱり昭弘ですわ。
少なくとも劇中のドラマは全て昭弘を主人公として成り立たせる構成になっている訳で。
三日月は主人公というか、ちょっと特殊ですわね。主人公というか、主役。メインってやつで。まあ見る人によって色々と変わってくるでしょうけど。

「俺は何度手放したのか」という台詞が本当に重くてねー。昌弘、アストン、ラフタ。キッツイわー。
来世で会ったら詫びさせてくれってのもキッツイ。覚悟を完了「しちゃった」のよね。まあ、悪い予感しかしませんわな。


しかしこれで鉄華団はテイワズとは関係無くなり、マクギリスによる革命に参加する事になったと。
ラストのクーデリア嬢のモノローグで嫌な予感ビンビンです。終わりの始まりみたいに言うの止めてくれませんかねぇ!
ぶっちゃけ見ている方はどう考えてもハッピーエンドにならない事は感付いてますけど!


個人的な感想として、ジャスレイを討つシーンの一連の「あっさり」具合が実に良い空気感だなぁと。
前回までであれだけヘイトを溜めていたんだから戦闘シーンではもっとボコボコにした方が良いって意見もあるとは思います。
けど何というか、仇討ちをしたからといって何も変わらない。復讐の後は何も残らないっていう事実をしっかりと描写してくれたのが逆にリアルだなぁと。


次回はマッキーメインの回っぽいですな。過去が見られるんでしょうね。予告のカットを見るだけで嫌な予感しかしません。裸の上半身に痣て。
















































ピックアップ。


「たい焼き」の顔にも個性がある イケメン度を勝手にランク付け

ガチのタイ焼きなんて何年、いや十何年も食べた記憶がありませんわ。
近所に売ってるところがないもんでねぇ。今川焼とかは割と食べるんですが。
しっかし何でも売ってるね、コンビニって。




posted by 螺旋 at 02:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: