2013年03月30日

三国志大戦3の話 七十八戦目






なんだかんだで8周年。8年て長いスなぁ、本当に。
当時はそりゃあ画期的なゲームだってんで話題になりましたわ。
ゲーセンで順番待ちなんて、それこそ格ゲー全盛期以来の体験だったもんですよ。

しかし8年か……そりゃ螺旋さんも年を取るもんだわ。
今現在は戦国の方をメインにやっとりますが、タッチアクションとかもう手が追い付きませんで。
そう考えると三国志の方が操作の負担は少ない筈なんスけど、5枚デッキも満足に扱えないスからね。
最近の臥龍デッキのトレンドは槍に2度掛けしてハイスピード槍撃ってのを聞いたんスけど、いやはや。
普通でも槍撃とか出ないのに、速度なんて上がったらもう。

というか基本的にやりたい事が李通の隠密臥龍か夏侯淵の臥龍乱れ撃ちなもんでね。相性が良い相手にしか勝てないという。
まあそれは腕が無いからなんですが。いやー、ハッハッハ。

いっその事前に使っていた呉を使ってみようかしら。弓って素敵やん?
でもセルベリアも最終兵器もまだ持ってないのよね。今じゃあショップでも売り切れちゃってるし、排出で狙おうにも排出台が少ないし。
難しもんですな。いやはや。

まあまあ、これからもちょいちょい遊ばせて頂こうかなと。
TCGの方も楽しませて頂いてるんでね。

それはそうと辛憲英服♪(ry













































武将紹介のコォ〜ナァ〜。



でんぽうさん。


田豊さん。

袁紹軍随一の忠臣が仙人っぽい容姿でSR参戦。


スペックは

2コスト 天属性 槍兵 武力5 知力10 伏兵 募兵 大軍 『秘めたる神術』消費士気6

というもの。
2コス槍兵で武力5というと脆そうな感じですが、特技の募兵と大軍で想像よりしぶとい軍師様です。
号令持ちという点も含めて考えると悪くないスペックですわ。

計略の『秘めたる神術』は号令にして旋略というシロモノ。
↑方向で使用すると最大士気が多い程武力上昇値が上がる号令。ただし使用時に最大士気が1減少。
士気MAX、12の状況で使用すると武力+8。士気11の状況だと武力+6になるみたい。
こういった効果から連続で使用するものではなく、相手が逃げられない状況で殲滅させる使い方が理想ですな。
使用しても相手が逃げちゃったりスルーしちゃったりしたらあんま美味しくはない感じかしら。

↓方向で使うと武力と知力が下がる妨害計略。オマケに効果中の敵を倒すと士気が戻ってくるという事実。1体につき1バック。
低下値は武力知力共に−3、士気6の妨害としてはちょっと控えめな性能ですが、オマケの士気バックがとても素敵。
効果時間が妙に長いので守城時に使って敵を数体倒すとカウンターが狙い易くオイシイですな。

色々な効果が有るので使い方次第で可能性が広がる良いカードですな。
まあ以前かなり暴れたおかげで今ではマイルドな性能になっちゃってますが、まだまだ使えないって事も無い訳で。
奥義と絡めたり他の計略と重ねたりする事でナイスな未来が待っているでしょう。







posted by 螺旋 at 02:14| Comment(0) | 三国志大戦3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: