2015年04月02日

囃子

いらっしゃいませ。螺旋で御座います。




















アニメ『ガンダムビルドファイターズトライ』第25話視聴。

「楽しいよなぁ! ガンプラバトルは!」

最終回はお祭り回。こういう底抜けに明るい話は大好きなのです。
そりゃもうツッコミ所しかありませんよ。ガンプラ心形流の奥深さを発揮しまくったミナト氏には拍手をお送りしたい。
MS少女ではなくガンプラの括りで「すーぱーふみな」を出してくれるんですよねバンダイさん。ねぇ?(チラッ)
メイジンもガンプラは自由だ! って言ってたし。ただし本人に許可は取ろう(重要)

しかし冒頭からトップギアでしたわ。メイジン'sの流派東方不敗ポーズから始まったところで覚悟はしとりましたが、これ程までとは。
サザキ家=ザビ家とかね。弟の名前がタテオて。感じだと絶対「盾夫」とかでしょコレ。
でもマモルくんと友達になったり、なかなかナイスな性格だと思います。長男より。

その後は全員入り混じってのガンプラバトル。お祭りですよ、お祭り。
一瞬映った僧侶ガンタンクに釘付けですよ。あれはズルいって!
ありとあらゆるガンプラが出るのはやっぱりテンション上がりますわ。アッシマーのプレイヤーは1期でコラサワ似の兄ちゃんを倒した少年だったりして。

セカイも自作のガンプラで参戦。この「自作」ってのが凄く嬉しいのよね。
あのセカイが自分の手で作ったオリジナルのガンプラですよ。初心者の大いなる前進。コレね。
一番最初に作ったSDの號斗丸を彷彿とさせるデザインてのがまたナイス。あれがセカイの本当の意味での第一歩ですものね。

祭りと聞いて我慢できずに乱入したメイジンのレッドウォーリア登場時、爆発エフェクトの中に「SK」のイニシャルが出てたスよね。
あれはやっぱり「京田四郎」のイニシャルなんスかね。んもー、仕込むんだからー。

EDでは登場キャラのその後が描かれておりましたが、こちらも色々と興味深い描写が多かったスな。
ギャン子とシモンは弟達のおいかげで妙に接近してたし。いやギャン子はまだセカイLOVEでしょうけど。
スレッガーはヨミちゃんとドライブデートですよ。よう乗ったなぁ、ヨミちゃん。

そして多分視聴者の誰もが突っ込んだシーン。

「ドモンじゃねーか!!」

うん、知ってた。ラルさんが居るんだからドモンさんが居てもおかしくないなーって。
そりゃ師匠はドモンっぽい人だろうなーとは思ってたけど、あそこまでパーフェクトなドモンだとは。いや完敗ですわ。


とまあそんな感じで1期と2期、楽しませて頂きました。
2期はチーム戦になったからバトルの描写がバラける展開があったりでシンプルに楽しむのがちょっと難しくなったりしたけど
逆にチーム戦だからこそ面白い展開になったりってのもあったり。
1対1×3よりも2対2等のコンビバトルの方が新しいってのは仕方ない事スよね。予選決勝とか燃えたですよ。
結局どちらが良い・悪いじゃなくて好みの問題なんでしょうね。こういうのは。
個人的には1期と2期、どちらも楽しめました。

一先ずTVシリーズはこれで一区切りという事らしいですが、どうやら1期と2期それぞれにOVAが出る模様。
これを見るまでは総括なんて事ァできませんや。楽しみが増えますのう!
公式サイトではガンプラ製作についての連載が始まるみたいだし、今後も楽しませて頂きます。

ともあれ、感謝のごあいさつは一応ね。
製作スタッフの皆様、お疲れ様でした&ありがとうございました。















































ピックアップ。


もし俺らがタイムスリップして三国志の時代や戦国時代にいったら

TOKIOなら産業革命起こしてくれそう。




posted by 螺旋 at 03:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: