2016年06月26日

覚悟

いらっしゃいませ。螺旋で御座います。
















アニメ『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』第13話視聴。

老当益壮。

老いても尚ジョジョの血統は健在。究極生物を出し抜き時を止める吸血鬼と戦った男は流石の精神の持ち主でした。
いやー、こうやって以前登場したキャラクターが年を経て活躍するってのもジョジョの醍醐味ですわね。
ジョセフ・ジョースター、恐るべし。

いやでもね、今回の仗助の気持ちも分かるんスよ。いきなり「親父」なんて呼べないスよ、あの境遇じゃあねぇ。
ツッパッているけど根はイイヤツなんスよねー、仗助って。間違ってもアウトローではない。
むしろ不良のレッテルを貼られてた承太郎の方がワルって感じスよォ〜〜〜。4部じゃ強キャラ感出してますけど。

今回の話は一話完結の繋ぎ回だった訳ですが、その中でしっかりとジョセフと仗助の関係性を深めてくれるというね。
4部のこういうところがスキ。


次回、究極の漫画家登場。ていうか今回チラっと出てたね、ロハンセンセー。













































ピックアップ。


山田孝之主演の低予算冒険活劇「勇者ヨシヒコと導かれし七人」10月に放送決定

今回もハッスルする仏を見られるのが楽しみです。




posted by 螺旋 at 01:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: