2015年06月28日

銀河

いらっしゃいませ。螺旋で御座います。






























『第3次スパロボZ天獄篇』ようやく1周目クリア。

発売してからクリアまで2カ月近くかかるとは思ってもいませんでしたわ。
いやー、色々とありましてねぇ。途中で少し離れてしまっていたのが原因。いやはやなんとも。

置いといて。

これにてようやくスパロボZシリーズ完結ですよ。最初のZが出たのが2008年だから、足かけ7年ですよ。
ひえー、こりゃ長い。αシリーズが2000年開始の2005年完結だから、それよりも長くかかったっつー事ですな。

期間も長けりゃ規模もデカいという事で、今回は黄道十二星座をモチーフとした「スフィア」なる力が重要な位置付けにっとりました。
αシリーズでは主人公達はそこまで強烈なキャラクター性を持ってはいかったんですが、Zシリーズはかなり派手なキャラ設定が多かったのも魅力の一つ。
まあα主人公ズはOGシリーズにてキャラの掘り下げというか新しい設定というか、まあそういう流れになったんですがね。

それでもZシリーズのキャラは飛びぬけて強力なキャラクター性が注目すべきところかなーと。
暑苦しい解体屋のランド・トラビスやいじめてオーラむんむんの新兵女性セツコ・オハラ。
そして第2次Zの主人公にして初登場時のセリフが「金が無い」だった衝撃の借金イケメンクロウ・ブルースト。
特にクロウさんの人気は凄かったスな。借金持ちで登場時無職の主人公なんてそうそういませんぜ。
無意識に女性に惚れられる天然系タラシキャラなのに嫌われないあたりが凄いキャラだと思います。
スフィアの強大な力の反作用による暴走を抑えるための「CDS(コインドロップシステム)」とか最高ですよ。

そして第3次Zの主人公であるヒビキ・カミシロくん。
ぶっちゃけ前篇である時獄篇の時はキャラが薄いかなーとか思ってました。まあ前任者がアレだったからね、仕方ないね。
でも今回の天獄篇で物凄い勢いで不幸が降りかかるキャラを確立。しかも笑えないタイプの方の不幸。ガチなやつ。
なんかもうプレイしててここまで純粋に応援したくなるキャラなんて久々でしたわ。皆もっとやさしくしてあげて!

パートナーキャラのスズネ先生も最初はわーいメガネの先生だーとか喜んでいたら今回エラい事になったし。先生、そのアイコンの顔はマズいですって。
でも最終的に斎京技カットインでメガネが復活したので無問題。

まあ感想を書こうとするとこういったキャラ談義になっちまいますわな。
参戦キャラとしてはやっぱりダイ・ガードの参戦が個人的一番のニュース。
以前からスパロボで出て欲しいとは言っていたけど、単なる笑い話としてだった筈。
それが普通に参戦する、というか参戦できたのはZシリーズの「多元世界」というなんでもありな背景があったからこそ。
クロスオーバーものにとってはかなり自由度の高い設定よね、これ。一つの世界観に全ての作品を落とし込まなくてもいいんですもの。

そういう意味ではもうこの手の設定は今後使いにくくなってしまったなーと。それこそ「はいはい、また多元世界ね」っていう反応になっちゃうし。
総評として、Zはお祭りシリーズ。これね。

なにはともあれ、長い期間楽しませていただきました。
次回のシリーズも期待しつつ、次はスパロボBXを堪能させていただきます。


その前に周回してルート全部埋めなきゃ(使命感)










































ピックアップ。


ごはんの準備中網戸に張り付きまくる猫たちwwwwwww

ねこまっしぐら。











最近のスパロボに足りない物wwwwwwwwww

合体ロボのパーツメカのみ出撃可能ステージ。

※足りないとは言ったが欲しいとは言っていない



もしくは「聞けぇ! わしは、この星の者ではない」

posted by 螺旋 at 01:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: